小学校「算数」学年別に習う内容一覧!1年生から6年生までの進行まとめ

子育て

小学校で習う教科のなかで、いちばん “つまずき”やすいのが「算数」です。

そーいえば、私も小学校のときに分数の割り算で混乱し、塾に通わされた経験が…。

「うちの子が、授業についていけてない!」という心配がないように、今回は小学校の算数で習う内容を、学年別に一覧にしてみました。

現在のお子さんの状況とも照らし合わせてみて下さいね♪

Sponsored Link

小学校「算数」学年別に習う内容一覧

小学校の算数では、大きく分けて

計算
数の概念
量と測定
図形

の4つに分けられます。

小学生が特に つまずきやすいのが、応用よりは反復が求められる「計算」と「数の概念」です。

小学校の学年別「計算」で習うこと一覧

学年 整数 分数/小数など
1年 ・1桁のたし算、ひき算
・くり上がり、くり下がり
2年 ・2桁のたし算、ひき算
・簡単な3桁のたし算、ひき算
・かけ算の意味
九九
・簡単な2桁のかけ算
・簡単な分数
・>、<を使った数量や式の大小の関係
・簡単なグラフ
3年 ・3桁以上のたし算、ひき算
・3桁以上のかけ算
・2桁以上のわり算
・分数の意味や表し方
・同分母分数のたし算、ひき算(和が1桁以下)
・棒グラフ
・表
4年 ・3桁以上のかけ算
・2桁以上のわり算
・真分数、仮分数、帯分数
同分母分数たし算、ひき算
小数のたし算・ひき算(~1/100の位)
・小数×÷整数
・伴って変わる二つの数量の関係
・二次元の表
・折れ線グラフ
5年 ・異分母分数のたし算、ひき算
・分数×÷整数
・小数×÷小数
・分数と小数、整数の関係
・整数と小数の位取りのまとめ
・比例
・百分率
・円グラフ
・帯グラフ
6年 ・分数÷分数
整数、分数、小数の混合計算
比例と反比例
・資料の平均
・文字を使った式

まず 小学校2年生で習う九九でつまずくと、3年生以降の計算に支障が出てくるので、徹底的にマスターしたいところですね。

お風呂などに九九表を張って、遊びながら慣らしていくと良いでしょう。

小学校4年生では 、わり算が出現し、分数、小数で混乱してしまう子も多いとき。

扱う数も大きくなり、具体的に指で数えたりできなくなるので、理解力に ハッキリと差がついてくる時期です。

小学校6年生では、 整数、分数、小数の混合計算など、いままでの計算を応用したものが出てきて急に難しくなります。

また 比例や反比例など、中学校の数学につながる内容もあるので、しっかり習得したいところです。

-Sponsored Link-

小学校の学年別「数の概念」で習うこと一覧

学年 「数の概念」の内容
1年 ・10までの数
・20までの数
・100までの数
2年 ・1000までの数
・10000までの数
3年 ・1億までの数
・10倍、100倍
4年 ・1億を超える数(億、兆)
・概数
・四捨五入
5年 ・偶数、奇数
・素数
・倍数、約数

「数の概念」では、1年生では100までの数、2年生で10000までの数、4年生で1億を超える数を習得します。

4年生以降は、概数や素数、倍数、約数など「数の新しい概念」も出てきますので、低学年のときにしっかり土台を作っておきたいですね。

我が家は、「数の悪魔」という本を読んだり、偶数や奇数はトランプで親しんでいたので、スムーズに理解できたように思います。

↓ご参考までに。


数の悪魔 普及版 算数・数学が楽しくなる12夜[ ハンス・マグヌス・エンツェンスベルガー ]

まとめ

小学校の「算数」は、まず低学年で、数の概念や計算を反復してしっかり土台を作ることが大切です。

「算数が苦手・・・」ということにならないためにも、学校だけでなく家庭でもフォローしてあげたいですね。

-Sponsored Link-

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。