お正月終わりはいつまで?二十日正月に食べる物や意味は?

ライフ

お正月の三が日は家でゆっくり過ごし、4日以降は少しづつ正月気分も抜けていき

仕事や学校が始まると、もうお正月が終わってしまったように感じますが

一体、お正月の終わりはいつまでなのでしょうか?

また「二十日正月」という言葉は聞きますが、その意味や

「二十日正月」に食べる食べ物もあるようなので、調べてみました。

Sponsored Link

お正月終わりはいつ?


お正月終わりとはいっても、現在は明確に何日までが「お正月」とは決まっていません。

ですので、地域や個人差によって「正月」と感じる時期は違います。

代表的な「正月」の区切りをまとめてみました。

1月すべてを正月【1月31日まで

本来は、1月すべてのことを「正月」と呼んでいました。

つまり昔は、1月すべてが「正月」だったのです。

二十日正月まで【1月20日まで】

「二十日正月」とは1月20日のことを指します。

正月にお迎えした「年神様」がお帰りになる日と考えられています。

年神様とは、豊作や幸せを各家に運んでくる神様のことです。

ですので、1月20日を祝い締めとして、この日がお正月の終わりと考える人もいます。

また「二十日正月」に食べる習わしになっているものもあります。

二十日正月に食べるもの

年神様がお帰りになる1月20日には、おせち料理やお餅を食べきります。

お正月中に食べた、1尾まるごとの鯛や鮭の頭や骨も食べ尽くすという考え方があり、

粕汁に入れて食べたり、野菜と煮たりして食べる風習があります。

「骨正月」、「かしら正月」とも呼ばれるのは、その習わしからです。

西日本では、麦ご飯にとろろをかけて食べるので「麦正月」とも呼んだり

また「乞食正月」とも称して、乞食が家々を回って残り物をもらうという地方もあったようです。

-Sponsored Link-

松の内まで【1月7日または15日まで】

松の内」は、1月1日~1月7日または15日までの期間をさします。

松の内の期間が終わると、しめ縄や正月飾りをはずしたり、お供えしていた鏡餅を食べる「鏡開き」を行います。

年賀状は、「松の内」を過ぎて届くと失礼にあたるので注意しましょう。

松の内の終わりは、地域により異なり東日本では1月7日、西日本では1月15日とされます。

そのため、東日本では1月7日、西日本では1月15日の「松の内」が開ける日が正月終わりと考える人もいます。

三が日【1月3日まで】

1月1、2、3日までを「三が日」と言います。

官公庁や金融機関など多くの企業がお休みする期間です。

大体4日から仕事始めということも多く、働いているのに「正月」という

のも違和感があるという意味で、正月行事の多くが行われる「三が日」を

正月というのも一般的です。

まとめ

「お正月」の意味だけでいうと、1月すべてのことを「正月」と言いますが

仕事が、始まりそこまで長く正月気分ではいられません。

通常祝う期間と言う意味では、最初の3日間(三が日)または「松の内」が一般的です。

また「二十日正月」というものもあり、「正月がいつまで?」というのは地域や個人差があるので一概には言い切れません。

行事などは、いつまでという決まりがハッキリしているものもあるので非常識にならないように注意しましょう。

これを踏まえて、良いお正月をお過ごし下さい。

-Sponsored Link-

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。