ジェニーハイのボーカルは誰?イッキュウという女性の正体とメンバー一覧

メディア

異色のメンバーで結成された音楽バンド『ジェニーハイ』。

バンド名の由来は、“このバンドにはそれぞれ違う形の天才が集まっている”ということから、フランス語で「天才」を意味する「ジェニー」と、その天才を超えるという意味もこめて「ハイ」を付け加えて『ジェニーハイ』と名付けられました。

そんな『ジェニーハイ』の女性ボーカルをはじめ5人のメンバーを紹介します。

Sponsored Link

『ジェニーハイ』のメンバー一覧!ボーカルのイッキュウは誰?

『ジェニーハイ』は、BSスカパー!で放送されているバラエティ番組「BAZOOKA!!!」の知名度を上げるために結成されたバンド。

しかし、最近では番組よりもバンド名の方が有名になっていますね(笑)。

まずは、『ジェニーハイ』のメンバーを一覧にしてご紹介します。

ボーカル/中嶋イッキュウ

「ボーカルの女性は誰なんだろう?」と思う方もおられるかもしれませんが、彼女は 中嶋イッキュウという現在 30歳の女性です。

芸名の由来は、本名の中嶋郁美から郁美→いくみ→193→イッキュウサン→イッキュウとなったそうです。

イッキュウといえば、とんちの一休さんしか思いつかなかったので、最初聞いたときは男性だと思っていましたが、カワイイ女の子でした(笑)。

高校生の頃には、JUDY AND MARY のコピーバンドを組んだり、椎名林檎さんに衝撃を受け歌詞を創作し、ジェニーハイとは別に4人組ロックバンド tricot(トリコ)のメンバーでもあります。

華奢な体から想像がつきませんが、特技は柔道で初段の腕前を持ち、滋賀県1位、近畿2位の成績を残しています。

力強くもエモーショナルな歌声以外では、個性的なファッションも注目されおり、自身のブランド「SUSU」を立ち上げています。

クリエイターとしての才能もあることから、ジェニーハイのグッズデザインは、イッキュウさんが担当しています。

ギター&プロデュース/川谷絵音

ゲスの極み乙女。のメンバーであり、タレントのベッキーさんの一件で、知られている川谷絵音さん。

ベッキーさんとの騒動が現在は落ち着き、ジェニーハイやゲスの極み乙女。だけでなく、多くのバンドを掛け持ちして活躍しています。

ドラムの小藪一豊さんの直々のリクエストで 「ジェニーハイ」の音楽プロデューサーに就任しました。

最初はプロデュースだけ担当していましたが、その後ギターとしてもバンドに加わっています。

メンバーからはプロデューサーの頭文字である「P」と呼ばれており、ジェニーハイのすべての楽曲を提供しています。

川谷さんの曲は、一度きいたら忘れないキャッチーなメロディと、不思議な歌詞が魅力ですよね。

ドラム/小藪一豊

吉本新喜劇座長でお笑い芸人として活躍している小藪一豊さんがドラムを担当。

小藪さんと音楽があまり結びつかない方もいるかもしれませんが、以前より音楽フェスティバル「コヤブソニック」を主催したり、音楽ユニットビッグポルノのメンバーとして音楽に関わってきました。

ドラムをやり始めたのは2012年からで、ものすごく練習して習得したそうです。

そんな小藪さんの努力家な一面を見て、川谷絵音さんは、“僕が知っているどのバンドマンよりもスタジオに入ってる。バンドマンの鑑”と評価しています。

ベース/くっきー

お笑いコンビ野性爆弾のメンバーで、白塗りのモノマネや絵描きとして多才に活動する くっきーがベースを担当。

これまでも、ロックバンド・THE SESELAGEESや盆地で一位、テクノユニット・想ひ出よ、今日は。で音楽活動を行ってきました。

独特のセンスは、絵やお笑いだけでなく音楽でも、いかんなく発揮されています。

ベースを高い位置で持つのもクセありすぎ(笑)。

ギターを長年やってきたこともあり、ピッキングやフレット移動、リズム感など基本ができており、川谷さんからも“弾きながら歌えているし、ベースラインはしっかりしてる”とお墨付きを頂いています。

ちなみに、デビュー曲「片目で異常に恋してる」ではジャケットのイラストは、くっきーが描いたものです。さすが!

キーボード/新垣隆

「だれ?このおじさん。」と忘れている方もいるかもしれませんが、2014年に聴覚障害の作曲家・佐村河内守の ゴーストライターを務めていたのが新垣隆さんです。

音楽の実力は、幼少期よりピアノでは “早熟の天才”と言われるほどの才能があり、“日本で芸術音楽の作曲に関わる者で知らない人はいない”と称される凄い人です。

そんな本物のピアニストが、ジェニーハイのキーボードに加わったのは、小藪さんがコヤブソニックに出演した新垣さんに直接お願いしたことがきっかけでした。

メンバーからは親しみをこめて「がっきー」と呼ばれ、真面目なイメージからは想像できませんが小藪さん相手にボケをかましたりするそうです(笑)。

最強の鍵盤楽器メンバーが加わったことで、「ジェニーハイ」の音楽は、さらにクオリティを高めています。

-Sponsored Link-

ジェニーハイの楽曲

ここからは、ジェニーハイがこれまで配信した音楽をご紹介します。

片目で異常に恋してる

デビュー曲「片目で以上に恋してる」。

やはり新垣さんのピアノの音色が綺麗ですよね。

川谷さんの天才すぎる楽曲によって、クセの強いメンバーがよくまとまっています。

ジェニーハイラプソディー

ーメンバー紹介を盛り込んだ歌詞が聴いていて楽しい一曲。

「ゴーストライター!」→「ゴーストバスター!」(笑)。

なんかエンドレスで聞いてしまいそう~。

シャミナミ

ジェニーハイってここまで外れ曲ないですよね(笑)。

こんなキワモノ系のメンバーが集まりながら、このクオリティ!

グータラ節

グータラというだけあって、いつもより力の抜けた一曲。

この曲は、歌ってみれば分かるのですが、めちゃくちゃ難しいんです。

それをサラリとうたうイッキュウさんの歌唱力もスゴイ!

最後に

音楽バンド『ジェニーハイ』は、川谷絵音、小籔千豊、くっきー!、中嶋イッキュウ、新垣隆という異色のメンバーで構成されていました。

くせ者揃いなのに、上品な音色で一体感もある不思議な魅力をもつバンドですよね。

このままのペースで長く続けてもらって、いつか紅白にも出演してほしいです。

-Sponsored Link-

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。