『恋する母たち(ドラマ)』キャスト・相関図・原作ネタバレ

国内ドラマ

有名進学高校に通う落ちこぼれの息子を持つ3人の母の結婚、恋愛、人生を、それぞれの視点で描くドラマ『恋する母たち』は、夫との関係に問題を持つ母たちが、魅力的な男性と出会い、再び“女”として恋に落ちてしまうリアルなラブストーリーです。

そこで今回は、ドラマ『恋する母たち』をもっと楽しむために、キャスト・相関図・あらすじ・原作をご紹介いたします。

Sponsored Link

『恋する母たち』キャスト一覧

主要キャラクター(母たち)

石渡杏
演・木村佳乃
10年前に夫・慎吾が駆け落ちし失踪。その後不動産屋でパート勤務しながらシングルマザーとして一人息子を育てている。夫の失踪の怒りと悲しみを鎮めるため、斉木巧と肉体関係を持ってしまう。
林優子
演・吉田羊
有名企業に勤めるバリバリのキャリアウーマン。コジカフーズの宣伝部課長で、初の女性役員誕生と期待されていたが、痴漢を捕まえたことで、会社での立場が一変する。息子は引きこもり。

蒲原まり
演・仲里依紗
高級タワーマンションに住み、弁護士で高収入の夫を持つ専業主婦。グレる息子や夫の不倫に悩みながらも、自分は“上位3%の幸せな女”と言い聞かし、暮らしている。

母たちを魅了する男性たち

斉木巧
演・小泉孝太郎
妻の由香が、杏の夫・慎吾と駆け落ちしたことで、杏と知り合い肉体関係を持つ。

赤坂剛
演・磯村勇斗
優子が務めるコジカフーズの若手有望株。優子を女性として意識し、真っ直ぐに想いをぶつけてくる。

今昔亭丸太郎
演・阿部サダヲ
100年に1人と言われる天才落語家。チャリティーイベントで会った まりに一目ぼれし、強引に誘いをかける。

母たちの家族


石渡慎吾

演・渋川清彦
旅行代理店に勤めていた杏の夫。優しい夫だったはじが、会社の金を横領しクビになり、そのまま由香という女性と駆け落ちし、行方不明に。
石渡 研
演・藤原大祐
女手ひとつで育ててくれた母・杏を常に思いやる優しい性格。

石渡綾子
演・夏樹陽子
慎吾の母で会社を経営する女社長。孫の研を有名進学校に通わせることを決めた。

林シゲオ

演・矢作兼
優子の夫。小説家になるため仕事を辞め、現在無職。家事や息子の世話を引き受けてくれる優しい夫。

林 大介
演・奥平大兼
優子の息子。成績は良いが、長く引きこもり生活をおくっている。父とは仲が良い。
蒲原繁
演・玉置玲央
まりの夫。法律事務所を構える。部下の弁護士・山下のり子と不倫をしている。

蒲原繁秋
演・宮世琉弥
裕福な家庭で何不自由なく暮らす まりの息子だが、成績は学年ビリ。両親に反抗している。

その他

山下のり子
演・森田望智
まりの夫・繁樹の弁護士事務所に所属する新人弁護士で、繁樹が妻帯者と知りながら不倫関係を結ぶ。

斉木由香

演・瀧内公美
斉木巧の妻であり、杏の夫と駆け落ちをし、失踪。

-Sponsored Link-

『恋する母たち』相関図

『恋する母たち』あらすじ

主人公である母3人は、有名進学高校に通う落ちこぼれの息子を持つという共通点から知り合った。

夫が不倫相手と失踪し、シングルマザーとしてパートをしながら息子を育てる 石渡杏(木村佳乃)は、かつて夫の駆け落ち相手の夫・斉木巧(小泉孝太郎)と肉体関係を結んでしまった過去をもつ。

そんなある日、しばらく、連絡をとっていなかった斉木から杏の元に連絡が入り、動揺してしまう。

有名企業に勤めるバリバリのキャリアウーマン 林優子(吉田羊)は、小説家を目指す無職の夫と、引きこもりの息子と暮らしている。

初の女性役員誕生と期待されていたとき、痴漢として捕まえた男が会社の重要取引先の息子だと判明し、役員のポストを部下の赤坂剛(磯村勇斗)に奪われてしまう。

しかし、優秀でイマドキな部下の赤坂剛が、自分に好意を持っていると知り…。

弁護士で高収入の夫を持つ専業主婦という誰もが羨む生活をしながら、子どもの反抗や夫の不倫に悩む蒲原まり(仲里依紗)は、チャリティイベントで天才落語家の今昔亭丸太郎出会うが、丸太郎は、まりに一目ぼれし猛アタックをかけてくる。

最初は戸惑うまりだったが、夫の裏切りや丸太郎の優しさに触れ、次第に母から女になっていく。

愛した夫への気持ちがなくなった隙間に入ってくる魅力的な男性たちとの恋の行方は?既婚、子持ちの40代女性の「恋」は罪なのか?

三人の母たちは、迷い、よろめき、傷つきながら、それぞれの「正解」を見つけていくー。

『恋する母』の原作


恋する母たち 1 (ビッグ コミックス) [ 柴門 ふみ ]

『恋する母』は、恋愛の達人と言われる柴門ふみさんの同名マンガが原作です。

柴門ふみさんの作品は、これまで『同・級・生』『東京ラブストーリー』『あすなろ白書』『女ともだち』など、多くの作品がドラマ化されてきました。

アラフォー世代であれば、1つは思い入れのある作品があるのではないでしょうか。

その中でも、タイプの違う女性の恋をそれぞれの視点から描いた『恋する母たち』は、「親しみやすいキャラクター」「肉体関係の後の虚しさが切ない」「女性の心理描写がリアル」など、母たちの揺れる気持ちに共感する声が多い作品です。

例えば、石渡杏が夫の駆け落ちを知るも、すぐには嫌いになれなくて、憎みたいがために、不倫のメールを見せてもらいにいくシーン。

そんな杏は、不倫相手夫婦の写真を見ながら「こんな素敵な旦那さんがいても不倫するんだなぁ」と、他人ごとのように、ぼんやり考えてしまうのです。

夫が不倫している事実を突きつけられたら、怒り、悲しむのが普通なのかもしれませんが、あまりのショックで麻痺してしまった杏の心理が痛いほど伝わるシーンでした。

また、ママ友から排除される どこか憎めない蒲原まりは、『東京ラブストーリー』の奔放な赤名リカとソックリで、柴門さんの憎い演出に、懐かしくなりました。

原作では、主人公たちとそれぞれの男性の濃厚な絡みもあるのですが、ドラマではどのように表現されるのでしょうか。

家族とみると、少し気まづい気持ちになるかも?!。

原作に興味を持った方は、U-NEXT<ユーネクスト>で『恋する母たち』配信中です。

いまなら、1冊無料なうえ、600ポイント(600円分)プレゼントで、さらにもう1冊『恋する母たち』を読むことが可能です。

なお、この配信情報は2020年8月時点のものです。配信が終了している、またはキャンペーンが終了している可能性がございますので、現在の配信状況については、各動画配信サイトのホームページもしくはアプリをご確認ください。

詳しくは⇒コチラ

\今すぐ『恋する母たち』を読む!/

 

最後に

『恋する母たち』の三人の女性は、ただ恋に溺れるのではなく、罪悪感を持ちながら子供を大切に想っている立派なお母さんたちです。

そんな、家庭と魅力的な男性との間で揺れ動く女性たちを、木村佳乃さん、吉田羊さん、仲里依紗さんがどのように演じるのか楽しみですね。

ドラマ『恋す母たち』はTBSで、2020年10月スタートです。

-Sponsored Link-

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。