『夏への扉』キャスト・相関図・あらすじ 映画の結末は?

邦画

罠にハメられ、強制的にコールドスリープで眠らされ、すべてを失った科学者が、未来を変えるため30年間の時を超え奮闘する 映画『夏への扉 ―キミのいる未来へ―』。

原作は、1956年にアメリカで発表されたロバート・A・ハインラインによるSF映画の金字塔の同名作で、今回が初実写映画化となります。

そこで今回は、山崎賢人さん主演の映画『夏への扉』をもっと楽しむために、キャスト一覧・相関図・あらすじ・原作をご紹介いたします。

Sponsored Link

『夏への扉』キャスト一覧


高倉宗一郎
演・山﨑賢人
将来を期待される科学者。養父である松下の遺志を継ぐプラズマ蓄電池の開発に没頭。ロボット開発に携わるが、鈴と和人の罠にハメられコールドスリープに入れられ、目覚めるとすべてを失っていた。
松下璃子
演・清原果耶
宗一郎の亡くなった父の親友で、宗一郎の養父でもある松下の娘。2025に宗一郎が目覚めると亡くなっていた。健気でしっかり者の少女。
白石鈴
演・夏菜
宗一郎の婚約者だが、裏切り、松下と手を組み宗一郎を冷凍睡眠(コールドスリープ)に送る。
松下和人
演・ 眞島秀和
宗一郎の共同経営者。
坪井強太
演・ 浜野謙太
宗一郎にヒントを与える科学者。

遠井教授

演・ 田口トモロヲ
2025年の世界で宗一郎を待ち続けた物理学者。
佐藤太郎
演・原田泰造
鍵を握る謎の男。宗一郎の味方?

佐藤みどり
演・ 高梨臨
佐藤太郎の妻。
PETE(ピート)
演・藤木直人
ヒューマノイドロボット。装置の異常から宗一郎に興味を持ち力を貸す。

-Sponsored Link-

『夏への扉』相関図

映画『夏への扉』あらすじ

「30年の時を超え未来を変えろ」

1995年 東京ー。

将来を期待される科学者の高倉宗一郎(山崎賢人)は、養父である松下の遺志を継ぐプラズマ蓄電池の開発に没頭し、愛猫のピートと、松下の娘・璃子(清原果耶)との穏やかで平和な日々を送っていた。

しかし婚約者・白石鈴(夏菜)と共同経営者・松下和人(眞島秀和)の裏切りにより、罠にハメられ、強制的に冷凍睡眠(コールドスリープ)に入れられてしまう。

30年後 2025年東京ー。

宗一郎が30年間の眠りから覚めると、陶子もピートも亡くなり、発明も奪われ、なにもかもを失っていた。

失意のなか悲しむ宗一郎だったが、ヒューマノイドロボット(藤木直人)の力を借りて、未来を変えようと立ち上がる。

宗一郎は、失ったものを取り戻すことができるのか。

『夏への扉』原作


夏への扉 (ハヤカワ文庫) [ ロバート・A.ハインライン ]

映画『夏への扉』は、1956年にアメリカで発表されたロバート・A・ハインラインによるSF映画の金字塔の同名作が原作です。

65年前の作品ですので、タイムトラベル、冷凍睡眠など古典的なSF小説ではるものの、どん底から這い上がる主人公の爽快感、後半の畳み掛けるような伏線回収など、圧倒的な普遍性があり、とても読みやすい!

また、近未来の設定が2020年となっているので、現在の状況と比べるのもおもしろいですよ。

ただ1点だけ不満があるとすれば、30代の主人公と10歳そこそこの少女との恋愛に、少し違和感を感じてしまったこと。

主人公にとっての唯一の希望が少女だったので、仕方のないことですが、これを受け入れられるならば、原作は楽しめると思います。

映画では、その少女役が陶子ということですが、10歳ではなく、高校生という設定なので、少しホッとしましたwww。

あまり書くとネタバレになりますので、結末を知りたい方は以下の記事をご覧ください↓

『夏への扉』ネタバレ!原作のあらすじから結末までは⇒こちら

最後に

アメリカで発表されたSFの名作『夏への扉』が、初実写化されるとあり、世界から注目される映画『夏への扉 ―キミのいる未来へ―』。

原作での猫のピートがヒューマノイドロボットになっていたり、2025年の日本が描かれていたりと、現代に合わせて設定を変えていることにも注目したいですね。

-Sponsored Link-

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。