「キンキーブーツ」ミュージカルチケット・公演日程・キャスト情報2019

メディア

ミュージカル「キンキーブーツ」が小池徹平&三浦春馬の最高コンビで2019年に再演が決定しました!

日本では2016年に初演されましたが、チケットすべて即日完売し、

連日の大盛況で、スタンディングオべーションの嵐が続きました。

この大人気ミュージカル「キンキーブーツ」2019年を是非、劇場で体感したい方は必見!

「キンキーブーツ」先行・一般チケット情報をいち早くまとめてみました。

Sponsored Link

キンキーブーツ2019公演日程・会場・チケット料金

2016年公演の動画です。

ミュージカル「キンキーブーツ」日本公演が、2019年4・5月に東京・東急シアターオーブ

また、5月には大阪・オリックス劇場でも上演される予定となりましたので

公演日程・会場・チケット料金などの詳しい情報をまとめてみました。

東京公演

会場:東急シアターオーブ

公演日程:2019年4月16日(火)~5月12日(日)

S席13,500円(税込み)
A席12,000円(税込み)
B席10,000円(税込み)

一般発売日:2018年12月8日(土)10:00~
【チケット取り扱い】
●サンライズオンライン
●フジテレビダイレクト
●チケットぴあ
●イープラス
●ローソンチケット
●MyBunkamura
●LINEチケット

 

大阪公演

会場:オリックス劇場

公演日程:2019年5月19日(日)~5月28日(火)

S席13,500円(税込み)
A席11,500円(税込み)
B席9,500円(税込み)
C席7,500円(税込み)
D席5,500円(税込み)

一般発売日:2019年1月19日(土)10:00~
【チケット取り扱い】
●チケットぴあ
●ローソンチケット
●CNプレイガイド
●イープラス
●楽天チケット
●LINEチケット

「キンキーブーツ」あらすじ

イギリスの田舎町ノーサンプトンの老舗の靴工場「プライス&サン」の4代目として産まれたチャーリー・プライス(小池徹平)。彼は父親の意向に反してフィアンセのニコラ(玉置成実)とともにロンドンで生活する道を選ぶが、その矢先父親が急死、工場を継ぐことになってしまう。
工場を継いだチャーリーは、実は経営難に陥って倒産寸前であることを知り、幼い頃から知っている従業員たちを解雇しなければならず、途方に暮れる。
従業員のひとり、ローレン(ソニン)に倒産を待つだけでなく、新しい市場を開発するべきだとハッパをかけられたチャーリーは、ロンドンで出会ったドラァグクイーンのローラ(三浦春馬)にヒントを得て、危険でセクシーなドラァグクイーンのためのブーツ“キンキーブーツ”をつくる決意をする。
チャーリーはローラを靴工場の専属デザイナーに迎え、ふたりは試作を重ねる。型破りなローラと保守的な田舎の靴工場の従業員たちとの軋轢の中、チャーリーはミラノの見本市にキンキーブーツを出して工場の命運を賭けることを決意するが…!

出典:キンキーブーツ公式サイトより


-Sponsored Link-

「キンキーブーツ」キャスト

チャーリー・プライス
小池徹平
ローラ
三浦春馬
ローレン
ソニン
ニコラ
玉置成実
ドン
勝矢
ジョージ
ひのあらた
パット
飯野めぐみ
トリッシュ
白木美貴子
ハリー
旋鐘奏(JONTE)
ANGELS(エンジェルス)
穴沢裕介
森雄基
風間由次郎
森川次朗
遠山裕介
浅川文也
佐久間雄生
(エンジェルス/スウィング)
藤浦功一
佐々木誠
高原紳輔
中村百花
丹羽麻由美
船山智香子
清水隆伍
加藤潤一
ヤングチャーリー

岩間甲樹
山口祐輝
若林大空

ヤングローラ

犾守大空翔
高畑遼大
阿部カノン

脚本・音楽・演出

脚 本:ハーヴェイ・ファイアスタイン
音楽・作詞:シンディ・ローパー
演出・振付:ジェリー・ミッチェル
日本版演出協力/上演台本:岸谷五朗 
訳 詞:森 雪之丞

音楽は、なんとシンディ・ローパー!パワフルで魅力的な書き下ろしの楽曲となっています。

キンキーブーツ」音楽は、まだ観たことがない方にも聞いたことがない方にも、

絶対に心に刺さるナンバーまちがいなしです。

また日本初演に続き、日本版演出協力・上演台本を岸谷五郎さんが担当しています。

 

最後に

ミュージカル「キンキーブーツ」2016年の初演では、確かな歌唱力で老舗の靴工場の跡取り息子チャーリー・プライス役を

演じた小池が第42回菊田一夫演劇賞の演劇賞を獲得し、

ドラァグクイーンのローラ役で圧巻のパフォーマンスを務めた三浦は、

第24回読売演劇大賞にて杉村春子賞を受賞しました。

キャスト達の熱い舞台に、客席は毎公演熱狂し、キンキーブーツ日本公演は、

連日スタンディングオベーションの大盛況となりました。

2019年再演の、このチャンスを逃さないように、劇場で興奮と感動をぜひ体験してみてくださいね!

-Sponsored Link-

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。