ピタゴラスイッチ曲でお馴染み「栗原正己」プロフと画像“栗コーダカルテッド”リーダー!

Eテレ

ピタゴラスイッチでもお馴染みのあの曲は、誰しも一度は聴いたことがある曲ですよね。

そんな耳にすると「あの曲だ!」とピンとくる印象的な数々の作曲をし、

手がけたCMは500本以上を誇る“栗コーダーカルテット”のメンバーでもある

「栗原正己」さんについて、まとめてみました。

Sponsored Link

ピタゴラスイッチ作曲の「栗原正己」さんプロフィール

本名 栗原 正己(くりはらまさき)
出身 東京都西多摩郡瑞穂町
出身校 武蔵野美術大学造形学部視覚伝達デザイン学科卒

栗原正己さんは、1950年生まれで現在68歳。父親は、横田基地に勤務していました。

武蔵野美術大学造形学部視覚伝達デザイン学科卒を卒業し

1980年代中頃より編曲やCMの作曲でキャリアをスタートさせました。

1992年に、突然マイブームでリコーダーを手にします。

後にリコーダーの魅力をこのように答えています。

もともと私はベースをやっていました。ベースは縁の下の力持ちな楽器で、それはそれで好きなんですが、メロディを弾いてもあまりおもしろくありません。でもリコーダーならいろんな曲を吹けます。2人で吹けば和音も出せるし、「私がドで、貴方がミ」みたいな素朴な音楽の愉しみを再認識させてくれたのがリコーダーでした。

ちなみにリコーダー四重奏はソプラノ、アルト、テノール、バスと合唱のイメージになぞらえた大小4本のリコーダーで演奏するのが基本です。でもすべて運指(指使い)が同じなので、一通り運指を覚えてしまえばいろんなリコーダーを吹けるようになります。 出典:三菱モータース「ピートのふしぎなガレージ」より

“栗コーダーカルテット”結成

1994年に、それぞれに作編曲家そして演奏家の顔を持つ4人がリコーダーを奏でる

インストゥルメンタル・バンド“栗コーダーカルテット”を結成します。

以後、NHK Eテレ「ピタゴラスイッチ」や、「やる気のないダースベイダーのテーマ」などで、

お茶の間に知られていくことになっていきます。

ベーシストとしての活動

チャゲ&飛鳥の「モーニングムーン」を始めとして、アレンジャーとして多くの楽曲を制作しています。

CM500曲手掛ける

栗原正己さんが個人で手掛けたCM曲は、なんと500本にものぼりますから、

彼の音楽を耳にしない日はないといっても過言ではありません。

【作曲したCM曲】
●花王“キュキュット”
●SONY“C.I.”
●au“カケホとデジラ”
●アヲハタ “アヲハタジャム”
●ミツカン “こなべっち”
●キリン「キリン一番絞り」
●「はかせるおむつムーニーマン」

また自ら歌を歌うこともあり、ドンタコスのCMを歌っているのも栗原さんです。

私生活

栗原正己さんは、2004年に結婚をしているようです。

結婚式は長崎は雲仙で行われ、栗原さん自ら選曲したBGMでの人前式、

岡村靖幸さん弾き語り、栗コーダーミニライブなど豪華な余興だったようです。

-Sponsored Link-

「栗原正己」さんが手がけた曲まとめ

では、栗原正己さんが手がけた膨大な曲の中から、代表的なものをご紹介します。

どれかは、絶対に耳にしたことがある曲だと思います。

栗原さんが作られる音楽は、ほのぼのサウンドや脱力系と呼ばれる曲調で、

大人も子供も口ずさみやすいのが特徴です。

名曲ぞろい「ピタゴラスイッチ」の音楽

エンディング曲「ピタゴラスイッチ」

栗原正己さんが、「ピタゴラスイッチ」内で曲を提供することが多く、歌ってもいます。

かなり特徴的な声なので、聴けばするわかると思います。

また、リコーダーの音が聴こえる素朴な感じの曲は、おおかた“栗コーダーカルテット”が演奏しています。

【栗原正己さんが作曲した曲】
●プチリヨンコってなんだ
●こたつたこ
●お手伝いロボ
●おりたたみハンカチ劇場
●いたちのたぬき
●ひとつとびぶったいパタトクカシー

実際の“栗コーダカルテット”ピタゴラ演奏
ピタゴラスイッチ「ビーバーのダム」
「つくるーつくるーつくるー」の歌詞も可愛いらしい歌です。

花王「キュキュット」CM曲

 

「DCMPenguiin」CM曲

au「カケホちデジラ」CM曲

また「いないいないばあっ!」でも、インターミッション(コーナー間をつなぐ短いコーナー)で

リコーダーの曲が流れることがあるのですが、おそらく栗原さんの手によるものだと思われます。

また、NHKとも縁が深く「いないいないばあっ!」では“スプーンちゃん”作曲、

「おかあさんといっしょ」では“パント”作曲“ゆきだるまのルー”で編曲も手掛けています。

まとめ

栗原正己さんというお名前は知らなくても、CMやNHKの番組などで耳にしたことが誰しも

一度はあるほど、多くの楽曲を手掛けていることが分かりました。

またリコーダー奏者のグループ“栗コーダカルテット”のリーダーとして活躍されています。

私も子供を持つ母親として、NHKの栗原正己さんが作った曲の大ファンです。

これからも、ユニークで面白く、ゆる~いサウンドを作る天才として楽しみにしています!

-Sponsored Link-

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。