【瀬戸内国際芸術祭2019】おすすめの島ランキングトップ5

アート

瀬戸内国際芸術祭2019は、2019年4月26日から、12の島と2つの港を舞台に開催されることが決定しています。

実は、私の地元も会場になっていますので、

毎年、瀬戸内国際芸術祭ではアートを楽しんでいます。

今回は、オススメの島をランキング形式で発表したいと思います。

Sponsored Link

瀬戸内国際芸術祭2019会期

2019年の瀬戸内国際芸術祭は、春・夏・秋の3会期に分けて開催します。

今回からはじめて各会期にシーズンテーマを設定し、会期ごとの特徴を際立たせる工夫がなされています。

会期
●「ふれあう春」春会期 4月26日~5月26日 【31日間】
●「あつまる夏」夏会期 7月19日~8月25日 【38日間】
●「ひろがる秋」秋会期 9月28日~11月4日 【38日間】

会場は?会期ごとに会場となる“島”が違うので注意

12の島と2つの港が会場となっていますが、5つの島は会期によっては開催していないので注意が必要です。

会場 春会期 夏会期 秋会期
直島
豊島
女木島
男木島
小豆島
大島
犬島
沙弥島
本島
高見島
粟島
伊吹島
高松港周辺
宇野港周辺

詳しい情報は公式サイトからご確認下さい。


-Sponsored Link-


瀬戸内芸術祭オススメの島ランキングトップ5

では会場となっている12の島からオススメの“島”に絞って

ランキング形式でご紹介したいと思います!

5位 犬島で、石の記憶をたどる

犬島精錬所美術館などで知られる犬島。古くは採石の島としても知られていました。

犬島の周囲は約4キロ。1時間もあれば、歩いて島を散策することができます。

島の雰囲気は軍艦島やマチュピチュのようであり、ジブリのラピュタのようでもあるので

廃墟好きな方には特にオススメ!

アートと一緒に島のあちこちに残る石の島の記憶もたどってみてください。

犬島精錬所美術館

宝伝港から小型船で10分の犬島。とてものどかな犬島精鉄の音と鏡と三島由紀夫をモチーフにした現代アートも見ごたえありますが、

なんといっても、犬島精錬所の廃墟そのものにアートを超える存在感があり圧倒されます

美術館は大きな煙突を利用し、風が抜けるよう工夫されていてこれもまた面白いです。

石畳がゴツゴツしているのでヒールのある靴の場合は歩きにくいので注意

どこまでがアートなのかわからなくなるような不思議な空間なので、アクセスは少し不便ですが、

行ってみる価値は十分あります。

犬島チケットセンター&カフェ

犬島に着くとまず大きなチケットセンターが目に入ります。その横にチケットセンターカフェはあります。

精錬所美術館や家プロジェクトを見た後にカフェでフェリーまでの時間つぶしや昼食を取るのもよし!

地元で取れた生姜を使ったジンジャーエールやハーブティ、

是非食べてほしいのが“犬島ぜんざい“ぜんざいの中には、

南瓜と素麺が入っていて驚きますが、意外に合うんですよ~♪

4位 粟島では、のんびりアート巡り

粟島は1日かけてゆっくり楽しみたい島であり、浦島伝説のある島でもあります。

粟島港の近くでは粟島海洋記念館が目を引きます。6月〜9月の夜には、ウミホタルが輝く幻想的な風景も有名です。

粟島の幻想的な海ほたる

ウミホタルはミジンコの一種で、外的な刺激を受けると、真っ青に光る体液を放出する不思議な生物です。

粟島の西浜海岸では、7月に“海ほたる鑑賞会”というのも毎年やっているので、

参加してみるのもオススメ。

日比野克彦さんのアート「ソコソコ想像所」

現代美術家の日比野克彦さんの手がけたアート「ソコソコ想像所」。

海底にあったものに思いを巡らせ、粟島沖に沈んだ船から引き揚げたレンガのアートも展示されています。

ワークショップも開催されることも多いので、タイミングが合えば参加してはいかが?

3位 小豆島は観光も一緒に楽しめる

5月下旬から6月上旬にかけて、オリーブの白い花で包まれる小豆島

そのオリーブの歴史や現在の姿を展示し、

オリーブの魅力を知ることができるのが道の駅「小豆島オリーブ公園」や

潮の満ち引きで現れたり消えたりする、小さな島への道「エンジェルロード」など

充実した観光スポットと多彩なアートを同時に楽しめます。

車で一周すると1時間半から2時間かかるので、やはり車があると便利です。

島内にレンタカーもあるので利用してみてください。

オリーブリーゼント

オリーブを連想させる形の顔とリーゼントのヘアスタイルが特徴的。思わずクスッとしてしまいます。

中央のくぼんだ部分には野菜などを置けるようになっており、

アート作品でありながら無人販売所の機能も果たしています(笑)

葺田パヴィリオン

小豆島の北東部にある福田港に近い場所にあり、葺田八幡神社の境内にはハンモックを吊るすように、

軟らかいカーブを描く2枚の鋼板の不思議な空間があります。

中にはベンチがあるので、ゆったりした気分になり休憩もできます。

7月の虫送り

7月小豆島の内陸部にある肥土山、中山地区に夏を告げる「虫送り」。

映画『八日目の蝉』で見た虫送りのシーンがとても印象的でしたよね。

夕暮れ時、稲に虫がつかないよう「とーもせ、灯せ。」の声をかけながら、

火手を持ち、稲が育つ棚田の畦道を歩きます。真っ暗の中、 祈願しながら、

子どもたちが火手(ほて)と呼ばれる松明を持って田んぼの畦道を歩く幻想的な伝統行事は必見。

2位 女木島・男木島は、高松港からアクセスも抜群

昭和31年まで雌雄島というひとつの村だった男木島と女木島

女木島は港から船で15分で、高松から近く・気軽に島旅できるところ!

オーテと呼ばれる4メートルもの石垣が集落を覆う独特の景観や

島最高峰の鷲ヶ峰から見渡せる瀬戸内の絶景など、見所がたくさん!

半日あれば十分に満喫することができます。

面に家と家が段々と重なるように建つ、集落が美しい男木島。家と家の隙間から見える海を楽しみながら

自由にウロウロ。狭い坂道が多いので徒歩やバスがオススメ。

女木島“カモメの駐車場”

堤防の上にズラリと並ぶ約300羽のカモメ2013年にお目見えした依頼、女木島に来る人達をお迎えします。

風の向きによって一斉に方向を変える姿は、とってもおもしろい!

女木島鬼ヶ島大洞窟

鬼ヶ島洞窟だけでなくレトロなバスで洞窟まで行く道中もかなり楽しいです。

メインは、鬼のテーマパークとも呼べる洞窟で、鬼モチーフの作品や、人形などが置いてあり、少しカオス(笑)

また、展望台からの眺めは本当に素晴らしく、ずっと居ても飽きないくらいです。

男木島の魂

フェリーの待合所そのものが「男木島の魂」というアート作品になっています。

日差しが降り注ぐ建物内は明るく、船を待つ間も楽しめます。

ここでは荷物も預かってくれますし、軽食やお土産の販売、フェリーのチケットもここで買えます。

またレンタサイクルもここで借りられ、電動自転車が3時間500円。

歩く方舟

旧約聖書に出てくるノアの方舟に着想を得た立体作品で、堤防から震災のあった福島県いわき市の方角へ歩き出す4つの山が

ある角度にくると、遠くの山並みの稜線と重なる“しかけ”が。

男木島路地壁画プロジェクト

島で集めた廃材をカラフルにペイントし、民家の壁に設置されています。

カラフルなのに、島の風景に溶け込んでいるのは男木島の素材を使用しているからでしょうか。

1位 直島は、やっぱり外せない

やはり瀬戸内国際芸術祭ブームの火付け役の「直島」は、定番スポット。

高松港からフェリーで一時間(往復990円)岡山からだと20分で行ける芸術の島です。

草間彌生の作品で有名ですが、それ以外にも島中に様々なアート作品があり、美術館も充実しています。

地中美術館

鑑賞料金が2000円程と、美術館にしてはお高めですが、美術館の建物自体がアートの1つとなっていて(安藤忠雄制作)

コンクリートの打ちっぱなしの壁面が自然光で変化したり、モネの『睡蓮』を模した池など、

どれも壮大な作品なので、満足感はかなり感じられ、すごく気持ちが良い美術館でした。

坂が多い道のりなので、自転車は大変かもしれません。

宮浦港からバス100円、つつじ荘からベネッセの無料シャトルバスがオススメ。

赤かぼちゃ

直島の玄関口、宮浦港に着く船の上から赤カボチャがお出迎えしてくれます。

南瓜(黄かぼちゃ)と対をなす作品「赤かぼちゃ」。 宮浦港の広場に設置されており、島に訪れた観光客を一番に迎えてくれます。

黄かぼちゃとは異なり、中に入ることができる点が赤かぼちゃの魅力

観光客が多いので、写真に人がいない状態で撮影するのは難しいです。

人が少ない時間帯を狙っていくのが撮影のポイント。

家プロジェクト

宮浦港からは¥100の町営バスを利用しても良し、自転車で移動も出来る距離です。

六ケ所ありますが、すべて徒歩で、ゆっくり見ても2時間半くらいで回れます。脱ぎ履きすることが多いので、スニーカーなんかが楽チン。

“南寺”は入場制限があり、混み合い整理券を配布してます。先にもらってから回ると効率よいと思います。

直島銭湯“I♥湯」

宮浦港を降りて、真っ直ぐ正面の路地を進むとあり、本当の銭湯しても楽しめます。

アーティスト大竹伸朗が手がけた銭湯。外観・内装はもちろん、浴槽、風呂絵、モザイク画、トイレの陶器にいたるまで

その世界観は圧巻。女子からは“かわいい”と評判のスポット。

直島観光の最後に、フェリーに乗る前に汗を流すのも良し。

中にはシャンプーもタオルも何もないので、持っていくことをおすすめします。

番外編 瀬戸大橋記念公園

穏やかな瀬戸内海をひとり占めできる場所にある作品「八人九脚」。

ベンチにゆったり座るひと時…ここからの景色は格別です。

まとめ

瀬戸内国際芸術祭は、のんびりした島の雰囲気の中に現代アートが溶け込む世界的にも希有なイベントとなっています。

地図を片手にあちこち回り、島民と触れ合うのも楽しみの一つとなっています。

今回、ご紹介しきれなかったものも沢山あり、年々アートの島も増えております。

定番の島を回るのも良し、穴場な島でゆったりした時間を過ごすのもオススメです。

是非、瀬戸内国際芸術祭へ遊びにいらして下さい。

-Sponsored Link-

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。