ドラマ大奥(NHK)相関図キャスト!美男三千人が火花を散らす世界とは?

国内ドラマ

よしながふみさんによる男女逆転SF大河ロマン『大奥』がNHKでドラマ化されます。そこで今回は『大奥』の世界をもっと楽しむためキャスト相関図、原作や見どころについてご紹介いたします。

-Sponsored Link-

『大奥』のはじまり

男女逆転『大奥』のすべての始まりとなる江戸幕府3代将軍・徳川家光の時代は、男子のみがかかる奇病「赤面(あかづら)疱瘡(ほうそう)」が蔓延した世界が広がっていました。

「赤面疱瘡」とは10人感染したら8人は亡くなるという恐ろしい病気のため、男性の人口は4/1に激減。

貴重な男子は種馬と大切に育てられ、女子はかつての男子の代わりとして労働力の担い手となり、あらゆる家業が女から女へと受け継がれるようになっていきます。

それは幕府も同じで、3代将軍家光以降は女性が代々将軍職に就くことになり、諸外国に攻め入られないように鎖国をしました。

それからというもの大奥は、希少で容姿端麗な男子を囲い、俗に美男3千人などと称される男の世界が築かれ、長い徳川の世を女たちが治めることになりました。

『大奥』3代・徳川家光 × 万里小路有功 編

あらすじ

赤面疱瘡が広まり、本来の3代将軍家光も死亡。春日局は秘密裏に、その娘・千恵を将軍の身代わりにし子を産ませ、徳川を維持しようとしていた。公家出身の美しき僧・万里小路有功は、春日局により無理やり還俗させられ大奥へ。人としての人生を奪われボロボロに傷ついた千恵といつしか愛し合い、大奥総取締として男性中心の大奥世界を構築。千恵自身も女将軍・家光として統治していくことを宣言する。

相関図

相関図はただいま作成中です。

登場人物・キャスト

万里小路有功福士蒼汰

公家出身の美しき僧だったが、寺の跡目相続の挨拶に江戸城へ参上したときに、春日局にその美貌を見込まれ、徳川家光の小姓にさせられ大奥へ入った。家光の側室「お万の方」となり、千恵姫の孤独に触れ、癒すために生きることを決める。やがて家光の心を開き、深い愛で結ばれる。その後、大奥総取締となり、大奥の基盤を築いていく。

徳川家光/千恵堀田真由

赤面疱瘡で亡くなった本来の3代家光の身代わり。家光の死を偽装するために3代将軍・家光として据えられる。自身の不遇を嘆き、暴力的な一面もあるが、有功と出会い、その深い愛によって成長していく。

春日局斉藤由貴

3代将軍徳川家光の乳母で大奥総取締。家光が亡くなり、彼女の娘・千恵を将軍に仕立て上げた。戦乱での辛い経験から戦のない平和な世の中を強く願う。家光のために大奥に男たちを集め、美男3千人の場所に作り変えるなど、大奥の基礎をつくった。赤面疱瘡によって滅びゆく日本を見届けよとして大奥で「没日録」という記録書を書かせた。

玉栄(お玉の方)/桂昌院未発表

万里小路有功について大奥入り。幼少のおりから有功に助けられ、忠誠を尽くしている。彼の推薦により徳川家光の側室になる。徳川綱吉の父で、後の桂昌院。自分が猫を殺したせいで娘・徳子が妊娠しないのだと思い込み、生類憐れみの令を発案する。

捨蔵/お楽の方未発表

江戸の町で遊び暮らしていたところ、万里小路有功に容姿が似ていることから春日局に見込まれ大奥に入る。お気楽な性格のため家光によって「お楽の方」という名を与えられた。家光との間に千代を儲けたが、事故で半身不随となり、赤面疱瘡にかかり死亡。

稲葉正勝未発表

春日局の実の子で家光の側近。は家光の影武者として、将軍に謁見に来た者たちに声をかける役目を担う。女将軍・徳川家光の死に殉じて亡くなる。

-Sponsored Link-

『大奥』5代 徳川綱吉 × 右衛門佐 編

あらすじ

唯一の世継ぎ・松姫が急死し、閉経を迎えてもなお子作りを迫られる綱吉。江戸市中では赤穂事件や生類憐みの令も手伝って評判が下落し、善政を敷けず世継ぎも作れない自分はなぜ生きているのかと慟哭する綱吉を、大奥総取締・右衛門佐は「生きるという事は、女と男という事は!ただ女の腹に種を付け、子孫を残し、家の血を繋いでいく事ではありますまい!」と抱きしめる。

相関図

相関図はただいま作成中です。

登場人物・キャスト

徳川綱吉(徳子)仲里依紗

第5第将軍。玉英と徳川家光の娘。愛らしく、勉学が好きで、聡明だが気難しい一面がある。京都からやって来たやり手の美男子・右衛門佐を気に入り大奥総取締に据える。後継ぎの松姫が4歳で急逝したために子作りに励むことを強要されるが、子はできず次第に精神のバランスを崩していく。桂昌院の命で生類憐れみの令を発布。民から恨まれ自暴自棄になりかけていたところを右衛門佐と想いを通わせた。その後義妹・徳川家宣を養子にする。

右衛門之佐(えもんのすけ)山本耕史

実家の女たちを食わせるために堂上家のお姫様たちに体を売っていたところ、徳川綱吉の御台所伸平が側室候補として京から呼び寄せられる。綱吉にねだり、大奥総取締の座につく。綱吉が心から癒されるよう心を配っていたが、彼女が自ら命を絶とうとしたことで「子を産むだけが生きること、女と男ということではない」と諭し、結ばれる。

桂昌院竜雷太

綱吉の父。万里小路有功について大奥に入り、彼の推薦により徳川家光の側室になった。自らの業に脅え、綱吉に「生類憐みの令」を発布させる。

柳沢吉保未発表

徳川綱吉の側用人。徳川綱吉の幼少の頃から小姓として仕え、重用される。綱吉の父・桂昌院と密通していることを綱吉に知られ、太ももを刺されるなどしたが、忠誠心は高い。

『大奥』8代 徳川吉宗 × 水野祐之進 編

あらすじ

貧乏旗本の息子・水野祐之進は幼馴染の薬種問屋の跡取り娘・信と添い遂げることが叶わぬなら…と大奥入りを決意。そして、紀州徳川家から将軍となり、幕府の逼迫した財政を大胆に再建しようとしていた吉宗から、大奥で最初に声がかかる。しかし、将軍の最初の相手である「御内証の方」は死なねばならぬと知り…吉宗はある策を講じるのであった。

相関図

相関図はただいま作成中です。

登場人物・キャスト

徳川吉宗(信)冨永愛

紀州出身の徳川家8代将軍。男を容姿で選ばず、大奥での仰々しい夜伽を嫌う。徳川家を立て直すため、質実剛健に徹し、大奥に改革をもたらす。水野より初めての夜伽の手ほどきを受ける。その後、実父が紀州から連れてきた男性を順繰りに相手にし、3女に恵まれる。

水野祐之進中島裕翔

貧しい旗本の息子。舞い込んだ縁談を嫌がり、大奥で奉公することを決める。将軍に初めて夜伽の手ほどきをするご内証の方に選ばれ、死罪を命じられることになり…。

お信 (おのぶ)未発表

水野の幼馴染み。彼に好意を抱いているが、裕福な薬種問屋の跡取り娘のため水野と一緒にはなれなかった。

加納久通/おみつ貫地谷しほり

紀州時代から徳川吉宗を支えた幼馴染であり片腕。おっとりとしているが、非常にキレ者で、吉宗のためとなると判断すれば非情な決断もする。

杉下風間俊介

売春させられ、18で婿に行ったが子がなせなかったことから離縁され、23の時に大奥へ入った。水野祐之進に大奥を案内し指導していたが、水野祐之進が吉宗に目をかけられ、御広座敷を務めることになった。

柏木未発表

家元・器量共に優れ、御中﨟の中でも一歩抜きんでた存在。藤波と愛人関係にある野心家。吉宗が大奥の改革として美形ばかり50人を集めて暇を出したため、大奥を去ることに。

藤波片岡愛之助

大奥総取締。水野をご内証の方にするため御中臈に昇進させる。吉宗が大奥の改革として美形ばかり50人を集めて暇を出したため、大奥を去る。

よしながふみ原作『大奥(よしながふみ)』あらすじ~結末の詳細は⇒こちら


-Sponsored Link-

よしながふみ『大奥』の魅力

ジェンダーバイアスが分かりやすい

女性が将軍などの重役を担い、男性は政治の世界から遠ざけられ種馬として扱われる男女逆転『大奥』の世界。

男と女の社会的役割をひっくり返した世界は、今のジャンダーバイアスのいびつさを浮き彫りにしています。

物語では、女性が男性に「男が政治に口を出すな。男なんか女がいなければ生まれ出ることもできない」とバリバリの差別発言も登場。

男性は、かなり屈辱的に感じるのではないでしょうか。

この言葉を逆に捉えたならば、現代の女性がいかに押さえつけられているかが分かります。

史実に基づいたエピソードと登場人物

よしながふみさんによる『大奥』は、男女逆転というありえない設定ながら、作中に登場する人物や出来事の多くが史実に基づいたものです。

例えば「生類憐れみの令」では、桂昌院は娘に世継ぎが生まれないのは、自分が若い頃に猫を殺生をしたからだと僧侶に言われたエピソードや「赤穂浪士事件」「江島生島事件」も概ね史実通りです。

一方で、実在しないオリジナルキャラクターも登場しており、ご内証の方として吉宗に選ばれたメインキャラの水野祐之進などは創作です。

歴史ものは大体が男性主体となっていますが、この男女逆転『大奥』では女性主体の物語。

女性読者にとっては将軍に感情移入できて爽快ですし、男性にとっても女性に従う新鮮さが味わえます。

多様な性が描かれている

最近では、LGBTの権利について議論されたり、性的マイノリティーの問題も取り上げられるなど注目されていますが、本作でも同性愛、バイセクシャル、誰とも恋愛しない人(アセクシュアル)など多様な性について描かれています。

同性愛についていえば、日本において「男色(BL)」は昔から存在しており、江戸時代では浮世絵の題材になることもあり、珍しいものではありませんでした。

実際の『大奥』では、男子禁制の女の園であったためレズビアンも存在していました。

また、物語のなかの徳川家茂と和宮は、同性婚をして養子を迎えるなど、新しい家族のかたちの表現もありますので現代にも通じるストーリーとなっています。

NHKドラマ『大奥』放送日

NHKドラマ『大奥』は、

2023年1月10時~放送開始

予定です。

お楽しみに♪

-Sponsored Link-

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。