香川県で無痛分娩ができる3病院をご紹介!24時間対応もあり安心

ライフ

最近では、お産の選択肢として、「無痛分娩」を選ぶ方が増えてきました。

しかし、「無痛分娩」を実施している病院は、都会に集中しており、香川県で実施している病院は少ないのが現実です。

そんな「無痛分娩」をしたいと思っている妊婦さんのために

香川県で「無痛分娩」をしている産婦人科病院を調べてみました。ご参考になれば幸いです。

Sponsored Link

香川県で無痛分娩が出来る産婦人科病院

「無痛分娩」は、麻酔によってお産の痛みを軽減して、分娩を行う方法です。

無痛分娩は高度な技術が必要なため、専門の麻酔科のいる病院をしっかり選ぶことが大切です。

「無痛分娩」が出来る病院をご紹介しますが、詳しく知りたい方は各医療機関に直接問い合わせして下さいね。

では、香川県で「無痛分娩」で出産できる病院3つをピックアップしてみましたので、どうぞ~

二川産婦人科レディースクリニック

出典:http://www.doctor-map.info/

二川産婦人科レディースクリニック
住所 香川県高松市三名町118-1
TEL 087-888-1188

二川産婦人科医院は、香川県ではいち早く無痛分娩を取り入れている病院です。

24時間、無痛分娩に対応なので安心です。

また微弱陣痛で通常の分娩が困難な場合は、すぐに帝王切開手術も行える設備が整っています。

自然分娩か無痛分娩を迷って入れ方は、最初は自然分娩を選択し、

痛みに耐えられないようでしたら無痛分娩に切り替えることも出来ます。

費用の目安は、無痛にすると昼間はプラス3~5万円で夜間は5~10万円とのこと。詳しい費用は、病院に直接お問い合わせを。

母子異室なので、夜中も赤ちゃんをみてくれるのでらお産の後はゆっくり休めます。

また二川産婦人科医院は、食事が美味しいことでも有名です。和洋折衷ボリュームがあり、オヤツやお夜食におにぎりも出ます。

無料でマタニティビクスや産後ビクスを受けれるのも嬉しい特典!

森産婦人科医院

出典:http://www.doctor-map.info

-Sponsored Link-

森産婦人科医院
住所 香川県高松市瓦町2-3-5
TEL 087-831-5513

高松市の中心部(瓦町)というアクセス抜群の立地にある森産婦人科医院は、

麻酔科標榜医の資格を持った産科医による硬膜外麻酔無痛分娩を行っています。

妊婦検診では、4Dエコー対応で鮮明に赤ちゃんの姿が見られますよ。

また、陣痛→分娩→回復(LDR)まで1つの部屋で行なってくれるので、体の負担が減ると同時に

家族立ち合いのもと安心してお産と向き合えます。

通常のお産の費用+無痛分娩費用6万円(薬剤等別途)が必要となります。

一般的に陣痛が始まってから来院し無痛分娩を始める場合と、

あらかじめ入院しておいて、計画的に無痛分娩を行う場合の二通りあるので

ご自身の妊娠状況を踏まえて担当医と相談なさってください。

市内で無痛分娩を実施しているのは森産婦人科委員会だけと人気の病院だけに、

分娩予約が埋まってしまうこともありますので予約はお早めに。

詳しくは、病院へ直接お問い合わせくださいね。

医療法人社団豊南会香川井下病院

出典:https://www.nc-call.jp

医療法人社団豊南会香川井下病院
住所 香川県観音寺市大野原町花稲818-1
TEL 0875-52-2215

医療法人社団豊南会香川井下病院 は、基本的には自然分娩を行っておりますが、硬膜外麻酔を用いた無痛分娩も行っています。

無痛分娩をする条件としては、

●痛みや子宮収縮による心臓への負担が望ましくない合併症(高血圧、心疾患など)をもつ
●分娩中に痛みで全身が強直したり、興奮状態となってしまう(痛みに弱い)
●子宮胎盤血流量が既に低下している方(妊娠高血圧症候群、糖尿病、心疾患、胎盤機能不全など)
●分娩が長引きなかなか進まない。
●本人や家族が希望される。
出典:医療法人社団豊南会香川井下病院HPより

また陣痛が思ったより痛くて我慢できない場合や、分娩が長引いて大変などの理由でも

分娩進行の途中からでも無痛に切り替え可能です。

ただし、分娩日や時間帯(担当医が県外に出張など)によっては無痛分娩に対応していないので注意が必要です。

無痛分娩は保険適用外なので費用は、54000円かかります。

まとめ

香川県では、無痛分娩している病院は少ないですが、実施している3病院はどこも

安心してお産に臨めると評判の良い産婦人科医院なので

無痛分娩を希望している方は一度、相談してみても良いかもしれませんね。

母子ともに元気な赤ちゃんが産まれますように。

-Sponsored Link-

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。