紅白歌合戦2019竹内まりやが初出場!『いのちの歌』で魅了!

メディア

日本を代表する女性シンガーソングライター・竹内まりやさんが2019年紅白歌合戦に初出場します。

歌うのは、朝ドラ『だんだん』の劇中歌であり2012年にセルフカバーした『いのちの歌』です。

そこで、竹内まりやさんが2019年紅白歌合戦で歌う『いのちの歌』の動画とスペシャルパフォーマスの内容をまとめてみました。

Sponsored Link

紅白歌合戦2019で竹内まりあが歌った『いのちの歌』とは

竹内まりやさんが紅白歌合戦で歌われた『いのちの歌』にグッとくる方も多いのではないでしょうか。

まずは、もう一度聞いてみたいかたに動画をご紹介します。

『いのちの歌』の動画

それにしても竹内まりやさんが、音源とライブの歌声がほとんど変わりませんね。

64歳という年齢を感じさせない伸びやかな声です。

朝ドラ『だんだん』の劇中歌


いのちの歌 [ 竹内まりや ] 

この『いのちに歌』は、2008年に放送された朝ドラ『だんだん』の劇中歌として作られ、主演の三倉茉奈さん、佳奈さんの4枚目のシングル「いのちの歌」として朝ドラ放送時に発売もされました。

当時は、茉奈さん、佳奈さんの歌唱力に疑問の声もありましたが、最終回に日本海に向かってこの曲を歌うシーンは感動しましたね。

作曲は音楽を担当した村松崇継さんが担当し、劇中のBGMとして流れていた旋律をもとに竹内まりやさんが詞をつけたそうですが、「シジミジル(茉奈・佳奈)」が作った唯一のオリジナルソングという設定だったため、竹内まりあさん作詞したことは伏せられていました。

2010年のライブの弾き語りで初めて、『いのちの歌』の作詞が竹内まりやさんだと明かされたそうです。

ライブは盛り上がったでしょうね~。

↓【朝ドラ主題歌歴代一覧】懐かしの名曲から珠玉の一曲まで総まとめ↓

2019年紅白での演出


2019年紅白歌合戦では、“世代をつなぐたいせつな歌”として、視聴者から寄せられるエピソードや写真とともに、スペシャルパフォーマンスを披露してくれるそうです。

夫の山下達郎さんもサプライズで出演するかもしれませんね!

大切な人思いうかべたり、命の大切さを感じさせてくれる曲なので、卒業式や結婚式などで使用されることも多く、一年の締めくくりに聞く曲としてもピッタリの一曲です。

↓第70回紅白歌合戦の動画配信はこちら↓

最後に

竹内まりやさんが紅白に初出場することで注目される『いのちの歌』。

年齢を感じさせない竹内さんの伸びやかな歌声が生放送で聞けることはめったにないので、とっても楽しみですね。

もしかしたら、夫の山下達郎さんも出演するかもしれないので見逃せないですね。

-Sponsored Link-

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。