【永遠のニシパキャスト一覧】松本潤主演ドラマ!ニシパの意味は?

メディア

NHKで2019年6月に放送されるスペシャルドラマ『永遠のニシパ ~北海道と名付けた男 松浦武四郎~』

松本潤さんが大探検家・北海道の命名者の松浦武四郎、アイヌの美しい女性を深田恭子さんが演じます。

ここでは、『永遠のニシパ』のキャスト一覧とあらすじや放送日をまとめてみました。

『永遠のニシパ』キャスト・出演者一覧

-Sponsored Link-

主人公
探検家・武士
松浦武四郎

松本 潤
幕末の江戸地を調査し記録して、蝦夷地を「北海道」と名付けた男。アイヌの人々と交流する内に、アイヌ人を守りたいと思うように。松本さんは初の時代劇。
アイヌの人々
アイヌの女性
リセ
深田恭子
武四郎が訪ねたコタン村に住む美しい女性。
本州(和人)の人間から乱暴されイチニカを身ごもる。
その表情は憂いをふくんでおり、武四郎の優しさにしだいに思いを寄せていく。
長老・リセ義父
エカシ
宇梶剛士
コタン村の長老で、リセの義理父。
リセの義母
フチ
曽川留三子
和人の子供を産んだリセを温かくむかえ、イチニカも可愛がる優しい義理母。
リセの兄・案内人
ウテルク
木村省吾
熊に襲われた武四郎を助ける。リセの兄で蝦夷地調査の案内人。
ヒグマに襲われたときに、左腕と引きかえにして武四郎を守る。
リセの息子
市助(イチニカ)
正垣湊都
武四郎に、なついており父親になって欲しいと願っている。
成長して奉公にでるも・・・。
案内人
イワンハルカ
納谷真大
蝦夷地調査の案内人。
江戸の人々
新政府参与
大久保利通
江口洋介
武四郎を「開拓判官」に任命し、蝦夷地に新しく名前を付けるように任せた。
初代開拓使長官
鍋島直正
小日向文世
第二開拓使長官
東久世通禮
山田良明

尊王攘夷派公卿の1人。東久世通禮を演じる山田さんは、フジテレビ元常務でドラマ「北の国から」のプロデューサー。
旧幕府外国奉行
堀井出雲守
石井正則
松前藩に追われる武四郎を屋敷にかくまい、阿部伊勢守正弘( 筧利夫に武四郎を引き合わす。
旧幕府老中
阿部伊勢守正弘
筧利夫
松前の人々
松前藩・家老
佐島勘解由
西村まさ彦
自分に都合の悪い、武四郎を始末するよう命じる。
商人
新堂佐七郎
石倉三郎
蝦夷地で一位二位を争う商人。運上金という年貢を松前藩に納めるため、アイヌを働かせて稼いでいる。
商人
湊屋彦兵衛
斎藤歩
新堂屋の従業員。
新堂屋手代・案内人
六之助
有薗芳記

新堂屋の従業員で、武四郎のお供に就く。
語り
語り
中島みゆき
語りは、歌手で北海道出身の中島みゆきさんが担当。ナレーションに初挑戦。


NHK『永遠のニシパ』はいつから放送?

『永遠のニシパ ~北海道と名付けた男 松浦武四郎~』は、北海道でまず先行放送され、そのあとに、NHKで全国放送となります。

『永遠のニシパ』放送日時

【北海道先行放送】
2019年6月7日(金)
午後7:30~(85分)
NHK総合

【全国放送】
2019年7月15日(月・祝)
午後7:30~(83分)
NHK総合

『永遠のニシパ』あらすじ

ペリーの黒船来航、ロシアの国境画定要求など江戸幕府は海外列強から開国を迫られる未曾有の危機にあった。武四郎は蝦夷地をロシアから守らなければならないと決意して蝦夷地を探査する。蝦夷地探査はアイヌの人々の案内で行われた。そして武四郎はアイヌ文化の豊かさやアイヌの人々のやさしさに共感していく。しかしやがて蝦夷地を経営している松前藩のアイヌへの搾取略奪の実態を目の当たりにするようになる。武四郎はアイヌの女性リセと出会う。リセは美しく気高く家族を守っているが多くを語らない過去のいきさつがあり、愁いを帯びた瞳が印象的だった。武四郎は江戸に帰り、蝦夷地図を出版する。そしてアイヌが搾取されている厳しい実態を告発した。これに激怒した松前藩は武四郎にさまざまな妨害工作を仕掛け、遂には武四郎の命を奪おうと刺客を放つ。命からがらに追われながらも武四郎は幕府に雇われて、ふたたび蝦夷地を探査することになる。今やロシアの南下を防ぐために蝦夷地の開拓は急を要していて武四郎に白羽の矢が立ったのだった。

『永遠のニシパ』原作は?ニシパの意味は?

『永遠のニシパ』はオリジナル

NHK『永遠のニシパ』に原作はありませんが、実在した松浦武四郎の人生を物語にしたようです。

歴史的事実に基づいて、「ふたりっ子」や「セカンドバージン」で知られる大石静さんのオリジナル脚本となっています。

ヒット作を多く輩出している、大石静さん脚本とあれば、期待がふくらみます。

北海道を含め6つの案

武四郎が、蝦夷地に名前をつけるため、6つの案を出します。

日高見道(ひたかみどう)
北加伊道(ほっかいどう)
海北道(かいほくどう)
海島道(かいとうどう)
東北道(とうほくどう)
千島道(ちしまどう)

「そこに住む人」=アイヌ語で「カイ」というリセの言葉で、蝦夷地の地名は北加伊道(ほっかいどう)に決定します。

アイヌ語の地名をヒントに、小樽(おたる)や札幌(さっぽろ)という地名を考えた武四郎らしい命名ですね。

“ニシパ”の意味は?

私たちには、あまり聞きなれない言葉“ニシパ”。

ニシパはアイヌ語で「長老」、「だんな」、「紳士」といった意味があります。

物語の中のリセ(深田恭子)は、“ニシパとは大切な人のこと”と述べています。

北海道に6回もわたり、調査し記録するだけでなく、アイヌの人々と交流しその文化を守った、松浦武四郎。

アイヌや蝦夷地に住む人々にとっての“ニシパ”とは、武四郎そのものということですね。

「永遠のニシパ」の見逃しフル動画はU-NEXT公式サイトで!

まとめ

今回の『永遠のニシパ』は時間の関係でかなり早い展開となっています。

そのため「おもしろいのに1回きりじゃもったいない」、「大河ドラマにしてほしい!」という声があがっているほどです。

そしてキャストは、松本潤さんを始め、多くの豪華な出演者、中島みゆきさんの語りという贅沢さ!

ま北海道ロケで撮影された広大な映像も魅力の1つですね。

評判がよければ続編もあるかもしれませんね。

とりあえず今回は、放送を見逃さないようにぜひ楽しみましょう!

-Sponsored Link-

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。