• HOME
  • ブログ
  • 洋画
  • 『メグ(MEG)・ザ・モンスター』キャスト・声優一覧!中国人は誰?

『メグ(MEG)・ザ・モンスター』キャスト・声優一覧!中国人は誰?

洋画

モンスターパニック好きには見逃せない映画『メグ(MEG) ザ・モンスター』。

興業収入では、サメ映画の金字塔『Jaws(ジョーズ)』を越えたことでも話題となりました。

そこで今回は、『メグ(MEG) ザ・モンスター』をもっと楽しむために、キャスト・吹き替え声優をご紹介いたします。

Sponsored Link

『メグ・ザ・モンスター』キャスト・声優一覧

キャスト 声優
ジョナス・テイラー
演・ ジェイソン・ステイサム
イギリスの俳優で以前は水泳の飛び込み選手だった。『トランスポーター』『ワイルド・スピード』などアクション俳優として活躍している。
山路和弘
『おしりたんてい』のおしりダンディ役、『バケモノの子』猪王山約など多数のキャラを担当する声優。
スーイン・ジャン
演・リー・ビンビン
『バイオハザードV リトリビューション』トランスフォーマー/ロストエイジ』などに出演する中国人の女優。現在47歳

魏涼子
朝ドラ『春よ、来い』で女優デビュー。北京語が話せるバイリンガルであることから、本作で起用された。
ミンウェイ・ジャン博士
演・ ウィンストン・チャオ
『ウェディング・バンケット』で俳優デビュー。中華航空のフライトアテンダントとして勤務経験がある。他に『宋家の三姉妹』『1911』などに出演。
加藤亮夫
渋く低い声を生かしマーク・ストロング、マックス・マーティーニなど多くの洋画吹き替えを担当。

メイイン・ジャン
演・ ソフィア・ツァイ
母親は中国人、父親が英国人の子役で、2歳よりキャリアをスタート。中国映画『あの場所で君を待ってる』にも出演。
佐藤美由希
『君と僕。』佐藤茉咲、『キングダム』友里の声優を担当。
ジャック・モリス
演・レイン・ウィルソン
『トランスフォーマー/リベンジ 』『メタルヘッド』などに出演する俳優。
伊藤健太郎
『とっとこハム太郎』タイショー、『弱虫ペダル』田所迅の声を担当。

ジャックス・ハード
演・ルビー・ローズ
『バイオハザード: ザ・ファイナル』などに出演するオーストラリアの女優。全身にタトゥーを入れていることでも知られる。

清水はる香
ナターシャ・リオンをはじめ、多くの洋画吹き替えを担当する声優。
ジェームズ・マックライズ
演・クリフ・カーティス
『ダイ・ハード4.0』『ワイルド・スピード/スーパーコンボ』などに出演するニュージーランドのマオリ族出身の俳優。
川島得愛
『ベイマックス』のベイマックス役、『ガラピコぷー』ガラピコ、『ジョジョの奇妙な冒険』のトニオ役の声優で知られる。

ウォール
演・オラフル・ダッリ・オラフソン
『ザ・ディープ』主演、『LIFE!』などの出演で知られるアイスランド出身の俳優。

田所陽向
『魔入りました!入間くん』アマイモン『number24』財津岳十などでsられる声優。
DJ
演・ペイジ・ケネディ
アメリカの俳優でありラッパーとしても活躍。他に『S.W.A.T.』などに出演。
あべそういち
『忍たま乱太郎』『ONE PIECE』などに出演する声優。

トシ
演・マシ・オカ
日本国籍を持つ俳優。『HEROES/ヒーローズ』の主要キャストに選ばれ知名度をあげた。IQ180以上ありギフテッドとしても知られる。
白石兼斗
『弱虫ペダル』奥谷、『攻殻機動隊 SAC_2045』顔なしの声を担当する声優。

-Sponsored Link-


『メグ・ザ・モンスター』キャストは日本人だった

『メグ(MEG) ザ・モンスター』は、アメリカのスティーヴ・オルテンの小説『メガロドン』という原作をもとに映画化されました。

しかし、『メグ(MEG) ザ・モンスター』は原作のキャストの設定が大幅に変更になっています。

ヒロインは日本人だった

『メグ(MEG) ザ・モンスター』で登場する海洋研究所の中国人ジャン博士は、原作では 日本人のタナカ・マサオさんという人物となっています。

しかも タナカ博士は、ジョナスと映画よりも密な関係で、相棒のような存在で描かれています。

また、ジョナスの恋の相手はタナカ博士の娘・テリーでしたが、映画版では中国人女優リー・ビンビン演じるスーインに変更されています。

『メグ(MEG) ザ・モンスター』は、米中合作の作品なので、主要キャラクターの日本人はすべて中国人に置き換えられているのです。

日本人トシの描かれかた

原作から引き継がれた日本人キャラクターでは唯一トシ(マシ・オカ)がいますが、セクハラ発言をし、いさめられる場面も登場します。

しかもストーリーの前半部分で、自らを犠牲にして、他のみんなを助け亡くなってしまいます。

一方で、中国人スーインは、勇敢で美しく聡明な女性として描かれ、最後まで生き残ります。

こんな設定からも アメリカが、いかに中国マーケットを意識しているかが分かります。

残虐シーンが少なめ

中国の意向なのか分かりませんが、『メグ(MEG) ザ・モンスター』は他のサメ映画に比べて、残酷なシーンが少なめ。

例えば、海の上をヘリが飛んでるシーンは、海からジャンプしてヘリごとサメが引きずり込むのでは…と、お約束を期待するも何も起こらず…イライラ。

中国の海岸(原作ではアメリカの海岸)で海水浴を楽しむ人々の前に、巨大サメが現れるも、お腹いっぱいなのか人間を食べない…。

巨大サメが泳げる深い海で、子どもも含め大勢の海水浴客が泳いでいることにも違和感ありあり。

映像の美しさや、スケールの大きさはあるものの、大人しいサメのせいで消化不良に終わってしまっているのが実に残念に思います。

『メグ(MEG) ザ・モンスター』が、“キレイなB級映画”と評価されているのも納得です。

-Sponsored Link-

最後に

とはいえ、『メグ(MEG) ザ・モンスター』が映画「Jaws(ジョーズ)」の興行収入を越えたことも事実なので、モンスターパニック好きは、一度見ておいて損はありません。

『メグ(MEG) ザ・モンスター』は、動画配信サービスU-NEXTで無料視聴可能。

いまなら、新規登録でプレゼントされるポイントで『メグ(MEG) ザ・モンスター』が無料で見れちゃいます。

おまけに、31日間無料キャンペーン中!(キャンペーン期間中に解約すれば、費用は一切かかりません。)

なお、この配信情報は2020年7月時点のものです。

配信が終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、現在の配信状況については、各動画配信サイトのホームページもしくはアプリをご確認ください。

詳しくはここを⇒クリック

\今すぐ【『メグ(MEG) ザ・モンスター』】を見る!/

 

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。