石田純一の家系図【最新版】妻も子供もお騒がせの一族だった!

メディア

トレンディドラマの帝王として一世風靡し、芸能界一のプレイボーイで知られる石田純一さん。

現在の奥様・東尾理子さんとの家族睦まじい生活も話題になっていますね。

しかし、石田純一さんの一族は、ちょっぴり複雑(笑)。

そこで今回は、石田純一さんの家系図をご紹介します。

Sponsored Link

石田純一の家系図【最新版】

※無断転載禁止

それにしても、石田家は芸能一家であることが分かりますね。

また息子のいしだ壱成さんも、何度か離婚していますので登場人物が多めです(笑)。

それでは、もっと詳しく一人一人の経歴を見てみましょう。

石田家の家族構成

石田純一

「不倫は文化」の名言を残した石田純一さんも、現在(2020.3)の 年齢は66歳

バラエティでいじられキャラの石田さんですが、実は高学歴で、都内屈指の進学校である青山高校を卒業し、早稲田大学に進学しています。

おまけに、祖父も父も優秀な方で、祖父は石田さんと同じく、早稲田大卒で日本経済新聞・経済部の花形記者、父親は、武志さんといって、昭和39年の東京オリンピックでの実況経験もある NHKのアナウンサーなんですよ。

また、父の武志さんは昭和の頑固おやじで、石田さんは幼い頃に「男のくせに泣くな!」などと言われ、厳しく育てられたそうです。

そんなスパルタをうけたのに、あの ほんわかキャラを保っている石田純一さんは凄い(笑)。

星川まり(1人目の妻)

石田さんの1人目の妻は星川まり さんという方です。

二人は早稲田大学に通う頃に出会い、 学生結婚をし、授かったのが俳優の いしだ壱成さんです。

結婚3年後、まだ無名だった石田純一さんは、アメリカに俳優修業にいくことに。

しかし、星川さんはアメリカには付いていかず、「将来、役者になるひとに妻や子がいると迷惑だろうと」身を引き離婚したのです。

1人目の離婚は、石田さんの女性問題ではなかったとは意外でしたね。

星川さんは以後、幼い壱成さんを連れ“ヒッピー生活”のように、屋久島やオレゴン州など国内外を点々とする生活をしていました。

また反原発活動家としても知られており、機動隊と衝突することもあったとか。

いしだ壱成(1人目の妻の子)

石田純一さんの初めての子供で、俳優としても知られている いしだ壱成さん。

今は見る影もありませんが(スミマセン)、90年代にはドラマで「ひとつ屋根の下」「 未成年」、「聖者の行進」などのカリスマ性のある演技で大人気でした。

当時は「フェミ男」という言葉まで生まれ、同時に坂井真紀さんなど多くの女優とも浮名をながしました。

しかし、2001年には大麻取締法違反により 逮捕されたことにより人気は急降下。

そんな状態でも、女性にもモテモテで、2003年にはアイドルだった三宅えみさんと できちゃった結婚し、2006年に離婚。

ちなみに三宅えみさんは、離婚後に子どもを引き取り、俳優の 谷原章介さんと再婚しています。

2014年に一般女性と2回目の結婚をしますが、いしだ壱成さんの細かすぎるルールのせいで2017年に離婚してしまいます。

2018年には飯村貴子さんと3度目の結婚をしますが、貴子さんはなんと19歳で壱成さんとは23歳差ということもありワイドショーを賑わせました。

おまけに、できちゃった結婚だったそうです・・・。

壱成さんも良い年齢ですし、今度の奥様とお子様は、大切にして頂きたいですね。

-Sponsored Link-

松原千明(2人目の妻)

2人目の妻は、カネボウ化粧品のキャンペーンガール「カネボウレディ’80」としてブレイクした女優の松原千明さん。

1988年に石田純一さんと結婚するも、10年後に離婚してしまいます。

離婚の原因は、娘・すみれさんの小学校受験の親子面接で「不倫は文化とはどのような意味ですか?」と聞かれ、石田さんが茶化して答えたため松原さんがブチ切れたことが原因のようです。

石田さんが、ふざけたのもダメだと思いますが、面接官の質問も、いかがなものでしょうか。

離婚後、すみれさんとハワイに移住した松原さんは、すぐに現地の語学学校教師だった白人男性・ポールさんと恋に落ち、 入籍せぬまま妊娠しました。

石田さんにも負けていないアグレッシブさです(笑)。

再婚相手の間に、達也・オリバーという男の子を設けた松原さんでしたが、2009年に離婚しています。

現在は、石田さんと和解し、家族ぐるみでお付き合いしています。

すみれ(松原千明との子)

ハワイ育ちの明るさと美貌で、モデルやハリウッド女優として活躍している すみれさん。

思春期には、父親の石田純一さんに嫌悪感をもったこともありますが、3人目の妻の東尾理子さんの出産にも駆けつけるなど、今では良好な関係を築いています。

一時は、芸能活動をストレスのためお休みしていましたが、最近はまたバラエティにも復帰しています。

石田さんのDNAなのか、毎年のように違う男性とスクープされており、かなり奔放な女性のようです。

これには、父の純一さんは本気で心配しているそうで、すみれさんの幸せを心から願っていると理子さんが語っています。

東尾理子(3人目の妻)

石田純一さんの3人目の妻・東尾理子さんは、元プロ野球選手で監督の東尾修さんであることは有名ですね。

石田さん55歳、理子さんが33歳の頃に結婚し、「不倫は文化」という言葉は 遺産として登録しました(笑)。

その後は、不妊治療を乗り越え一男二女のお子様を育てています。

2018年に生まれた三女の“つむぎ”ちゃんは、いしだ壱成さんにとって48歳差の妹になります(汗)。

石田さんの合コン疑惑もありましたが、今でも円満な夫婦生活をおくっています。

最後に

石田純一さんがプレイボーイであることは有名ですが、元妻や子ども芸能界のお騒がせタレントが多いことがわかりました。

やはり、これを見ると血筋って多少影響あるのかなぁと思っちゃいますよね(笑)。

これからも、このおもしろい石田一族に注目していきたいと思います。

-Sponsored Link-

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。