副耳(ふくじ)とは?新生児の原因は?手術で切除した方が良い?

子育て

みなさん副耳という言葉を聞いたことがありますか?

福耳(ふくみみ)ではなく、副耳(ふくじ)と読みます。

実は、私の子供も副耳が産まれつきあります。

耳慣れないこの副耳(ふくじ)について、今回はご説明したいと思います。

Sponsored Link

副耳(ふくじ)とは?

副耳(ふくじ)とは、耳の穴の前にできるイボ状の突起したものを指します。

耳の穴の前だけでなく、頬や首に見られることもあります。

発生率としては、1000人の内の15人ほどで比較的多く見られる耳の奇形です。

電車など、大勢の人がいるところで、ふと耳の形が少し違った人を見たことありませんか?

もしかしたら、その人は副耳かもしれません。それくらい、よく見られる耳の奇形です。

副耳の原因は?

お母さんのお腹の中で、赤ちゃんの耳が作られるときに、何かの理由で、うまく形が作られなかったときの先天性の病気です。

耳は、複雑な過程をで作られるため、先天的に最も異常が表れやすい場所の一つです。

しかし、現在の医学では、 ハッキリとした原因は分かっていません。

気になる症状は?何か影響はある?

副耳の周囲に湿疹が見られることもありますが、その他には痛みがあったり、耳の聴こえが悪くなったりということはありません。

ただ顔やその周囲に出る症状のため美容の面で気にされる方は多いと思います。

-Sponsored Link-

副耳は大きくなる?

副耳だけ、大きくなるということはありませんが、新生児の頃と同じ大きさのままという訳でもありません。

顔が大きくなったり、耳が大きくなるのと同じ比率で成長していきます。

なので、成長したら目立たなくなるということは、残念ながらなさそうです。

治療方法は?手術で切除?

副耳の診断や手術の相談は形成外科を受診します。

手術の方法は、大きく分けて2つあります。

糸で縛って取る方法

副耳が小さく、軟骨を含まないものは麻酔をせずに絹糸やナイロンで根元を縛ります。

このような処置を結紮術(けっさつ術)と呼びます。

出生直後の赤ちゃんでも安心な方法です。

根元を縛ることにより、副耳の先まで血が通わなくなるので壊死をします。

壊死をしてから10日~2週間ほどで自然にポロリと取れます。

手術で取る方法

副耳に軟骨を含む場合は、皮膚の下の軟骨を取り除き縫合します。(切除術)聞き分けられる年齢になれば、部分麻酔で手術します。

小さなお子様は、動かないように全身麻酔を勧められます。

私の子供は、軟骨を含む副耳でしたので1歳後半で全身麻酔の手術をしました。

手術の時期は、病院の方針によって差がありますが、全身麻酔の安全性が高まる1歳前後から行えます。

手術の際に、耳に軽度の変形が見られる場合は修正も可能です。

最後に

産まれたばかりの赤ちゃんの耳を見て、少し驚き心配される親御さんも多いと思います。私もその一人でした。

中国では、副耳を持って産まれた子は、幸せになるという言い伝えがあります

副耳の「副」にかけて「福」があるものという意味なんでしょうか。

取ってしまうと、子供の人生が変わるとまで言われているそうです。

私の子供は、副耳のせいで耳の通気が悪くなり中耳炎を引き起こしていたので、早めに手術を決断しましたが、小さい子供に全身麻酔をするということに、躊躇してしまう気持ちも分かります。

副耳を取るのも、そのまま自然にしておくのも、見た目だけの問題でしたら、それは自由だと思います。

子供が大きくなって、「取りたい」と言ってからでも遅くはないと思います。

それから副耳が出来てしまったのは、妊娠中のお母さんの過ごし方や体質などのせいではありません。

主治医の先生から言われた素敵な言葉を借りれば、「お母さんのせいではなく、神様のいたずらだから」だそうです。

そんな風に考えれば、赤ちゃんの小さな副耳になんだか愛着が湧いて、

とっても可愛く見えてくるから不思議です。

-Sponsored Link-

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。