• HOME
  • ブログ
  • 皇室
  • 天皇即位の式典で最も重要な退位礼正殿の儀・大嘗祭とは?皇室行事日程一覧も

天皇即位の式典で最も重要な退位礼正殿の儀・大嘗祭とは?皇室行事日程一覧も

皇室

いよいよ天皇のご退位と新天皇のご即位が近づいており、

天皇陛下の御代代わりは、「大きな星が流れる」といわれ、時代が変わる重要な事柄です。

そこで天皇ご即位の式典で、特に重要な宮中で厳かに行われる儀式の内容から、

要人を招いてのお披露目、国民の前でのパレードまで

2019年の皇室の行事日程をまとめてみました。

Sponsored Link

2019皇室行事日程一覧まとめ

新元号が発表される2019年は、天皇ご退位と新天皇ご即位に合わせて

皇位継承にちなんだ儀式がたくさんあります。

名前だけ聞いてもよく分からない人のために、行事日程とその内容を一覧にしてみました。

平成31年2月24日
天皇陛下御在位三十年記念式典
内閣府主導のお祝い。式典は国立劇場で行われ、歌手の三浦大地さんが、天皇陛下作詞、皇后陛下作曲の歌を披露した。
平成31年4月1日
 新元号発表
平成に代わり、新たな年号が発表される。
平成31年4月30日
 退位礼正殿の儀
天皇陛下のご退位を国民に広く明らかにする儀式。国の儀式として宮中で行う。
新元号元年5月1日
剣璽等承継の儀(げんじとうしょうけいのぎ)
現皇太子即位の日。即位に伴って剣、璽(まがたま)の神器、公務で使う天皇の印である御璽(ぎょじ)、国の印の国璽(こくじ)を継承する儀式。
新元号元年5月1日
即位後朝見の儀
ご退位後。はじめて三権の長ら国民の代表に会われる儀式
新元号元年10月22日
退位礼正殿の儀
天皇陛下が高御座(たかみくら)にお昇りになり、国内外の代表を前に即位を公に宣言する儀式。
新元号元年10月22日
祝賀御列の儀
広く国民に即位を披露し、祝福をお受けになるため、パレードを行う。乗車するのは、トヨタのセンチュリー
新元号元年10月22/25/29/31日
饗宴の儀
国内外の賓客をお招きになり、祝福を受けられるための宴。
新元号元年10月23日
内閣総理大臣夫妻主催晩餐会
即位礼に参列した外国の元首、王族、首相、その他各国の代表、駐日大使のための晩餐会。会場はホテルニューオータニ。
新元号元年11月14/15日
大嘗祭(だいじょうさい)
新天皇がご即位後、はじめて新穀を皇祖及び天神地衹(てんじんちぎ)にお供えになり、自らも召し上がる。国家・国民の五穀豊穣と安寧に感謝され、お祈りになる。一生に一度行われる重要な皇位継承儀式。
新元号元年11月16/18日
大饗の儀(だいきょうのぎ)
大嘗祭後、天皇陛下が参列に白酒、黒酒、及び酒肴を賜り、ともに召し上がる饗宴。
新元号2年4月19日
立皇嗣の礼(りっこうしのれい)
秋篠宮さまが、皇位継承順位1位の皇嗣(こうし)になったと示される。


-Sponsored Link-

皇位継承の儀式「退位礼正殿の儀」・「大嘗祭」とは?

4月30日の今上天皇ご退位の儀式を皮切りに様々な重要行事が続きます。

その中でも、 特に重要である儀式「即位礼正殿の儀」と

「大嘗祭」について詳しくみてみましょう。

即位礼正殿の儀ってどんなことをするの?

出典:https://www.youtube.com/
儀式の中でも重要なものの1つが新元号元年の10月22日に行われる「即位礼正殿の儀」です。

新天皇陛下と新皇后陛下が高御座(たかみくら)や御張台でにお昇りになり、即位を宣言する儀です。

高御座が八角形なのは、中国の陰陽五行説の影響だそうで、それが日本では陰陽道に繋がりました。

現在でも日本文化には、陰陽道は色濃く残っているものがあります。

出典:https://coco-ri.com/2

天皇陛下は、黄櫨染御袍(こうろぜんのごほう)の装束に身を包んで、

頭の上には、立纓(りゅうえい)の冠、皇后陛下は十二単に大垂髪(おすべらかし)という

古式ゆかしいお姿で執り行います。

最も重要な儀式「大嘗祭」とは?

儀式のなかで最重要と位置づけられるのが、新元号の11月14日と15日に行う

「大嘗祭(だいじょうさい)」です。

こ皇族すら見ることを許されない秘儀で、一生に一度行われる重要な皇位継承儀式です。

国の東西に加えて、神の衣である麻織物の麁服(あらたえ)と

絹織物である繪服(にぎたえ)など伝統にのっとった調度品が奉納されます。

この日のためだけに建てられた二つのお宮に、天皇陛下は深夜にかけて

2時間ずつ2回こもり、正座で尊い祈りを捧げるのです。

ちなみに、陛下はこの日のために事前に正座の訓練をされるそうです。

天皇霊を己の身につけることにより、新しい「天皇」であることを天照大神に

御挨拶をする祭祀でもあります。

この大嘗祭だけでなく陛下は日々、国民の幸せを祈ってくれています。

例えば、陛下が詠む和歌(御製)は、五七五七七のリズムにのせて幸せを願う祈りそのものです。

それに対して、私達国民が天皇陛下にできることは、君が代を歌い陛下の長寿を祈ることです。

また、折に触れて日本国民が万歳をするのも、日々国民の幸せを祈ってくれている陛下が、

お元気で長く生きて頂きたいというお返しなのです。

君が代や万歳を通じて、天皇陛下がお元気であられ、日本も栄え

みんなが幸せになれるように祈りたいですね。

まとめ

皇室の儀式には、私達が聞き慣れない言葉や難しい名前が出てきますが、

改めて日本のことを考える良い機会ですので、ぜひニュースなどで見た時には

厳かに行われる儀式について思いだしてみてくださいね。

-Sponsored Link-

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。