中谷美紀のメイク方法&肌のきれいさを保つ愛用品を徹底調査

ビューティー

年齢を重ねるごとに、ますます美しく、むしろ若返っているような錯覚さえ起こさせる中谷美紀さん。

特に、透きとおるような きめの細かい肌には、憧れている女性も多いのではないでしょうか。

そんなアラフォーの私も、中谷美紀さんのメイク方法を取り入れている一人です。

そこで今回は、中谷美紀さんに少しでも近づけるように、「メイク方法」「愛用品」「スキンケア方法」を徹底調査してみました。

Sponsored Link

中谷美紀のメイク方法~肌のきれいさの秘訣~

中谷美紀さんのお肌やメイクに少しでも近づくために、中谷さんの愛用品やこだわりをご紹介します。

中谷美紀のスキンケア

必需品は馬油!

中谷さんのスキンケアの土台を支えているのが、 馬油(ホースアクティブエイジオイル)です。

海外へお仕事に行くときは、20本も持参したため税関で怪しまれてしまったとか(笑)

年齢を重ねると、べた付く部分と乾燥する部分が混在して、どうしていいか分からなくなりませんか。

中谷さんが愛用しているオイル美容は、「馬油&オーガニックアルガン」の黄金ブレンドでサラッとしてベタつかないのが特徴です。

オイルの成分が角質層のすみずみに浸透し、乾燥が気になる大人の肌にハリとうるおいを与えます。

また、高い保湿力があるので、年齢を重ねた肌や 特にひどい乾燥肌、敏感肌にも馬油なら安心して使用できます。

実はズボラ?!スキンケアは1本のみ

スキンケアの基本といえば、化粧水→美容液→乳液ですよね。

中谷さんもさぞや念入りにお手入れしているのかと思いきや、意外や意外 スキンケアは オールインワン1本のみ

「女優という仕事がら綺麗にはしているけど、オフの日は美容院もネイルサロンも行かず、髪も伸び放題、爪も伸び放題にしている」というように、実はズボラな中谷さん。

美しい中谷さんが、オールインワンでスキンケアを済ませているなんて心強いです(笑)

しかし、中谷さんが愛用しているオールインワンはオーガニックの「馬油」+「化粧水」+「乳液」がバランスよく配合された特別なもの。

メイクの上からプラスしてもヨレないため、24時間の撮影でも重宝しており、「もうコレなくしては生きていけない肌になってしまった」と明かしています。

では、中谷美紀さんの美肌の元が分かったところで、今度は中谷美紀さんのメイク方法を探っていきましょう。

-Sponsored Link-

中谷美紀のメイク方法

ベースはほんのりピンク系で

ファンデのノリを左右するベースは、とても大切なアイテム。

中谷さんは、ほんのり ピンク系のベースを使用して、くすみを補正し、肌の色をワントーン明るく見せています。

肌を清潔に保つストロングマヌカオイル、抗酸化作用が期待されるオーガニック・アルガンオイル、保湿やハリを与える農薬不使用ドクダミエキスなど、ベースというより、もはや美容液に近いものを使用することで、肌への負担を減らしています。

ファンデーション「光を味方につけてトーンアップ」

ファンデーションといえばピンク系やオークル系など、自分に肌のトーンに合わせて色選びをしている方も多いのではないでしょうか。

しかし中谷さんは、ファンデーションの色に頼るのではなく光を味方につけて、肌のツヤを出ししながらトーンアップさせています。

だからといって「ツヤを出せばいいのね!」と、パールが多く入ったファンデーションを選んでしまうと、20代の若者ならまだしもアラサー、アラフォー世代は下品になってしまいます。

年齢を重ねた肌には、品の良いツヤ感は必須で、中谷さんはツヤ感を出すために、パフでファンデーションを塗るのではなく、 ブラシで立体的に肌に乗せています。

アイブロウ(眉毛)

中谷さんの眉毛は、日本人には珍しい ストーレートをベースにS字が入った形となっています。

眉全体も長めで、眉山も黄金比よりはやや外側に描かれています。

これは、中谷さんが小顔だから許されるもので、一般人がこのままマネをすると少しキツイ印象になります。

そのため、眉はストレートベースに短く、眉山もやや内側に描けば、中谷美紀風の美しい眉毛になります。

アイメイク

中谷美紀さんのアイメイクは、 ヌーディーな目元を目指してください。

40代になると、目元にシワも気になってくるので、ベースはパウダータイプよりはクリームタイプの肌馴染みの良いものを、まぶた全体にのせます。

そして、ツヤ感のあるゴールドやベージュ、薄いピンクのアイシャドウを重ね、最後に濃いめアイシャドウを目のキワに入れて引き締めます。

目元を明るく見せようと、パールが多く入ったホワイト系は逆に浮いてしまうのでNGです。

アイラインも太く入れずに、まつ毛とまつ毛の間を埋めるように細く描きます。

マスカラ

マスカラは、ボリュームが出るタイプではなく、綺麗に セパレートするロングタイプがおすすめです。

ビューラーでグッ上に持ち上げすぎると不自然になるので注意しましょう。

チーク

顔の中でも、頬骨は一段高い位置にあり、実は紫外線の影響をいちばん受けやすい場所。

出来れば、UV効果のあるチークを選びシミ&色素沈着対策を徹底したいですね。

色味は強すぎないものを選び、 軽く頬骨にそわせるように少しシャープめに入れると大人の女性を演出できます。

リップメイク

年齢を重ねてくると乾燥などで、唇の縦ジワ、くすみ、皮むけが目立ってくるようになります。

この乾燥トラブルがあると、メイクが浮いてみえ、老け顔の元になります。

リップメイクに使用するものは、天然由来のものを選び、美容液成分が入ったものだと、乾燥をケアしプルンとした唇に仕上げてくれます。

また、落ち着いた色味を選ぶと、中谷さんの 知的で気品のある口元のようにになります。

まず、ファンデーションなどで色を整え、その上からリップを全体に塗り馴染ませます。

一度、ティッシュなどでオフしてから、再度 中央にリップを重ねると控えめなツヤが生まれます。

グロスを塗りたい場合も中央にポンポンと乗せる程度にしておきましょう。

最後に

中谷美紀さんのメイク方法と愛用品は、いかがだったでしょうか?

まずは、ベースとなるお肌が大切になるので、普段から乾燥に気をつけて保湿ケアをしておきましょう。

透明感のあるベースさえ出来れば、ナチュラルで気品ある中谷美紀さん顔に近づけるはずです。

-Sponsored Link-

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。