ダニエル太郎は日本語を話せる?国籍・家族・身長・彼女まとめ

スポーツ

最近、めきめき実力をつけ、錦織圭選手に続けとばかりに

活躍している日本男子プロテニスプレーヤー「ダニエル太郎」さん。

彫りの深い顔立ちやスタイルの良さから、

日本人なの?ハーフ?など疑問を持つ方の多いと思います。

そんなかっこいいダニエル太郎さんは、日本語を話せるのか?

国籍、家族、身長はたまた彼女の噂まで調べてみました。

Sponsored Link

ダニエル太郎プロフィール

まずは、日本男子史上4人目のATPツアーシングルス優勝者ダニエル太郎さんのプロフィールから。

名前 ダニエル太郎
生年月日 1993年1月27日
身長 190cm
体重 76kg
国籍 日本
プロデビュー 2010年
世界ランキング 77位

久喜市に住んでいたダニエル太郎選手は、同クラブに通っていた両親の影響で

七歳から本格的にテニスを始めます。

その頃は、試合で負けるとすぐ泣くからあだ名は『泣き虫太郎』。

それから、わずか14歳で名古屋からスペインに移住し

ダビド・フェレールが所属するバレンシアのアカデミーで練習を積みます。

2010年にはプロに転向し、2014年には全豪オープンで4大大会の予選に初挑戦します。

それからキャリアを積み2015年には、初のATPランキングトップ100入りを果たしました。

注目され始めたのは、リオオリンピックでベスト16に入賞した頃からで、

元女子プロテニスプレイヤー杉山愛さんは、ダニエル太郎選手のことを

「ダニエル太郎のプレースタイルはすごく粘り強い。相手の攻撃に耐えながらチャンスを待つ。気持ちにも安定感があって、最近はそこに攻撃力が加わり結果が出せるようになってきました」

と、高く評価しています。

そして遂には、2018年あのジョコビッチに勝利しATPツアーで初優勝を飾ります。

ダニエル太郎の父親と母親の国籍は?日本語は話せる?

ダニエル太郎さんの父親と母親の国籍はどこなのでしょうか。

また、日本語を話すことは出来るのでしょうか。


出典:ダニエル太郎 Twitterより

ダニエル太郎の家族

●父親のポールダニエルさんはアジア系アメリカ人
●母親の泰江さんは日本人

ダニエル太郎さんは、アメリカと日本のハーフです。

国籍は日本なので、国別対抗戦では 日本代表として出場しており、

日本にいた頃は、埼玉・久喜市や名古屋市に居住していました。

父親のダニエル太郎さんは、元テニスプレイヤーで、テニスのコーチをしていたそうですが、

現在の職業は会計士をしています。

また妹さんもおられるようで、お名前はダニエル可菜さんの四人家族です。

可菜さんも、プロでテニスをやられているそうで、とても仲の良い兄妹のようです。


-Sponsored Link-

ダニエル太郎は日本語を話せる?他の言語は?

ダニエル太郎さんは、なんとマルチリンガルで、一番得意なのはスペイン語。

二番目が英語。三番目が日本語と本人も語っており、

動画で見る限り日本語の発音もバッチリで、違和感なく話せています。

流暢なスペイン語に比べたら、日本語は少し苦手という程度のようです。

拠点地にロシア人が居た影響で、ロシア語も勉強中で日常会話ならOKとのこと。

すごいですね!

 

ダニエル太郎の彼女は立野リカ?

そんな日本語、英語、スペイン語、ロシア語が話せるダニエル太郎さんは

甘いマスクと190cmの身長から、日本人だけでなく海外の女性にもファンが多いとか。

そして彼女は立野リカさんでは?との噂があります。

立野リカさんは、身長177cmのモデルで

伊達公子さんに憧れて、プロのテニスプレーヤーを目指していたこともあるそうです。

ジュニア時代は全米ダブルスで優勝し、シングルでも好成績を残すほどの実力がありながら

怪我により、プロになることを断念したそうです。

現在は雑誌「Precious」の専属モデルとして活躍中です。

また、いとこは日本代表サッカー選手の武藤嘉紀さん!!

ダニエル太郎さんのインスタグラムには、何度か立野リカさんと

仲良く写るツーショット写真が投稿されています。

前からお付き合いしている彼女がいると公言していたので、立野リカさんの可能性が濃厚です。

二人も長身で、育ってきた環境も似ているので、とってもお似合いのカップルですね。

まとめ

ルックスだけでなく、どんどん実力をつけ注目を集めているダニエル太郎さん。

錦織圭選手や大坂なおみ選手に続いて、日本人選手として

世界に旋風を巻き起こしてほしいですね。

-Sponsored Link-

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。