『ヘルドッグス』ネタバレ!原作小説のあらすじ~結末と相関図

邦画

警視庁を揺るがす秘密を奪い返すため、極道の世界に潜入した警察官が、殺し屋として名を馳せていく問題作『ヘルドッグス』。目を覆いたくなる暴力と危険なミッションに挑むダークヒーローの葛藤をスリリング描いた本作は、岡田准一さん主演で2022年に映画化もされます。そこで今回は小説『ヘルドッグス』のあらすじから結末を、相関図をまじえながらネタバレしたいと思います。

-Sponsored Link-

『ヘルドッグス』登場人物&相関図

登場人物

兼高昭吾(本名・出月梧郎)・・・警視庁の潜入捜査官として暴力団・東鞘会に潜入し若頭補佐の地位に就く。
室岡秀喜・・・兼高の弟分。特異な家庭環境で育ったため、食欲旺盛で無慈悲な暴力にも抵抗のないシリアルキラー。
阿内将・・・兼高の上司。同僚の十朱に、幼馴染でもあった警官・木羽を殺され、十朱と東鞘会を壊滅させることに執念を燃やす。
十朱義孝(本名・是安総)・・・元潜入捜査官だったが、警察を裏切り、現在は東鞘会七代目会長としてグループのトップに君臨。
衣笠典子・・・腕の良いマッサージ師。息子をヤクザに惨殺され、恨みをはらすため警察に情報提供を行う、阿内と兼高の仲介役もこなす。兼高を息子のように思っている。

『ヘルドッグス』相関図

『ヘルドッグス』は登場人物が多く、極道独特の関係性もありますので、主要人物の相関図を作成してみました。

無断転載禁止

-Sponsored Link-

『ヘルドッグス』あらすじ

『ヘルドッグス』あらすじ

「警察官の俺に、人が殺せるのか?」関東最大の暴力団・東鞘会の若頭補佐・兼高昭吾は、抗争相手・喜納修三を潜伏先の沖縄で殺害した。だが兼高はその夜、ホテルで懊悩する。彼は密命を帯びた警視庁組対部の潜入捜査官だったのだ。折しも東鞘会では後継をめぐる抗争の末、七代目会長に就任した十朱が台頭していた。警視庁を揺るがす“秘密”を握る十朱に、兼高は死と隣り合わせの接近を図るが…。

主人公は、東鞘会系神津組若頭補佐の 兼高昭吾

兼高は、潜入捜査官で本名を 出月梧郎と言い、組体部特捜隊(通称・ソトク)の隊長・ 阿内勝に命じられ、東鞘会会長・ 十朱義孝に接近を試みていた。

ターゲット十朱は、かつては兼高と同じく潜入捜査官だったが、突然上司だった木羽保明を裏切り、地獄に生きる道を見出して本物のヤクザになった。

その後 十朱は、上司の木羽を自殺にみせかけて殺害。

警視庁を揺るがす“秘密”を握っている十朱は、今日まで消されず、警察も東鞘会に手出しが出来ない状況にあった。

現在の東鞘会になるまで

五年前。東鞘会五代目会長・ 氏家必勝が肝硬変により獄中死した。

構成員7千人を誇る関東最大の暴力団・東鞘会は、後継者問題で六代目会長に任命された 神津太一と必勝の実息子で和鞘連合を結成した 氏家勝一が対立。

その後、神津太一は愛人宅で待ち伏せされ、和鞘連合組員に撃ち殺された。

東鞘会トップの神津を殺害した和鞘連合だったが、神津太一の片腕だった 十朱義孝と「東鞘会三羽ガラス」と呼ばれた 土岐勉 大前田忠治 熊沢伸雄が中心となり反撃を計画する。

東鞘会は、いきなり若手に武器を握らせ幹部を襲撃することはせず、暴力に長けた組員を海外に派遣し、民間軍事施設で特殊訓練を受けさせた。

さらに盗聴器、GPS、小型カメラを駆使し、警視庁が設置しているNシステム、防犯カメラを把握したうえで和鞘連合幹部を消した。

警察は、犯人逮捕のため捜査を開始したが死体や凶器を見つけることができなかった。

力を失った和鞘連合は崩壊。会長の 氏家勝一はメキシコに逃亡。

和鞘連合がなくなっても、しつこく組を存続し沖縄に潜伏していた 喜納修三は、兼高と室岡により惨殺された。

この手柄により、兼高は神津組のなかで存在感をさらに増していった。

苦悩する兼高

警察の命令ではあるものの、これまで両手では足りない位の人間を殺してきた兼高は苦悩していた。

もし任務を終えて、警官に戻ったところで顔が割れた自分は表立って働くことはできず、デスクワークか島送りになることになことは容易に想像できた。

少年時代に犯罪により命を落とした初恋の相手の復讐を誓い、悪を嫌悪してきた兼高だっただけに、何食わぬ顔で人の命を奪うことが苦しかった。

そんな兼高が唯一、心許せる場所が池端リラクゼーションサロンだった。

ここで施術する 衣笠典子は、かつて息子を惨殺したヤクザが許せず、極道のところへ出張マッサージを行っては情報を得て、阿内に提供していた。

衣笠は、阿内と兼高の仲介役であり、兼高を死んだ息子のように可愛っていたため、兼高は本来の出月梧郎に戻れるのだった。

不穏な動き

そんななか、海外に逃亡していた勝一が海外で怪しい動きをしているという情報が、神津組組長・土岐の耳に入ってきた。

すぐに土岐は兼高を呼びよせ、 十朱の護衛の一人として任命した。

ついに十朱と接触する機会ができた兼高だったが、すぐに行動すると十朱にバレるとして、兼高を制止した。

しばらくして、十朱の元に勝一から雇われたヒットマンが東鞘会に襲撃を加えてきた。

相手はヤクザではなく、特殊訓練を積んだ軍人崩れであったため、組員たちは苦戦。

兼高らは十朱の命をなんとか守ったが、三羽ガラスの一人・熊沢伸雄をはじめ多くの犠牲者を出すことになった。

海外で金もない勝一が、なぜ凄腕の殺し屋を雇えたのか?

実は勝一に情報を与え、十朱暗殺を手助けしていたのは、兼高の上司で警察官の 阿内将だった。

勝一を動かしていたのが警察だと知った東鞘会は、阿内とその家族を拉致した。

-Sponsored Link-

阿内の綿密な計画

阿内や家族まで危害がおよぶと知った兼高は、内心穏やかではなかったが、心を鬼にして阿内に暴行を加えた。

惨めな姿で横たわる阿内は、「今度は娘の番だ」という脅しに負け、神津組若頭・ 三國俊也が自分の持ちアパートに氏家勝一を匿っていると自供した。

仲間である三國が裏切者だったと知らされ、組長の土岐をはじめ組員たちは動揺をかくせない。

しかし、ここまでの流れは阿内の想定内のことだった。

阿内はわざと自分を拉致させ、迫真の演技で三國のアパートまで東鞘会をおびき寄せたのだった。

東鞘会の組員が到着すると、待っていたのはヒットマンとマシンガンを持った勝一だった。

そこで三國は、自分は潔白だと証明するため、命をかけて土岐を守った。

土岐は、三國がシロだったことを知り、血にまみれた身体を抱きめた。

そして、土岐も撃たれ倒れそうになるなか、勝一が兼高を撃たなかったことを見て兼高が警官だったことに気づいた。

「まさか…お前がな。イヌめ!あの阿内っていう警察…とんでもねぇ奴だな。」

そして兼高は土岐にトドメを刺した。

息を引き取った土岐を前にたたずむ兼高に、勝一は「さぁこの勢いで 十朱の首を獲るぞ!東鞘会潰しのためなら警察がいくらでも援助してくれる」親しげに話しかけた。

勝一は警察のコマに過ぎなかった。兼高は「お前はここまでだ。」と勝一を撃ち殺した。

兄弟

その後、何も知らない十朱は、親分殺しの裏切者として絶縁し、自分を支えてくれた土岐の死に落胆した。

そんななか、兼高は最近様子のおかしい弟分の室岡秀喜から食事に誘われる。

特異な環境で育った室岡は、根っからのサイコキラーだが、兼高に懐いていた。

兼高も、一緒に修羅場をくぐってきた室岡を仲間として認識していた。

室岡は、食事をしながら突然「兄貴…俺の前から消えろ!海外に逃げろ!」と言った。

三國は生前、面白くおもわない兼高の弱みを握ってやろうと、独自に調査して、兼高が警察と通じていることを知った。

そして、その事実を室岡にこっそり教えていたのだった。

自分を始末をせずに見逃してくれようとする室岡に、兼高は心が痛んだが、自分が警察官だと告げた。

そして、兼高は室岡を殺し、< おれは終わりだ。これから秘密を奪いとる>と阿内にメッセージを残した。

秘密のありか

兼高は、警視庁が恐れるデータは、十朱が信頼していた土岐の内縁の妻の店にあると予想した。

店に到着すると、そこに十朱が待ち構えていた。

十朱は、室岡の様子から兼高が警察官ということに気づいていたのだ。

そんな十朱に兼高は「是安さん」と呼びかけた。

十朱は「なつかしい名前だ。おれのもとに来い。おまわりさん」と兼高に自分と同じように極道の世界に入ろうと誘った。

かつて十朱は東鞘会の三羽ガラスに殺される覚悟で、 自分は警察官で、警視庁と手を切ると打ち明けた。

冷酷な警察よりも、 血の通った極道の方を選んだのだ。

その証拠に、東鞘会の指揮を執り、十朱を操っていた上司の木羽の家族を拉致し、木羽も殺害した。

その行為を本物だと認めた土岐たちは、暴力性とカリスマ性を備えた十朱をトップに君臨させた。

十朱がいる限り、警察は東鞘会に手出しが出来なくなると考えたからだった。

それを聞いても、兼高は「おれには任務をやり抜くしかない。」と十朱の誘いを断った。

十朱は組員と共に、兼高を拉致して殺そうとするが、そこに阿内の乗った車がつっこんできた。

そこで銃撃戦となり阿内は、瀕死となるが、十朱を撃ち殺し「兄貴(木内)。仇はとったぜ」と言い残し、息を引き取った。

生き残った兼高は、無事に警察組織に十朱の秘密が詰まったSDカードを渡した。

任務を終えた兼高は出月梧郎に戻ったが、こっそり十朱が持っていた 秘密のデータを添付したメールを各報道機関に送った。

この行為は、自分が警察からも極道からも追われることを意味する。

十朱、土岐、室岡、阿内….罪を犯した者は、死をもって裁かれた。

出月は、今度は自分の番だと覚悟を決めていた。-END-

『ヘルドッグス』感想

とにかく暴力、リンチ、終始、凄惨な描写に目を背けたくなる!!これはキツイ…。

でも、バイオレンスよりも、ノワールな世界に引き込まれ、読む手が止まりませんでした。

自分が、警察の犬であることがバレてしまえば、即、死が待っているというヒリヒリとした緊張感。

善と悪は隣り合わせで、冷酷な警察も残酷なヤクザも外道なとこは同じという皮肉。

むしろ室岡、土岐、三國…を始めとするヤクザの方が、人間味があるように思えてきます。

だからこそ、出月の悪を叩きのめしたいという思いと、兼高の死線を乗り越えた仲間への愛情との葛藤が、苦しいまでに伝わってきます。

裏切り者だと暴かれる不安と警察に戻れない不安。どちらも地獄ですね。

それにしても、正義感に燃え警察官になった主人公が、上司の復讐の駒となり、最後に選んだ道は茨過ぎる…。

兼高の唯一の救いである衣笠典子さんが、ヤクザトップの首をポキリとやり、復讐を成し遂げられたのは良かった。

主人公がキラーとして血で手を汚す物理的な痛みと、警察官のアイデンティティが揺らぐ精神的な痛み。両方の痛みを巧みに描ききるところは、さすが深町秋生さん。

第3回「このミステリーがすごい!」大賞を受賞したのも納得。

極道モノが苦手な方でも、重厚感のあるストーリーと最後まで分からない結末は、ミステリーモノとしても極上!ぜひ読んで頂きたいです。


ヘルドッグス 地獄の犬たち (角川文庫)

映画『ヘルドッグス』キャスト相関図は⇒こちら

最後に

『ヘルドッグス』は、生と死の狭間で生きる男たちの、愚かさ、哀しさ、カッコよさが光る作品でした。

そのネタバレのポイントは、

三羽ガラスは十朱が警察官だと知ったうえで、それを利用しトップに据えた
阿内は綿密な計画と執念で、信頼する先輩の仇を討った。
ヤクザ兼高は仲間を殺し出月に戻ったが、秘密のデータをマスコミに暴露し警察も裏切った。

です。

なお、こちらを原作とした岡田准一さん主演の映画『ヘルドッグス』は2022年秋公開です。

入れ墨をいれ、悪に徹する岡田さんの演技にも来たいしたいです。

-Sponsored Link-

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。