『DIVER-組対潜入班』キャスト・相関図・原作!鬼手仏心の捜査官に福士蒼汰

国内ドラマ

福士蒼汰さんが潜入捜査官を演じるドラマ『DIVER-組対潜入班』2020年9月にスタートします。

本作は、大沢俊太郎さんによる人気漫画『DIVER-組対潜入班-』を実写化したものであり、犯罪グループの残忍さ、黒沢と犯人との騙し合いなど、手に汗握る展開が話題の作品です。

そこで今回は、ドラマ『DIVER-組対潜入班』をもっと楽しむために、キャスト・相関図・原作などをご紹介いたします。

Sponsored Link

ドラマ『DIVER-組対潜入班』キャスト

警視庁「組体D班」メンバー

黒沢兵悟
演・福士蒼汰
かつて窃盗や暴力事件をおこす最悪の悪党だったが、高いIQ、判断力、身体能力が見いだされ潜入捜査官チームのメンバーになった。様々な人格になり切り潜入捜査を行う。打算的で論理的な性格で仲間にも裏の顔は見せない。

※キャスト・相関図は新しい情報が公開され次第、追記していきます。

ドラマ『DIVER-組対潜入班』あらすじ

国内外のあらゆる犯罪組織に対抗するべく、警視庁は組織犯罪対策部で潜入捜査を開始した。

それが「組織犯罪対策部」通称“組体D班”。

主人公は、最凶で最悪な犯罪者だったが故に見いだされ、「最強の潜入官」となった黒沢兵悟(福士蒼汰)という男。

「鬼手仏心(きしゅぶっしん)」と称される黒沢は、その名の通り、人を救うためなら残忍な手口もいとわない。

そんな凶悪犯と紙一重の黒沢は、国内だけでなく、日本を標的とする海外の犯罪組織に危険をかえりみず潜入し、手段を選ばず、時に暴力的に犯罪者に立ち向かっていく。

そして、組織のささいな違和感を察知し、黒幕の正体を掴み、犯罪グループの全員逮捕・壊滅に追い込んでいくー。

『DIVER-組対潜入班』とは?

ドラマのタイトルにもある「組体潜入班」とは一体どんな組織なのか気になりますよね。

「組体潜入班」とは、国内外のあらゆる犯罪組織に対抗するべく2003年に警視庁で新設された部隊です。

「組織犯罪対策部」通称“組体”とは?

四課二隊を統合した「組体」が扱う項目は、

・暴力団
・半グレ集団
・外国人犯罪組織対策
・銃器・違法薬物取締
・資金洗浄捜査

など幅広く担当。

つまり ありとあらゆる犯罪組織の摘発を目的とした部署です。

潜入捜査を行う「組体D班」

現在、日本は国内外の犯罪組織によって脅やかされており、それらを摘発するために警視庁が下したのは 「潜入捜査」の導入です。

「潜入捜査」は、毎年のように有識者会議で議論されてきた捜査方法。

そして潜入捜査を行う部隊を “通称D(ダイバー)”と呼んでいます。

捜査員は、“暴力団”や“特殊詐欺グループ”などの組織に潜入するため、俳優のように色々な人間になりすます能力が必要になってきます。

また、潜入捜査官は、感情的な性格の人は向いていません。

目の前に犯人がいて、悪事を働いていても冷静な態度でいなければならず、ちょっとした優しさが命取りともなる危険な仕事なのです。

『DIVER-組対潜入班』の原作

DIVERー組対潜入班ー 1 DIVERー組対潜入班ー 2

『DIVER-潜入捜査官』は、現在グランドジャンプで新章が連載中で、単行本では2巻完結で発売されています。

掴みから、オレオレ詐欺グループへの潜入では、黒沢と黒幕のヒリヒリするような騙し合いと、意外な結末にビックリ。

そして、食品セミナーに見せかけたカモの選別では、ジュースとパンを与えられた参加者が次々と嘔吐し、黒沢も佐根村も薬の影響で洗脳されるが…。

など毎回、黒沢が亡くなってしまうのではというドキドキの展開に、ページをめくる手が止まりません。

絵のタッチも、荒々しい感じがストーリーにマッチしていて、グロいシーンもリアルです。

ドラマを見て気になった方は、原作を手に取ってみてはいかがでしょうか。

最後に

ドラマ『DIVER-組対潜入班』の放送を、

見逃した!
第1話からじっくりみたい

という方は、フジテレビ動画配信サービスFOD無料視聴可能です。(2020年9月リアタイ放送後より)

登録方法は初めての方でも、とっても簡単です。

以下の記事に登録手順をまとめてみましたのでご覧ください。

関連記事:FODプレミアムの登録方法と解約方法まとめ

\今すぐ【DIVER-組対潜入班】を見る/
いまなら2週間無料で試せる!

 

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。