降谷凪はMEGUMIと降谷建志の息子!顔は似てるか画像で検証

子役

Dragon Ash の降谷建志さんとMEGUMIさんの息子である降谷凪(ふるや・なぎ)くんが俳優デビューしたと話題になっています。

2人の子どもとなると、「どっちに似ているんだろう?」「年齢はいくつ?」「デビューのきっかけは?」など気になることがいっぱい。

そこで今回は、降谷凪くんのプロフィールや経歴を画像を交えながら、ご紹介します。

Sponsored Link

MEGUMIと降谷建志の息子・降谷凪プロフィール

降谷凪の両親や祖父

降谷凪くんの両親が、Dragon Ash の 降谷建志さん MEGUMIさんであることは明らかになっていますが、よく考えてみると祖父は 古谷一行さんですよね。

古谷一行さんといえば、金田一耕助役でも知られる、有名な俳優さん。

古谷一行さんの役者のDNAが孫の代で開花したのでしょうか。

金田一少年の事件簿の主役・金田一 一を演じれば「リアルじっちゃんの名にかけて」ですね(笑)。

将来がとっても楽しみな降谷凪くんです。

降谷凪の年齢

降谷凪くんの生年月日は2009年2月6日で、現在(2019.12)の 年齢は10歳。

学年でいうと 小学校4年生ですね。

「もうこんな大きな子どもがいるの?」と驚いてしまいましたが、現在、降谷建志さんが40歳、MEGUMIさん38歳なのであり得る年齢ですね。

凪くんは一人息子で兄弟はいません。

MEGUMIさんがバラエティ番組で、「うちの息子は、ソファーでリモコンもって“すぽると!見てる。とても2歳とは思えない ふてぶてしさ。”」と話していたのを思いだしました。

また、エキセントリックだけど優しい性格らしく、MEGUMIさんはメロメロだそうです。

そんな息子さんが10歳になり、俳優デビュー。月日が経つのは早いものです・・・。

名前の由来

降谷凪くんの“凪”という名前の由来は、MEGUMIさんがDragon Ashの 夕凪ユニオン」が大好きだったことにあります。

しかも、この曲のミュージックビデオの降谷建志さんにMEGUMIさんは、一目惚れだったとか。

確かに、渋くてカッコイイです。

降谷凪の幼稚園や小学校

凪くんの幼稚園や小学校は、公表されていませんが、噂としてあるのは 幼稚園は和光幼稚園、小学校は青山学院初等部です。

幼稚園、小学校ともに芸能人の子どもが多く通う“名門”と呼ばれる学校。

お父さんの降谷建志さんも青山学院初等部に通っていたので、同じ学校を選んだ可能性もありますが、確証は得られていないので参考程度に留めておきましょう。

-Sponsored Link-

降谷凪は『ラストレター』で俳優デビュー

降谷凪くんが、俳優デビューをするのは、岩井俊二監督の最新作 『ラストレター』です。

 

手紙の行き違いをきっかけに始まったふたつの世代の恋愛と、それぞれの心の再生・成長を描くオリジナルストーリー

とのことですが、手紙といえば過去に岩井俊二さんが監督した中山美穂さん主演の『Love Letter』を思いだしますね。

ストーリーの連続性も気になるところです。

『ラストレター』での凪くんの役は、主人公の裕里(松たか子)と宗二郎(庵野秀明)の間の息子・岸辺野瑛斗役です。

顔はどっちに似てる?

私が画像を見る限り、父親の降谷建志さんに似ていると感じました。

綺麗な顔立ちですし、イケメンに成長しそうですね~

雰囲気もあるし、どこか子役時代の柳楽優弥さんに似ているような気もします。

デビューのきっかけ

岩井俊二監督は、瑛斗役の子役を探すもなかなかイメージに合う子どもが見つかりませんでした。

そこで、オーディションを開き、約200名の応募者のなかから大抜擢されたそうです。

これには、「一般人とはスタート地点が違うよね」「2世タレントは優遇されている」などの意見もありますが、共演している松たかこさんのように、二世タレントという肩書きを取り払えるくらい頑張ってほしいですね。

コネも実力のうちです!素晴らしい演技をしてくれれば、誰も文句は言わなくなるでしょう。

最後に

MEGUMIと降谷建志の一人息子で俳優デビューする降谷凪くんは、端正な顔立ちのイケメンでした。

二世と言われてプレッシャーもあるかもしれませんが、人気・実力ともに自分の努力で勝ちとって活躍してほしいですね!

デビュー作『ラストレター』は2020年1月17日公開なので、凪くんの演技力を含めとっても楽しみです。

-Sponsored Link-

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。