美術モデルの料金や相場は?時給4千円の仕事は意外にハード?!

アート

人物デッサンの授業などに来て、一糸まとわぬ姿でポーズをとる

“美術モデル”の存在をご存知でしょうか?

私も学生時代に、美術モデルさんのデッサンの授業が受けたことがありますが、

まだ10代の頃だったので、ちょっとドキドキしたのを覚えています。

そんな美術モデルの料金やお仕事内容に迫ってみたいと思います。

Sponsored Link

美術モデルとは?

美術モデルとは、絵画、素描、彫刻、写真などの作品の人物モデルです。

主に、絵画教室や美術系の学校の授業、個人的に活動する芸術家の 作品創作を視覚的に提供するお仕事となります。

ヨーロッパでは、 教育者クラスの地位にあるお仕事です。

美術モデルは高時給だけど意外に大変なお仕事

美術モデルをされている方の時給や、

仕事内容は実際どのようなものなのか詳しく調べてみました。

美術モデルの時給は?

美術モデルといえども、条件によって時給の金額は変わります。

●着衣モデル 1500円~2500円
●ヌードモデル 3000円~4000円

やはり、人前で裸になるヌードモデルさんの方が時給が高いですよね。

しかも、モデルは同じポーズで固まることが多いので

モデルさんの体力を考慮して20分ごとに休憩があります。

なので、時給としてはもっと高い可能性がありますね!

その他にも、経験豊富な方や有名な方などは時給がアップするようです。

美術モデルになりたいなら・・・フリーは危険?!

美術モデルという特殊な仕事なので、モデルをする方は

どのように仕事の依頼を受けているのでしょうか?

お仕事の探し方のとしては

●モデル事務所に所属する。
●絵画教室や個人芸術家の募集に直接申し込む。
●美術系の学校の募集に直接申し込む。

お仕事の獲得の仕方は、モデル事務所に所属するかフリーの選択肢があるようですが

フリーのお仕事は、やはり裸になるようなお仕事ですし

美術モデルさんは、女性が多いので フリーで個人芸術家のモデルの依頼は、危険が伴うことがあります。

個人的な依頼の場合は、きちんと契約を結ぶことも大切です。

また、最近の「#Me Too」運動などからみられるように

アーティストにとって魅力的な女性というのは、“ミューズ”でありアートと恋心の線引きはかなり曖昧になってきます。

また、親しい間柄になってくると女性を“物”として扱ってくるアーティストも中にはいるようです。


-Sponsored Link-

美術モデルを依頼するなら料金はいくらかかる?

モデルさんの時給は分かりましたが、美術モデルを所属事務所に依頼する場合は

どのくらいの料金がかかるのでしょうか?

相場をまとめてみました。

美術モデル料金表
時間 2時間 3時間 4時間
ヌード 8,000 12,000 16,000
セミヌード(水着) 7,000 10,000 14,000
着衣 6,000 9,000 12,000

これの他に交通費が別途かかることが多いです。

また所属事務所も都会に集中してるので、地方に呼ぶ場合や

個人的に頼む場合は、かなりの料金になるかもしれませんね。

美術モデルになる条件は?

美術モデルになるには、特別な条件はありません。

描き手によって描きたいモデルは変わります。

しかし、実際に人気があるのはやはり20~30代の女性の需要が多いです。

私は、描く側でしたがやはり美しいものを描きたいものです。

なので、お仕事が多いのは

描きたい!とインスピレーションをもたらしてくれる対象かどうか?ですね。

必然的に人気があるモデルの条件は

●容姿は平均的で、痩せすぎていない健康的でふくよかな身体
(男性なら筋肉質な方が良い)

やはり女性的な体を描く方が、脂肪の付き方もわかりやすいですし

表現もしやすいですね。特に学生だと練習したすいので。

あとは個性的な方も、描き手の感性を刺激する場合があるので

人気モデルになる可能性はあります。

●描きたいと思える様々なポーズが出来る人

基本的なポーズは、「立つ・座る・寝姿」です。

何気ないポーズでも、身体をひねったり、指先まで神経を張り詰めるので、痺れてきたりして、 意外にもハードなお仕事です。

ヌードの場合は、教室などは空調が弱いこともあるので

寒さはある程度我慢しなくてはなりません。

●真面目な人、誠実で礼儀正しい人

これは、美術モデルに限ったことではありませんが

きちんと挨拶ができ感じが良い人だと、

またお願いしようかな。と次のお仕事に繋がっていくことがあります。

●時間に余裕のある人

毎日あるお仕事でもなく、依頼者の都合に合わせる場合が多いので、時間の都合がつく人が望ましいですね。

多くのモデルさんは、副業としてされている方が多いです。

よほどの人気モデルでない限りは、食べていけないかもしれません。

私が実際に学生の頃に描いたモデルさんは、ポーズのリクエストを受け付けてくれたり

本当に潔く脱いで感じも良かったので、本当にプロ意識の強い人だったと思います。

そんな、良いモデルさんだと描く側も真剣になりますし、良い作品も生まれるような気がします。

美術モデルになるきっかけは?実際のモデルさんの話

かなり特殊なお仕事なので、何がきっかけで美術モデルになる人が多いのでしょうか?

その一部をご紹介します。

●もともと芸術に興味があった
●時給が良いので稼げる!
●身体のキレイさに自信があったので
●知り合いに頼まれて
●普通の容姿でもモデルになれるから

もともと美術や芸術に興味があってという方が多かったですね。

そうゆう方ですと、 描き手が何を求めているか直感的に分かる人が多いかもしれません。

また、普通の容姿でもモデルとして絵や彫刻として残してもらえるのも魅力ですね。

一般的に知られていない仕事なだけに、知り合いに頼まれてなんとなく始めた方も多いようです。

まとめ

美術モデルさんは、時給の高さだけがクローズアップされますが、

実際は、同じポーズをとらされるので肉体的もハードですし

人前でヌードになるというのは、精神的も大変なお仕事だと思いますので

お給料を見れば納得の金額でした。

また、芸術が好きな方には、アーティストと楽しく交流もできますし

自分がアートして残されるというのは、とても素敵なお仕事ですね。

-Sponsored Link-

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。