• HOME
  • ブログ
  • 邦画
  • 『聲の形(映画)』キャラクター&声優一覧!嫌われ者ばかりの登場人物?!

『聲の形(映画)』キャラクター&声優一覧!嫌われ者ばかりの登場人物?!

邦画

聴覚障害と健常者のリアルな交流や、いじめ、自殺などセンセーショナルな問題を織り交ぜた映画『聲の形』。

綺麗ごとでは済まされない物語を彩るのは、不快感さえも感じる人間味あふれるキャラクター達。

そこで今回は映画『聲の形』のキャラクターと声優を一覧にしてご紹介します。

Sponsored Link

映画『聲の形』キャラクター・声優一覧

主要キャラクター

キャラクター 声優
石田将也
小学生の頃はガキ大将だったが、硝子へのいじめをキッカケにクラスで孤立。高校3年生になってもトラウマから人の顔を見るのが苦手。
入野自由
『千と千尋の神隠し』のハク役、『キングダム ハーツ』のソラ役で知られる。
松岡茉優(幼少期)
『万引き家族』『勝手にふるえてろ』などで知られる女優。ピクサーアニメ『カーズ』でも声優を務めた。
西宮梢子
先天性聴覚障害を持つヒロイン。クラスに溶け込もうと努力するが空回りし、いじめの対象に。他人とぶつかり合うのが苦手で、愛想笑いをしてしまう。
早見沙織
『プリキュア』花海ことは / キュアフェリーチェ、『幼女戦記』ヴィーシャで知られる。

水門小学校の人々

植野直花
黒髪ロングの少女。気が強くサバサバした性格。梢子のノートに悪口を書いていじめていた。将也に好意を持つ。
金子有希
『アイドルマスター』高森藍子、『ゴッドイーター』プレイヤーボイスで知られる。
佐原みよこ
そばかすのある少女。小学校の頃から手話を覚えるなど梢子に優しかった。不登校だったため、梢子や将也へのいじめを知らない。
石川由依
『進撃の巨人』ミカサ、『ガンダムビルドファイターズ』コウサカチナを担当している声優
川井みき
メガネをかけている少女。直接的に梢子をいじめてはいないが、陰で植野と悪口を言っていた。八方美人な性格。
潘めぐみ
『ちはやふる』花野菫、『デジモンアドベンチャー』高石タケルの声で知られる。
島田一旗
将也の仲間。梢子のいじめに加担していたが、将也の度をこしたいじめを諫めたりはしていた。中学になって将也のいじめを言いふらし孤立させていた。
西谷亮
『デュエル・マスターズ』のシャチョー役などを担当。
小島幸子(幼少期)
『ハートキャッチプリキュア!』多田かなえ役などを担当。
広瀬啓祐
将也の仲間。ふくよかな体型。将也のことを島田と共に吹聴していたが、高校になって、一切干渉してこなくなる。
増元拓也
『アイドルマスター』信玄誠司などを担当。
武田華(幼少期)
『団地ともお』吉田由伸、吹き替えはエマ・ストーンを担当。
竹内先生
梢子への支援をクラスメイトに押し付けている放任主義な担任。いじめもも「自己責任」としたり責任感のない教師。
小松史法
『ジョジョの奇妙な冒険シリーズ』ジャン・ピエール・ポルナレフなどで知られる声優。洋画吹き替えも多く担当。

東地高校の将也の友人

永束友宏
おもしろい髪型の小柄でぽっちゃりした将也の友達。将也に助けられ仲良くなった。お調子者で涙もろい一面も。将也を「やーしょー」と呼ぶ。
小野賢章
『黒子のバスケ』の黒子テツヤ役、『ハリー・ポッターシリーズ』のハリーの日本語吹き替え声優として知られる。
真柴智
みきを通じ将也と友達になるイケメン。人によっては冷淡に接することもある。過去にいじめられていたこともあり、いじめを行う者を嫌っている。
豊永利行
『東京喰種』永近英良役などで知られる。

主要キャラクターの家族

西宮結絃
梢子の3歳したの妹。少年のような恰好をして、自分のことを“オレ”という。姉をいじめていた奴を恨んでいる。写真撮影が趣味。
悠木碧
『君の名は。』ヒロイン友人・名取早耶香、『妖怪ウォッチ』未空イナホ役などで知られる。
西宮八重子
硝子と結絃の母親。手話を覚えようとはしない厳しく冷淡な母。梢子をいじめてtいた将也に平手打ちをする。結弦との関係も悪い。
平松晶子
『逮捕しちゃうぞ』小早川美幸、『藍より青し』神楽崎雅、『ケロロ軍曹』日向秋の声で知られる。
石田美也子
美容院を営む将也の母。元ヤンのような髪型をしているが、子供思いで優しい。梢子の補聴器をすぐに弁償するなど責任感もある。
ゆきのさつき
『犬夜叉』日暮かごめ、『名探偵コナン』大岡紅葉、『銀魂』志村妙で知られる。

アニメ『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』のキャラ&声優は⇒こちら


-Sponsored Link-

『聲の形』のキャラはクズだらけ?!

『聲の形』は、障碍者やいじめ、自殺などナイーブでセンセーショナルな問題も扱っているだけあって、キレイなだけの作品ではありません。

善悪の分かりやすいキャラ分けもされておらず、みんな何かが欠落していたり、弱い部分をかかえています。

そのため、観る人によっては「不快」「全員好きになれない」などの声が聞かれます。

そこで、ここでは主要キャラクターが嫌われる理由を探ってみたいと思います。

主人公の将也

まずは、障碍者の梢子をいじめるも、後に反省し更生する主人公の将也です。

後悔し、梢子に献身的に尽くし、償おうという気持ちは分かるのですが、小学校のときの“いじめ”がエゲつない。

水をかけるなんてカワイイもんで、補聴器を何度も盗って、捨てるなんてありえません。(被害総額170万!)

いくら、謝られても到底許されるレベルのものではないですね。

保身ばかりの川井

眼鏡をかけた優等生の川井さんは、一見 親切で面倒見がよさそうにみえますが、一番タチが悪いタイプ。

小学校の時は、梢子の悪口を陰で言っていたにもかかわらず、お涙ちょうだいの演技で将也にすべての罪を擦り付けた女です。

それは高校生になっても変わらず、好きな男子・真柴の前で、自分がいじめに加担していたことを隠すために、「石田君はね…昔ある女の子をいじめていたの!」大声で話すなど、保身に走ります。

また、自分のことをカワイイと思っている節があり、それが“あざとい”などとも揶揄されています。

竹内先生

大人の中で、クズさが際立つのが担任の竹内先生。

聴覚障害のある梢子をクラスメイトに丸投げし、いじめを黙認。

いざ、学校で梢子のいじめが表面化すると、何も聞かずに将也を犯人扱いし、自分の監督責任から逃れているように見えます。

『聲の形』には他にも、

植野・・・梢子へのいじめの反省もなく、補聴器を取りあげる。
島田・・・自分も梢子をいじめていたのに、将也にすべて罪をなすりつけ、中学でも将也を苦しめる。
梢子の母・・・子供に強くなって欲しいというが、冷淡にしかみえない。将也の母のピアスを引きちぎる。
将也の母・・・基本は子ども思いの良い母だが、自分の息子がいじめをしたのに、叱りもしない。放任主義が過ぎる。

など、梢子の妹・結弦やモコモコ頭の永束 以外の主要キャラクターは、クズ度が高めです。

逆を言えば、みな人間味あふれる人達です。

原作では、この後 みんなで映画を制作したり、竹内先生に会いにいくというシーンもあり、もう少し登場人物の背景も丁寧に描かれいるので、読んでみるのもオススメです。

-Sponsored Link-

最後に

『聲の形』の地上波を見逃してしまった方は、動画配信サービスU-NEXTで視聴可能。

いまなら、新規登録でプレゼントされる600ポイントで『聲の形』が無料で見れちゃいます。

おまけに、31日間無料キャンペーン中!(キャンペーン期間中に解約すれば、費用は一切かかりません。)

なお、この配信情報は2020年7月時点のものです。

配信が終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、現在の配信状況については、各動画配信サイトのホームページもしくはアプリをご確認ください。

詳しくはここを⇒クリック

\今すぐ映画【聲の形】を見る!/

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。