本田翼の演技は下手すぎ?声優は上手い?評価が分かれる理由

メディア

ドラマ『チート』で本田翼さんが主演を務めていますが、ネット上で「演技が下手すぎる」、「活舌が悪い」という厳しい声が聞かれます。

一方、アニメーション映画『天気の声』の声優に関しては「上手い」、「声が良い」、「ハマっている」と評判が良いのです。

そこで今回は本田翼さんの演技力の評価が、お芝居と声優で評価が分かれるのか、その理由に迫ってみました。

Sponsored Link

本田翼さんが演技が下手すぎ?

多くのドラマ・映画・CMに出演している本田翼さんですが、その演技力を疑問視する声が多く聞かれます。

本田翼さんの演技力への世間の声

■演技がわざとらしくてストーリーが入ってこない。
■セリフが棒読み。
■石原さとみ 深田恭子のわざとらしい演技は見れるのに、本田翼はなにか違う。
■主役では無理がある。
■脇の役者さんとの演技力の差が歴然。

など厳しい声が聞かれます。

私もドラマ『チート』で本田翼さんの演技を見てみましたが、お世辞にも上手とは言えなかったですね。ゴメンナサイ(汗)。

本田翼さんが演技が下手と言われる理由

滑舌が悪い

もともと本田さんは、歯の矯正をしている時期もあり、滑舌が悪かったのです。

「セリフが棒読み」と言われているのも、声のトーン抑揚がなく滑舌が悪いことも加わって棒読みに聞こえているのです。

演技がわざとらしい

本田さんは、感情移入できていないので、表情や身振り手振りでカバーしようとしているのが見えます。

『チート』でも手の動きがバタバタしており、非常に気になります。

前作の『ラジエーションハウス』では、 窪田正孝さんや和久井映見さんなど実力派の役者がそろっていたので、本田さんの演技が浮いて見えてしまいました。

もう少し表現力を磨けば、「わざとらしさ」も気にならなくなりそうですね

本田翼さん出演のドラマの口コミや評価が見たい方はTVログをチェック!

役があっていない

今回の『チート』で、本田さん演じる星野沙希という役は、スペシャリスト集団の頭脳となる天才肌の詐欺師。

おまけに、アイドル“如月モモ”という2つの顔を持つという演じ分けが必要となります。

詐欺師といってもクセのある役なので、本田さんのように可愛い女の子が演じるのは相当難しいと思われます。

また、売れない三流アイドルというもう一つの顔も、ハジケた演技が求められるので、振り切った演技が求められます。

表現力が乏しい本田さんに、こんな 極端な役は無理があるように思えます。

↓ドラマ『チート』のキャスト・相関図・あらすじはコチラ↓


-Sponsored Link-

本田翼さんの『天気の子』の声優は上手い!

映像での演技力ではイマイチの評価の本田翼さんですが、映画『天気の子』の声優では評価されています。

『天気の子』の本田翼さんの評価

■演技力がすごい。
■声がいい。
■自然な演技で違和感ゼロ。
■夏美そのものだった。

など良い評価が多かったです。

本田翼さんが声優が上手と言われる理由

役にあっている

本田翼さんが演じたのは須賀夏美という就職を控えた大学生という役。

やはり本田翼さんは 等身大の女性を演じた方が、キャラクターに合っているということですね。

明るく可愛らしい女性という共通点も良いですね。

もともとゲーム実況の評判がよかった

本田翼さんはゲーム好きと知られ、YouTubeチャンネルではゲーム実況をしています。

そこでは 「活舌が良い」、「聞きやすい」、「説明がうまい」など絶賛されていました。

自分が得意で興味がある分野といのも、プラスにはたらいているにかもしれません。

本田さんは声だけのお芝居に集中した方が、力を発揮できるようです。

最後に

演技力に関しては批判する声も聞かれましたが、それは本田翼さんの期待値が高いことの裏返しでもあります。

声優としてのお仕事の評価は高いので、これからは声のお仕事も増えるかもしれませんね。

可愛く性格の良さそうな本田さんは圧倒的な人気がありますので、これから表現力をもっと磨いて素敵な女優さんになってもらいたいです。

-Sponsored Link-

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。