『竜の道』第1話から最終回までのあらすじ結末ネタバレ!

動画無料視聴

双子の復讐と人間の欲望、そして男女の愛憎を描いたドラマ『竜の道』。裏社会に生きる竜一(玉木宏)と、エリート官僚の竜二(高橋一生)の絆に徐々に亀裂が入っていく展開は、本当にハラハラさせられました。そこで今回は、久々に見ごたえあるドラマと言われた『竜の道』の第1話から最終回までのあらすじと結末ネタバレをご紹介します。

-Sponsored Link-

『竜の道』第1話から最終回までのあらすじ


-Sponsored Link-

第1話「<前編・後編>破滅させてやる!!死んだはずの双子の兄 復讐のために顔を変え別人に!それを知るのは弟ただ一人」

1997年、福岡。幼いころに実の両親に捨てられ、小さな運送会社を営む吉江夫妻に引き取られた双子の竜一(少年時代:阪本光希)と竜二(少年時代:阪本颯希)は、夫妻の実の娘である5歳の妹・美佐(幼少期:宮地美然)と仲良く暮らしていた。
しかし、キリシマ急便の社長・霧島源平(遠藤憲一)の悪質な乗っ取りに遭い、養父母は自殺。竜一と竜二は、源平への復讐を誓い合う。
それから7年後、22歳の竜一は突然帰らぬ人となってしまう。ところが、その数カ月後、竜二(高橋一生)の前に現れたのは、顔も名前も違う竜一を名乗る男(玉木宏)だった。
竜一は裏社会の人間として、竜二は国土交通省のエリート官僚として、源平やキリシマ急便の周辺の情報を探っていく。成長した美佐(松本穂香)にも本当のことを告げず、復讐計画を進めていく2人はキリシマ急便の不祥事のネタをつかむが・・・。
出展元:FOD公式サイト

第2話「妹と予期せぬ再会・・・秘密知った男を消す?狂い始める復讐計画」

キリシマ急便の得意先企業の炎上騒動に乗じて、経営コンサルタントとして源平(遠藤憲一)に近づこうとする竜一(玉木宏)。しかし、ある人物に竜二(高橋一生)との会話を聞かれ、復讐計画を知られてしまう。一刻の猶予もないと悟った2人は、父・源平の強引なやり方に反発する跡取り息子の晃(細田善彦)を利用し、次の手を打つことに。
そんななか、竜二に会うためにホテルを訪れた竜一は、そこで偶然、妹の美佐(松本穂香)と再会。妹の成長した姿を初めて目の当たりにした竜一は・・・。
その後、キリシマ急便のパーティーに参加した竜一は、竜二のアシストで晃に近づくことに成功。源平の元にも何食わぬ顔で挨拶に行くが、そこへ、兄弟の秘密を知る人物が現れて・・・。
出展元:FOD公式サイト

第3話「悪女を落とす復讐の罠!思わぬ敵の反撃」

源平(遠藤憲一)の息子である晃(細田善彦)の信頼を勝ち取り、計画通りキリシマ急便の経営コンサルタントの座についた竜一(玉木宏)。一方の竜二(高橋一生)は、源平が娘のまゆみ(松本まりか)の婿養子として、有力政治家を父に持つ同じ国交省の三栗谷仁志(尾上寛之)を迎え入れ、晃に代わる後継者にしようとしていることを知り、まゆみへ積極的にアプローチをかけ始める。
そんななか、竜二は大臣が絡む重要なプレゼン案件を任される。復讐のために出世を狙う竜二は精力的に取り組むが、なぜか不可解なトラブルが続発。そんな竜二の元を三栗谷が訪ねてきて・・・。
一方、美佐(松本穂香)は、SNS上での生徒のトラブルについて相談するため、“和田猛(竜一)”の会社を訪れる。
出展元:FOD公式サイト

第4話「過去を暴かれ復讐に暗雲・・・妹に悪女の罠」

ネット通信販売大手のエニイウェイズとの契約を勝ち取るため、無謀な業務拡大を加速する源平(遠藤憲一)。竜一(玉木宏)はそんな源平に対して反発を強める息子の晃(細田善彦)に、クーデターを起こすようけしかける。
一方、まゆみ(松本まりか)からホームパーティーに招待された美佐(松本穂香)は、竜二(高橋一生)がまゆみとの結婚を望んでいることを知る。ごう慢なまゆみの態度に戸惑いながらも美佐は竜二と血のつながりがないことを告白。すると、まゆみの顔からみるみる笑顔が消えて・・・。
両親の形見の人形がキリシマ急便のグッズだったこと、そして霧島家の娘であるまゆみと竜二の不自然な関係に疑問を感じた美佐は、過去を知ろうと動き出す。そんななか、美佐の身に不審な男たちの魔の手が迫る。
出展元:FOD公式サイト

第5話「兄の秘密明らかに 仇の社長追放へ始動」

美佐(松本穂香)が両親の自殺の原因を知ってしまった。まゆみ(松本まりか)に近づいたのは、キリシマ急便への復讐が目的なのではないかと美佐に問い詰められた竜二(高橋一生)は何とかその場をやり過ごすが、一方で、美佐が密かに竜一(玉木宏)を頼りにしていることに気づき、胸のざわつきを覚える。
それからしばらくして、竜二は視察という名目でキリシマ急便へ。国交省での自分の立場を示すことで、源平(遠藤憲一)にプレッシャーをかけようとする竜二に対し、源平は思わぬ反撃材料で窮地に追い込んでいき・・・。
一方、竜一は、晃(細田善彦)を使って源平を追い出すクーデター計画を進めていくが、自分の復讐計画が美佐や周りの人間を巻き込んでいくことに内心苦しんでいた。そして、憎しみに耐えながら源平と良好な関係を築こうとしている竜二に「ある提案」を持ちかける。
出展元:FOD公式サイト

第6話「仇の妻に異変!弱みにつけ込む追放計画」

晃(細田善彦)が取締役の半数以上を味方につけ、源平(遠藤憲一)追放に向けたカウントダウンが始まる。一方、夫と息子の関係悪化に胸を痛める芙有子(斎藤由貴)は、2人の仲を取りもとうと源平に歩み寄るが、結婚当初からある想いを抱えていた源平は、芙有子の話を聞こうともせず怒りを爆発させる。ところがその矢先、芙有子が突然病に倒れ、源平は激しく動揺する。
竜二(高橋一生)と真剣に付き合うことを決めたまゆみ(松本まりか)は、美佐(松本穂香)との親交を深め、さらに、ひょんなことから竜一(玉木宏)と竜二、晃を含めた5人で食事をすることに。その席で竜一と竜二は「ある作戦」に出る。しかし、会話は思わぬ方向に進んでいき・・・。
そのころ源平は、芙有子の傍らで完全に精気を失っていた。竜一は今がチャンスとばかりに取締役会を決行するが、当日、思わぬ事態が起きる。
出展元:FOD公式サイト

第7話「復讐劇は最終章へ!ついに暴かれる秘密」

芙有子(斎藤由貴)を失った源平(遠藤憲一)は、さらに危険な経営へと暴走し仕事に没頭し、何とかして大手通販会社との契約を勝ち取ろうと躍起になる。源平の焦りに乗じて、竜一(玉木宏)と竜二(高橋一生)は、曽根村(西郷輝彦)の手を借り、復讐の最後を飾るにふさわしい計画を実行することに。
この計画ですべてが終わるかに思われたが、ある人物の裏切りにより、思わぬ方向へ。反対に、竜一が窮地に追い込まれてしまう。
一方、記者の沖(落合モトキ)が竜一を嗅ぎまわったことが発端となり、美佐(松本穂香)は、故郷にいる親族から竜一が生きているかもしれないと聞かされ、言葉を失う。にわかには信じられない話だったが、東京で“和田猛”と出会ってからのことを思い返した美佐は・・・。
出展元:FOD公式サイト

第8話(最終回)「正体暴かれ絶体絶命の兄が下す最後の決断とは」

源平(遠藤憲一)の殺人教唆の証拠を手に入れられず、打つ手がなくなった竜一(玉木宏)は、さらに沖(落合モトキ)から“矢端竜一”が生きている証拠を突きつけられ、窮地に陥る。
そのうえ、沖が美佐(松本穂香)にまで近づいたことを知り、竜一はますます焦りを募らせる。一方、エニイウェイズとの契約内定を取り付け、ついに悲願である運送業界トップの座が視野に入ってきた源平は、一層言動に狂気を帯びていく。
これ以上竜一に危険なことをさせたくない竜二(高橋一生)は、「俺に計画がある」と次の手を持ちかけようとするが、竜一は話を聞くより先に、ある決意を胸に美佐の元へ。翌日、異変を感じて竜二が駆けつけると、竜一は衝撃の事実を打ち明け、「もうお前はいらねぇ」と、竜二に銃口を向けて……!?
出展元:FOD公式サイト

以下からネタバレを含みますので、まだ作品を見ていない方や結末を知りたくない方はご注意下さい。

-Sponsored Link-

『竜の道』ネタバレ!結末は…

竜一と竜二の関係に亀裂?!

沖は、美佐にまで近づき、竜一が和田毅であることを告げた。

竜一は凛子の忠告も聞かずに、沖と会うことにした。

竜一は、沖がこれまで、不正を記事にするといって当事者を脅し、金を受け取ってきたことを暴いていた。

開き直った沖は、不正をしたことを認めたが、竜一の実家で見つけてきたエンピツと、現在の和田毅の指紋が一致したという証拠があることを話した。

そして霧島源平に復讐するために竜二が国交省のエリート官僚になり、竜一は名前も顔も変え人殺しをしたことも調べあげてきた。

数日後、竜一は美佐に会いにいき「オレいなくなっても、兄は妹の幸せを祈っている。だから…」と言い、子どもの頃に竜一が美佐にしていたように頬をつねり「強うならにゃいけん。」といい去っていった。

美佐の自分の正体を告げた竜一は、自分の犯罪が世間にバレてしまうと、美佐と竜二にも迷惑がかかってしまうと考え、沖を呼び出し殺してしまう。

竜一と沖が会っていたことを知った竜二は、「邪魔する奴らを消してたら源平と同じじゃねーか。」と叫んだ。

竜一と竜二はそのままもみ合いになり、ついに竜一は竜二に銃口を向け発砲した。

沖の正体は…竜一のピンチ

そして、竜一はヤクザの曽根村のもとに向かった。

曽根村は、「沖をやったか…」と言い、 沖は行方不明になった自分の息子だと告げ、「オレの息子が竜一のよう骨のある息子だったらな…でも。どんなに愚かでも実の息子だ。ケジメをつけてもらう。」と言った。

竜一は、とっさに銃を出そうしたが、曽根村が刀を出した方が早かった。

竜一は、曽根村の部下に囲まれ、拉致されてしまった。

美佐が竜二の元にかけつけると、 竜二は生きていた…。

竜一は、竜二に銃口を向けたものの、近くの壁に発砲しただけだったのだ。

竜二は美佐に「竜一は1人で復讐つもりだ。」と言った。

心配になった美佐は、凛子が竜一に仕掛けた追跡アプリで竜一の居場所を突き止め、曽根村に竜一がどこにいるか問いただした。

曽根村は美佐に、「お前は、腹の座り方が兄貴に似ている。 竜一は生かしておいたよ。あいつが復讐の末にどんな生き様をみせるのか興味があってな。」と言った。

瀕死の重傷を負いながらも竜一は、凛子によって保護され自宅に戻ることができた。

双子の計画

一方、竜二は運輸大臣に直接会いにいき、エニウェイズにキリシマ急便を吸収合併させようと画策していた。

そして、竜二はキリシマ急便の役員たちに、「運輸業界の安全を守るために、キリシマ社長の暴走を止めなければいけません。阻止するためには、これまでの不正をすべて明らかにして、キリシマ急便を潰すしかない。しかし、潰されたくないなら、大人しくエニウェイズに吸収合併し、霧島社長に辞めて頂くことです。」 「キリシマ急便として消滅するか、名前を変えて生き残るか、どちらを選びますか?」と言った。

数日後、竜一は霧島源平を部屋に呼び出し、自分が和田毅ではなく、吉江運送の竜一であることを明かした。

竜一が、「お前のせいで、自殺してしまった家族はいっぱいいるんだぞ。」と源平に問うと、源平は反省するどころか 「わしは法をおかしとらん。証拠がなけりゃ無罪じゃ。自業自得じゃ。」と言った。

そして 源平は、竜一が復讐のために、これまで行ってきた犯罪の記事を沖から買ったと言い出し「これを世間に出さない代わりに、竜二にエニウェイズとの契約前にウロチョロするな。と言っておけ」と言った。

源平が、ずっと前から自分たちの正体を知っていたことに愕然とした竜一は、源平に銃口を向けたが撃てなかった。

それを見た源平は「やっぱり、負け犬の子は負け犬じゃな。これでキリシマ急便は日本一じゃ!」と言い、部屋から去っていった。

竜一が、海で佇んでいると、竜二と美佐がやってきて、三人は13年ぶりに再会した。

竜一は「オレのせいで、お前らの人生を破壊してしまった。お前らはそれぞれの道で生きていけ。」というと、竜二は「じゃオレが一人で復讐する。お前はいつも汚いことを引き受けてるから。」と言った。

美佐も「私は、誰のせいにもせず強く生きようと思ってきた。でも、二人が苦しんできたことを知って、笑ってはいられない。復讐することでしか救われないこともある。これからは3人で分け合おう。辛かったら一緒に泣こう。」と言いった。

決意が固まった3人は、再び源平の復讐をに向かうことにした。

一方、まゆみは源平から「矢幡竜二のことは忘れろ。新しい相手を見つけてやる」と言うと、まゆみは「愛を信じない私とアンタは似てる。誰も信じられないことも。お母さんの手紙はアンタの心に届いているんでしょ。それに気づかないフリして。 さようなら、お父さん。」と別れを告げた。

結末

エニウェイズとキリシマ急便の契約の日ー。

竜一と竜二は、霧島源平と対峙した。

「あんたは、今日キリシマ急便を失うことになる。」

竜二は、エニウェイズがキリシマ急便を吸収合併すること、社員も同意していること、源平が社長から降りるようにと言った。

源平は「クソガキの負け犬が!つまらんことで何年も恨んで!オレは金と人脈は持っとるけんのう!そんなことひっくり返せるわ。」と返した。

すると竜一が、ある動画を源平に見せた。

それは、この前、竜一と源平が会っていたときのもので、源平はハッキリと不正をもみ消していたことを認めている様子の動画だった。

竜二は 「霧島さん安心してください。大事なお客さんの荷物は、エニウェイズがしっかり運びますけぇ。」と、子どものころに源平から言われた言葉を、そのまま突き付けた。

そして、竜一は「詫びるんだったら、コレを使え。」と源平に銃を渡した。

復讐後

その後、源平の動画は、凛子によって瞬く間に拡散され、キリシマ急便はエニウェイズの吸収合併された。

すべて失った源平は妻の遺影の前で、竜一からもらった銃をこめかみに当て引き金を引いた…が、 銃に弾はこめられていなかった。

竜一は、UDコーポレーションを凛子と砂川に任せた。

竜二は国交省を辞め、まゆみに「竜一の罪が表に出れば、まゆみを巻き込むことになる。」と謝り、別れを告げた。

美佐は、また昔の3人に戻れたことを喜び「今度。みんなで鍋をしよう」と誘った。

数日後、竜一は鍋パーティーに参加するため、竜二と美佐との 待ち合わせ場所に向かっていたその時!何者かが竜一の脇腹にナイフを刺した。

その人物は、昔 竜一が、復讐と金のために殺した 大野木の息子だった。

そして竜一は、3人で鍋を囲む様子を夢にみながら、意識を失っていった…。END。

最後まで読めない結末でしたが、ラストは因果応報で、竜一が源平にしたように、自分が殺した息子に復讐される形で幕を閉じてしまいました。

『竜の道』は、久々に重厚感のある見ごたえのあるストーリーでしたが、玉木宏さん、高橋一生さんの迫真に迫る演技や、松本まりかさん、遠藤憲一さんの悪役っぷりはぜひ映像で見て欲しいものです。

ということで ここからは、ドラマ『竜の道』の動画を第1話から最終回まで無料で安全にフル視聴する方法をご紹介します。

『竜の道』の動画を全話無料で見る方法

ここからは、『竜の道』の全話の動画を無料で安心・安全に見る方法をご紹介します。

早速ですが、ドラマ「竜の道」が配信されている動画サービスは以下になります。


宅配レンタル

配信なし

配信なし

配信なし

配信なし

配信なし
Amazon
プライムビデオ

有料配信

配信なし

『竜の道』は、宅配レンタルサービスのTSUTAYA DISCASで無料レンタル可能でした。

『竜の道』の動画をTSUTAYA DISCASで無料で見る方法

「竜の道」の動画配信サイトを調べてみると、TSUTAYA DISCASの宅配レンタルで無料視聴することが可能でした。

TSUTAYA DISCAS定額レンタル8プランってどんなサービス?

TSUTAYA DISCASの基本情報

TSUTAYA DISCAS定額レンタル8プランは、本やレンタルでお馴染みのTSUTAYAが運営する動画配信&宅配サービスです。

月額料金:2,052円(無料期間終了後に課金開始)
無料期間:30日間
解約料金:0円
DVD宅配レンタルのTSUTAYAディスカス
【ネットで簡単DVDレンタルTSUTAYA DISCASの6つの特⻑】
月額料金30日間無料
宅配レンタルで動画配信にない作品も見れる
本登録後は新作DVD8本までOK
旧作DVD・CD全品は借り放題
自宅で受け取り、ポストに返却
翌日配達率98%(北海道・九州地域除く)

無料お試し期間中に解約すれば、料金は一切かかりませんのでご安心ください。

\簡単登録いつでも解約/
ネットで簡単DVDレンタル【TSUTAYA DISCAS(定額レンタル8)(ツタヤディスカス)】*SEO
30日間無料お試し(0円)

TSUTAYA DISCASの「定額レンタル8プラン」

TSUTAYA DISCASとは、ツタヤの店舗に行かなくても自宅にいながら DVDがレンタルできるサービスのことです。

レンタル作品をリストに登録すれば、自宅まで届けてくれて、返却時はポストに投函するだけなので、店舗にいく時間と手間が大幅に削減できます。送料も無料!

TSUTAYA DISCASは、新作を含めてTSUTAYAのすべての商品を 1ヶ月8本までレンタルできます。

もし8枚すべてレンタルできなくても、 余った分は翌月に繰り越せるので安心。

なぜかどこも配信していない懐かしのドラマや映画、ジブリ作品なども豊富にあるので、どうしても観たい作品がある方はTSUTAYA DISCASで探してみて下さいね。

TSUTAYA DISCASの5つのメリットまとめ

初回入会より30日間無料でお試し!
新作DVD8本までOK
旧作DVD・CD全品は借り放題
上限枚数までレンタルできない場合は翌月まで自動繰り越し
ジブリ作品が見れる

\簡単登録いつでも解約/
ネットで簡単DVDレンタル【TSUTAYA DISCAS(定額レンタル8)(ツタヤディスカス)】*SEO
30日間無料お試し(0円)

まとめ

『竜の道』が見れる公式サービスは、宅配レンタルサービスTSUTAYA DISCASであることが分かりました。

違法にアップロードされた動画で観るのも、公式動画配信サービスTSUTAYA DISCASで観るのも、どちらも同じ無料で観る方法です。

TSUTAYADISCASは大手が運営しているだけあって、その安全性とサービス、内容の充実はさすがの一言です。

今なら、お得な無料キャンペーンもありますので是非お試しください。作品の配信情報は2022年9月時点のものです。配信が終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、現在の配信状況については各動画配信サイトのホームページもしくはアプリをご確認ください。

\簡単登録いつでも解約/
ネットで簡単DVDレンタル【TSUTAYA DISCAS(定額レンタル8)(ツタヤディスカス)】*SEO
30日間無料お試し(0円)

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。