『かいけつゾロリ』豪華すぎる声優一覧!イシシやノシシは誰?

Eテレ

小学生から絶大な人気を誇るEテレで放送中のアニメ『かいけつゾロリ』。

主人公ゾロリは、もうけ話やお宝に目がくらみ悪事を働くも、あと一歩で失敗に終わってしまう憎めないキャラ。

そこで今回は、『かいけつゾロリ』の魅力的なキャラクターを担当する声優やトリビアをご紹介いたします。

Sponsored Link

『かいけつゾロリ』声優一覧

キャラクター 声優
ゾロリ
儲け話や宝物が大好きなキツネの主人公。いたずらの王者、カワイイお嫁さんをもらうこと、城を持つことを目標にしているが、あと一歩のところでドジをふんでしまう。
山寺宏一
”七色の声を持つ男“と評される天才声優で『アラジン』ジーニー、『それいけ!アンパンマン』めいけんチーズ、カバオ、『銀魂』吉田松陽/虚など多数担当。
兄・イシシ
ゾロリの子分で猪の片割れ。右の目が大きい。食いしん坊でオナラが必殺技。
愛河里花子
『とっとこハム太郎』のこうしくん、『ケロロ軍曹』ダソヌ☆マリ、『ポケットモンスター』コダックやゼニガメの声優として知られる。
弟・ノシシ
ゾロリの子分で猪の片割れ。左の目が大きく右頬にホクロがある。食いしん坊でオナラが必殺技。
くまいもとこ
『ぐ〜チョコランタン』アムネ、『サルゲッチュ』ヒカル役などを担当する声優。
ビート
リーゼントがトレードマークのキツネ。ゾロリをライバル視する熱血少年。
梶裕貴
『イナズマイレブン』一之瀬一哉『信長協奏曲』明智光秀などで知られる声優。
ゾロリ―ヌ
ゾロリの母親。天国からゾロリを見守っている。
玉川紗己子
『クレヨンしんちゃん』風間くんのママ役や『逮捕しちゃうぞ』辻本夏実役など、幅広い役柄をこなせる声優として評価が高い。
ゾロンド・ロン
伝説の飛行機乗りだったゾロリの父。3歳の時に行方不明に。
山寺宏一
ゾロリと兼任。


-Sponsored Link-


『かいけつゾロリ』の知られざるトリビア

『かいけつゾロリ』はスピンオフ作品


へんし〜んほうれんそうマン  [ みづしま志穂 ]

最初ゾロリというキャラクターは、みづしま志穂さん原作の『ほうれんそうマン』に出てきた典型的な悪者キャラであり、主人公ではありませんでした。

しかし、悪事を働いてもどこか滑稽で、どこか憎めない悪キャラだったことから、主人公ポイポイより人気が出てしまいました。

子どもたちの人気を獲得したゾロリは、挿絵を担当していた原ゆたかさんにより『ほうれんそうマン』の スピンオフ作品として今に至っているのです。

『かいけつゾロリ』は『怪傑ゾロ』へのオマージュ

『かいけつゾロリ』は、漢字であらわすと“解決”ではなく“怪傑”という文字を使います。

この“怪傑”というのは、アメリカの作家ジョンストン・マッカレーにより生み出されたヒーロー 『怪傑ゾロ』のから来ており、『かいけつゾロリ』はオマージュとして作られました。

仮面の剣士ゾロは、「強きをくじき弱きを助く」大怪盗であり、アメリカでは、何度も映画化、コミック化されたキャラクターでもあります。

そんな魅力的なキャラをパロディ化したのがゾロリなのです。

『かいけつゾロリ』にはお詫び文が掲載される

『かいけつゾロリ』は、児童書であるため小学校の図書室に置かれているのを、よく目にしますよね。

しかし、げっぷ、おなら、下ネタなどの冗談がふんだんに出てくるので、PTAから苦情が入ることも・・・。

ですので、ときおり本には保護者やPTAに向けて お詫びの文面が掲載されることもあります(笑)。

また、ゾロリが亡くなる残虐シーンがあるので、ページを飛ばすように指示されていることもありますが、これも子どもを飽きさせない演出の一つで、実際はゾロリがうまくその場を切り抜けるようになっています。

1987年から現在まで『かいけつゾロリ』が子どもたちに愛されているのは、作者である原さんの子供心をくすぐる工夫にあります。

下ネタといってもカワイイものなので、大人も寛容な心で見守って欲しいものです。

最後に

アニメ『かいけつゾロリ』は、Eテレにて毎週日曜日よる7時~放送されています。

見逃した方、映画編を見たい方、過去作品を見たい方は、動画配信サービスU-NEXTで無料視聴可能。

おまけに、31日間無料キャンペーン中!(キャンペーン期間中に解約すれば、費用は一切かかりません。)

なお、この配信情報は2020年7月時点のものです。

配信が終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、現在の配信状況については、各動画配信サイトのホームページもしくはアプリをご確認ください。

詳しくはここを⇒クリック

\今すぐ【かいけつゾロリシリーズ】を見る!/

 

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。