【500日のサマー】フル動画を無料で見る方法!ポップで残酷な恋愛映画!

メディア

「500日のサマー」は、恋に奥手な文科系男子“トム”と、キュートで自由奔放な“サマー”の500日にわたる恋の物語。

この作品は、男か女かによって感じかたが違うので、意見が真っ二つに分かれる映画。

好きな恋愛映画No.1に挙げるほどコアなファンも多いんです。(私も何度見たことか・・・)

そんな「500日のサマー」のフル動画を無料で安全に視聴する方法をご紹介します。

今すぐ【500日のサマー】の動画を見る⇒U-NEXT公式サイトはコチラ

「500日のサマー」あらすじ

 

製作年 2009年
監督 マーク・ウェブ

500日のサマーあらすじ

建築家を夢見つつ、グリーティングカード会社で働くトムは、ある日、秘書として入社してきたキュートなサマーに一目惚れしてしまう。トムは運命の恋を夢見る男の子、一方サマーは真実の愛なんて信じない女の子だった……。好きな音楽をきっかけに意気投合し、いいムードになった二人。そんな中トムは、サマーに対して「彼氏はいるの?」と聞くと、サマーの答えはノーだった。恋愛と友情の間に果てしなく広がるグレーゾーン。人を好きになるって、どうしてこんなに楽しくて切ないんだろう。誰もがまた恋したくなる、二人の(500)日がはじまる!
出展:TSUTAYA TV

500日のサマーの魅力とは?

普通の恋愛映画じゃ物足りない方必見!

みんな大好き!映画「500日のサマー」の見所をご紹介します

サマーの小悪魔っぷり!

この映画では、サマーの小悪魔っぷりが爆発します。

男性なら絶対に「惚れてまうやろ!」ってというエピソードが盛りだくさん。

「私のこと好き?」

このセリフは、カラオケパーティーの帰りにサマーがトムに問いかける言葉。

「私のこと。好き?あなた面白いと思って。友達になれるといいなって思ったの。」

これ言われた男性は、俺に気があるって思っちゃいますよね。

でもサマーは、トムのことを好きなわけじゃなく、自分に好意を持ってくれているトムを

一応、彼氏候補としてキープしておこうと思っているだけなのです。

コピー機の前で・・・

色々と積極的なサマーちゃんは、好きでもないのに、会社のコピー機の前でキスをします。

積極的な関係を求めているように見えるサマーですが、 実はどうでもいい相手だからこそ

逆に積極的に行動できるのです。本当に好きなら臆病になるもんね。

キスした後の「はぁ?」みたいな顔をのサマーがすべてを物語っています。

キスしてみたけど、ときめかない・・・・と。

男が惚れる女と女が退屈な男

トムにとっては、体の関係を持ち、アダルトコーナーにいったり、卑猥な言葉を言うゲームをしたりする彼女に対して

「ここまでサマーが僕にさらけ出してくれている。なんて刺激的な彼女なんだ!」と、ますます惚れてしまいます。

だからこの子は絶対に俺のことが好きなんだと勘違い笑。

サマーにとってトムは、次の彼氏までの繋ぎ役。大胆な行動がとれるのは、どうでもいい相手だから。

トムを失うことを恐れていないサマーは、ワガママで奔放にふるまえるのです。

なんだか、サマーがとっても悪い女の子に見えちゃいますが、女の視点から見ると

サマーはただ自分に正直なだけ。生理的に無理ではないけど、LOVEではない、けどLIKEではある。

だから、彼氏候補に一応いれておくんです。

「運命の人なんていない。人と真剣に付き合うつもりもない。ライトな関係でいたいの。」

とサマーはトムに、何度も釘を刺していたではないですか。

それを気にしつつも、関係を築いていくうちにサマーも変わるだろう。と楽観的に考えていたトムも甘いと思う。

僕たちの関係はなんなんだ?とトムが気付いた時には遅く、

目の前には、トムに対して冷めた表情のサマーがいるのです。

続きは、「500日のサマー」本編で!

そこで

そこで、ここからは 『500日のサマー』の動画をお得で安全にフル視聴する方法をご紹介します。

\今すぐ【500日のサマー】を見る!/

映画「500日のサマー」の動画が視聴可能なサービス一覧

2020年月2月現在のアニメ「500日のサマー」を配信しているサービスと、視聴するために必要なポイントです。

U-NEXT TSUTAYA TV dTV
必要ポイント 見放題0pt 440 330

U-NEXTが視聴するためのポイントが少ないので良さそうですが、 入会時にもらえるポイントや、特典も違いますので、どれが一番お得なのか比較していきましょう。

なお、詳しい配信状況は、それぞれの公式サイトでご確認ください。

「500日のサマー」の配信サービス比較!お得なのは?

では、3つのサービスを比較していきましょう。

U-NEXT TSUTAYA TV dTV
もらえるポイント 600 1,080 0
月額料金 1,990 2,417 500
無料お試し期間 31日間 30日間 31日間
ダウンロード

どのサービスも 無料期間中に解約すれば費用は一切かかりません。

迷ってしまう方は、それぞれのサービスの特徴をざっくりと説明してみますね。

U-NEXT

U-NEXTは、何といっても 見放題動画数が9万本、レンタル作品50,000本配信というのが魅力で、何よりも新作の配信はが早いこと

また雑誌の読み放題サービスやアニメ、韓国ドラマの見放題作品が多数あり、無料お試し期間が31日間なのも嬉しいですね。

「500日のサマー」を見ても、入会時に獲得した600pt余るので、新作映画を1本見ることも可能です。

複数端末での同時視聴や、余ったポイントの使い道が豊富なところも魅力です。

U-NEXT公式サイト

TSUTAYA TV

月額料金は少々お高めですが、 もらえるポイントが1080ptなので最大3本(新作2本)の動画を視聴することができます。

また定額レンタルのTSUTAYADISCASがついてくるので、ポストに返却のレンタルサービスも利用できるので、上手に使えばお得なサービスです。

「500日のサマー」を見ても、620pt余るので、有料作品を1本無料で見ることも可能です。

TSUTAYATV公式サイト

dTV

月額500円なら解約し忘れても、安心の金額です。

しかし、 もらえるポイントが0ptなので「500日のサマー」を視聴するにはポイントを購入する必要があります。

dTV公式サイト

それぞれに特徴や魅力があるので、迷った時には「500日のサマー」以外に見たい作品があるか?」などから選んでみることも、おすすめです。

いちばんオススメの動画配信サービスは?

「500日のサマー」が見れる動画配信サービスは、たくさんありますが、その中でも私が一番オススメするのは、

U-NEXTです。

その理由は3つあります。

①見放題作品数9万本。レンタル作品5万本

 

「動画数が豊富だ!」と、うたっている配信サービスは多いのですが、動画コンテンツとは呼べない残念ものも含まれている場合が多くあります。

しかし、U-NEXTはきちんと動画の内訳を公開しており映画やドラマの動画が多いのが一目瞭然です。

特に、洋画、アニメ、キッズのジャンルにも強いので家族みんなで楽しめるのが魅力です。

私もU-NEXTを1年以上利用していますが、日々、新しい作品が配信されるので、 いまだに「何を見ようかな?」と悩んでしまうほど、見たい作品が無くなることはありません。

②ポイントの使い道が豊富!

U-NEXTは見放題作品の他に、最新作の入荷や配信がダントツですが、有料作品となっていることが多いです。

しかし、 毎月1200ポイント(1200円分)がもらえるので、そのポイントを賢く使えば最新作もお得に視聴できます。

また、そのポイントを 新作、本文 ディズニー、雑誌や漫画、映画館にも使用できるのが魅力です。

U-NEXTは、ブルーレイ&DVDリリースと同時配信する事もあるので、ポイントを利用していち早く新作を楽しむことも出来ますよ。

③複数端末での同時視聴が可能

U-NEXTは 追加料金なしで、最大4人まで同時視聴が可能です。

家族で利用するとネックになってくるのが視聴するタイミング。

動画を視聴する時間って案外決まっていて、出勤時間や帰宅してから、休日などに偏ってきます。

そうなってくると、この4アカウントまで同時視聴は、ファミリーにとっては嬉しいサービスです。

また、 子供にロックや利用制限の設定ができるほか、アカウント同士のプライバシーも守られるので安心。

注意する点は、同一作品の同時再生は出来ないので、時間を譲りあいましょう(笑)。

月額料金は1990円とちょっぴり高めですが、上手にサービスを使えば一番お得なサービスです。

もちろん 無料期間内に解約すれば費用は一切かかりません。

こんなサービスが31日間無料でお試しできるるなら、試さない手はありません。

↓U-NEXT公式サイトはコチラ↓

最後に

U-NEXTは、見放題作品も多く新作もいち早く配信され、家族で楽しめる魅力的な動画配信サービスです。

大手企業の運営でもあるので、安心・確実に動画を楽しむことができます。

31日間無料お試し期間がついているので、まずは「500日のサマー」を見てから継続を考えるにも手です。

本作品の配信情報は2020年2月時点のものです。配信が終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、現在の配信状況については各動画配信サイトのホームページもしくはアプリをご確認ください。

\今すぐ【500日のサマー】を見る!/

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。