菅原小春の彼氏は高畑裕太!元彼の三浦春馬との格差が大きすぎると街の声

メディア

世界的に有名なダンサー菅原小春さんが、新しく交際相手に選んだのが、なんと強姦致傷罪で芸能活動を休止している高畑裕太さんというのです。

菅原小春さんの男性遍歴に関しては、元彼が三浦春馬さんだったこともあり、あまりの彼氏の落差に、世間からは驚きの声があがっています。

この記事では、菅原小春さんと高畑裕太さんの交際の経緯や、元カレ三浦春馬さんの馴れ初めをまとめてみました。

Sponsored Link

菅原小春と高畑裕太の熱愛報道の真相

『週間新潮』によると、東京にあるライブハウス『下北沢440』で高畑裕太さんが目撃され

高畑さんはその後、菅原小春さんを含めた6人組で近所の居酒屋に向かったそうです。

この日のライブハウスでは、菅原さんの姉タテジマヨーコさんも出演していました。

↓姉のタテジマさんと菅原小春さん

深夜1時過ぎに菅原さんが店内から出てタクシーに乗り込むと、追いかけるようにして、店内から出てきた高畑裕太さんと言葉を交わし、その後タクシーは走りだしたそうです。

実はこの二人は10か月前から交際しているのだそうです。

しかも、すでに同棲までしているというから驚き!

姉のタテジマヨーコさんは「(交際しているか)私の口からは言えません」と答え、母親の高畑敦子さんは、「もういい大人ですから・・・」と、どちらも

肯定も否定もしませんでした。

この報道を受けてSNSでの反応は・・・

高畑裕太さんといえば、強姦致傷罪という罪状だけにイメージがあまり良くないですよね。

そんな、人をわざわざ世界的にも評価の高いダンサー菅原小春さんが選んだのは、不思議でなりませんね・・・。正直もったいない・・・。と思われても仕方がありません。

-Sponsored Link-


高畑裕太さんは、事件後に対人恐怖症になったと噂されていましたが、菅原さんと出会ってから、菅原さんのワークショップを見に行ったり、復帰に向けて頑張っているようです。

そんな高畑裕太さんを支える菅原小春さんの輝かしいプロフィールは以下の記事にまとめています。

またこの報道を受けて、以前交際していた三浦春馬さんと高畑裕太さんを比べ、その格差に残念がる人も多くいました。

菅原小春の元彼は三浦春馬だった!

菅原小春さんの元彼は人気俳優の三浦春馬さんでした。

菅原小春さんと三浦春馬さんが知り合ったきっかけは、歌手三浦大知さんの「Unlock」のPVで菅原さんを観たことがきっかけだったそうです。

↓「Unlock」のダンス動画

この菅原さんのキレキレダンスを見て三浦春馬さんがその才能に惹かれ、「こんなスキルを持った方にいつかお会いしたい」と知人と通じて菅原小春さんを紹介してもらったそうです。

三浦春馬さんからのアプローチが交際のきっかけだったそうです。

しかし残念ながら2017年頃に三浦春馬さんと菅原小春さんは破局してしまいます。

その原因としては、三浦さんが菅原小春さんの強烈なキャラクターについていけなかったとも。

菅原さんの自己主張の強い、日本人離れした感性が合わなかったのかもしれません。

しかし、今回はそのメンタルの強さが高畑裕太さんには、とても魅力的に映っているらしいのです。

そう思うと、「感性」というところで見れば高畑裕太さんの方が、かなり女性との距離感がおかしい!と噂されることも多く、個性的な性格が指摘されていただけに、菅原さんと高畑さんの方が、波長は合うのかも!と納得する部分ではあります。

菅原小春はすでに高畑裕太と破局!

熱愛報道から1カ月たった現在、新たな情報では菅原小春さんと高畑裕太さんは破局しているそうです。

破局理由は、やはり高畑さんの犯罪が尾を引いているようで、菅原小春さんは、スポンサーであるNIKEやCM出演している資生堂と契約しています。

なんといってもイメージが大切ですから、もし何かあれば巨額の違約金が発生する場合もあるので、破局の道を選んだようです。

高畑さんは残念でしょうが、起こした事件の内容が内容ですので…諦めるしかないですね。

まとめ

恋愛は自由なので、お互いが惹かれすべてを納得したうえで交際しているなら、

第三者が口を出すべきではないとは思うのですが

高畑裕太さんは、不起訴になったとはいえ「性的暴行の加害者」のイメージが強いので、「不快感がある」との声があがっているのも事実ではあります。

菅原小春さんは、高校時代からLAへダンス留学し活躍しているので、広い視野を持ち、男性に対しても独特の判断基準があるのかもしれません。

今後も、二人がもしかしたら復縁?ということもあるかもしれませんので、二人のその後に、注目していきたいと思います。

-Sponsored Link-

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。