立ち合い出産の割合は?メリット・デメリットを知って納得のお産を

子育て

待ちに待った赤ちゃんの誕生は感動的なものですが、

立ち合い出産で、この感動を夫や家族と共有したいと思う反面、

パパが不安に思っていたりして、迷っているママも多いと思います。

私の出産の体験や、“立ち合い出産”を選択する人の割合などを

参考にしながらメリット、デメリットを考えていきたいと思います。

Sponsored Link

立ち合い出産の割合は?

日本で立ち合い出産をする人はどのくらいいるのでしょうか。

厚生労働省が発表した「母親が望む安全で満足な妊娠出産に関する全国調査」(2013)で

立ち合い出産の割合が明らかになっています。

出典:https://baby.mikihouse.co.jp

立ち合いの割合は約70% そのほとんどが夫

帝王切開でない、経腟分娩の場合の立ち合いの割合は70%という結果となっています。

最近は、育児に参加する男性も増えてきているので、立ち会い出産に抵抗のない方も同じく増えているのかもしれませんね。

また立ち会った人の半数以上の59%は夫という結果になっています。

立ち合いたくても、実際には間に合わなかった人を含めるとかなりの数になることが予想されます。

立ち合いを希望しない理由1位は“ママが希望せず”

では、ほとんどの人が立ち合いを希望する中で

立ち合いを希望しないのは、どういった理由があるのでしょうか。

出典:https://baby.mikihouse.co.jp

立ち合い出産でなかった理由の50%は“産婦が希望せず”でした。

この理由は、私もよく分かります。1人目の時は「出産の姿を見られるのは恥ずかしい」と思い

立ち合いはしませんでした。夫も「血とか見えたら怖い」と言っていたので夫婦一致で

「立ち合いはしません」と病院にバースプランを提出しました。

1人目の出産を終えて、後悔はありませんでした。

だって初めての出産で余裕がなく、きっと夫が立ち会っても気遣う余裕は皆無でした。

きっと、夫に暴言はいてたかも(笑)と思うくらいだったので、

1人目は立ち合いしなくて本当に良かったと思います。

立ち合い出産のメリット・デメリット


-Sponsored Link-


では1人目は立ち合い出産を希望せず、2人目は立ち合い出産をした経験から

メリットとデメリットを考えてみました。

立ち合い出産のメリット

●ママの安心感(手を握ってもらったり)
●パパの父性が実感しやすい
●夫婦の結束力が強くなる
●出産の経過をきちんと見られる

立ち会ってもらって良かったのは、かなり苦しい出産の時に手を握ってもらったり

汗を拭いてもらったりして痛みが少し和らいだこと。

声をかけたりしてもらったので、気が紛れたのも良かったと思います。

また、出産の大変さも夫に分かってもらえたので産後も体調を気遣ってもらえたことも大きいです。

また私の方も、夫が上手くサポートしてくれたので自然に感謝の気持ちが芽生えました。

後は、出産の一部始終を夫と共有することで「赤ちゃんの様子がおかしい・・・」など経過を知っておくことで

万が一のことが起こっても、きとんと証言でき後悔はしないのではないでしょうか。

立ち合い出産のデメリット

●苦しんだり叫んだりする姿を見られてしまう
●パパが出産の状況(血液や匂い)に引いてしまう
●パパが上手にサポートできなくて逆に邪魔(パパも居場所がない)

出産って今まで経験した痛みの中で最強クラス!

あの壮絶な痛みには叫んだり、苦悶の表情を浮かべない方が無理な話ですが

実際に、痛みが分からない男性にとっては、今まで見たことのない妻の姿を見て

引いてしまう可能性はあります。

また、羊水や血の匂いなどもあるので苦手な夫には無理強いはしない方が

あとあと、トラウマにならずにすみます。

また、そんな緊張した夫だと逆にウロウロされても邪魔になることもありますし、パパも居場所がなく困ってしまいます。

それ以外にも、出産をイベント感覚でとらえて、ビデオを回すのに必死なのは困りもの…。

見学者感覚ではなく、あくまでもママのサポートをする覚悟でお願いしたいですね。

そういう心構えも、事前にパパと一緒に母親学級(プレママ、プレパパ教室)などに参加して、

赤ちゃんや出産について知っておくことも大切だと思います。

妊婦検診から一緒に病院に行くのもオススメです。

私の夫も、一緒にエコーを見たり先生の話を一緒に聞いたりしていたので自然に赤ちゃんにも関心を持っていました。

パートナーとよく話をすり合わせて、お互いに納得のいく出産になれば良いですね。

まとめ

立ち合い出産のメリット・デメリットはいかがだったでしょうか?

私は「立ち合いをしなかった出産」も「立ち合いをした出産」どちらも夫婦で

話し合って決めたことなので後悔はありません。

立ち合い出産は“みんながしているから”しなければいけないことでも無いですし

強制的にするものでもありません。

出産は命がけの大仕事ですし、育児のスタートラインに立つという意味で

前向きに“立ち合い出産”を考え夫婦で相談して下さいね。

-Sponsored Link-

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。