• HOME
  • ブログ
  • 邦画
  • 『新聞記者(映画)』あらすじネタバレ!ラストの最後の言葉の意味

『新聞記者(映画)』あらすじネタバレ!ラストの最後の言葉の意味

邦画

「こんな映画を待っていた」日本社会の“ひずみ”に真正面からスポットを当てた映画『新聞記者』。

国家ぐるみでSNSを操作するするなど、日本の暗部に切り込んだ本作は、忖度は一切なしで、見る者を恐怖に落とし入れました。

そんな問題作『新聞記者』のあらすじやネタバレ、キャスト、相関図をご紹介いたします。

Sponsored Link

『新聞記者』相関図

※無断転載ご遠慮下さい。

『新聞記者』あらすじ

東都新聞社会部で記者をする吉岡エリカ(シム・ウンギョン)の元に、羊の絵と共に大学新設計画に関する極秘書類が送られてきた。

日本人の父、韓国人の母を持つ、アメリカ育ちの吉岡は、編集長に命じられ、この極秘書類の真相を探るため取材をはじめる。

一方、内閣調査室の若手エリート官僚の杉原拓海(松坂桃李)は、理想に燃え公務員になったものの、現政府に不都合な人物のスキャンダルをでっちあげ、情報操作をするという今の仕事にやりがいを感じることはできなかった。

ある日、首相に、べったりの御用作家が起こしたレイプ事件で、不起訴を不服とした被害者女性が顔出しで会見することになった。杉原は上司の多田(田中哲司)に呼ばれ、女性の弁護士が野党がらみであるというチャート図を作り、マスコミに流せと、命じられる。

「嘘かほんとかは決めるのはお前じゃない。国民だー。」

民間人のレイプ被害者が、ハニートラップを仕掛けたという“でっち上げ”を任された杉原は、葛藤するのだった。

そして、吉岡も、勇気を出し顔出しをしてまで被害を告白した女性の記事が、小さく取り扱われることに腹を立てていた。

愛する妻の出産が迫った頃、杉原は、外務省時代の尊敬する上司・神崎俊尚に誘われ、久々の再会を果たした。

神崎は5年前に、データ改ざんの責任を、自分と家族面倒の将来と引き換えに、一人で背負った過去があり、それについて杉原が謝ると、「杉原。俺のようにはなるなよ。」と自嘲気味に笑うのだった。

そんななか、杉原は、外務省時代の同僚で、神崎の後任になった都築亮一(高橋努)とバッタリ会い「内閣府の大学の件で、神崎さんの後任に決まった。」と知らされる。

杉原が「なんのことですか?」と尋ねると、都築は「神崎さんマークしてたのお前たち内調だろ?」と答えた。

神崎を追い込んだのは、自分の所属する内閣調査室であり、神崎と仲の良かった自分が蚊帳の外に置かれていたことに愕然とする。

一方、吉岡は、大学新設計画の極秘書類を送ったのは、内閣府に出向している人物ではないかという情報から、特区の担当であった神崎に思い当たる。

しかし、数日後、神崎はビルの屋上から飛び降り自殺をした。

-Sponsored Link-

『新聞記者』ここから結末ネタバレ

神崎が守りたかったもの

杉原は、「うちがマークしていたんですよね。神崎さんに何をしたんですかっ!」と上司の多田に詰め寄ると、多田は「知らない。」と答え、「お前、子どもが生まれるそうじゃないか。」と不気味に呟いた。

その後、内調の見立てにより、神崎の自殺の要因は、

外務省から内閣府の出向後、新設大学のプロジェクトに携わっていたが、国家戦略特区の機密費を不正流用していたことが発覚。内閣府の聴取を体調理由に拒否し引責辞任。また、5年前に公的文書を改ざんした事実もあり、このことが公になることを恐れていたことも一因であったと考えられる。

と、でっち上げられた。

神崎の通夜当日ー。

上司に命じられ、取材にきた吉岡は、そこで神崎の娘が「自殺する兆候はありましたか。」とマスコミに問い詰められているところを見て、とっさに庇ってしまう。

かつて、吉岡の父も、マスコミの誤報で自殺した。

そして、娘である吉岡もマスコミから攻められた経験があり、神崎の娘に自分を重ねていたのだった。

それを見ていた杉原は、吉岡に「君。新聞記者だよな。どうして…君はマスコミ側の人間だろ。」というと、吉岡は「私は、神崎さんが亡くなった本当の理由が知りたいだけです。あなたはどう思いますか。」と涙を流した。

そんな時、杉原の元に、病院から妻が破水して入院していると連絡が入った。

病院に到着すると、母子共に無事であったが、緊急帝王切開の手術をして眠る妻の姿があった。

妻が危険なときに傍に居てやれなかったこと、愛する家族を残し、命を絶ってしまった神崎を思い、杉原はうな垂れた。

圧力

次の日、杉原は、かつての同僚で神崎の後任となった都築に会いに行き、「私たちは5年前、マスコミに出ては困る文書を、上からの指示で改ざんし、責任はすべて神崎さんがかぶった。それから神崎さんは外交官としてのキャリアを人質に取られ、意にそぐわない仕事をせざる得なかった。教えて下さい。どうして神崎さんが亡くなったのか。」と言うと、都築は考えこむように「内調だろ。自分で調べろ。」と言った。

一方、吉岡は、上司の陣野から、神崎が亡くなったことで、大学新設の計画は頓挫したことを知らされる。そして、この事件はリスクが高すぎるので、もう追うなと指示される。

しかし、吉岡は、羊の絵を描いて大学新設計画をリークしてきたのは神崎で、亡くなった理由は他にもあると考えた。

ある日、杉原と吉岡は街で偶然出会い、吉岡は羊の絵を見せて「新設の大学に関わる文書と一緒に届きました。これは神崎さんが送ったものではないかと思っています。」と言い、名刺を渡した。

その後、杉原も独自でその件を調べ、神崎は、あの羊の書かれた極秘文書をマスコミに送ったせいで、内調からマークされていることを突きとめた。

それから杉原と吉岡は内調に気づかれないよう密談し、神崎が大学新設計画を止めようとしていたこと、大学新設計画は中止されることなく、場所を変え実行されようとしていることを確認。

二人は、神崎の死を無駄にしないためにも、大学新設を阻止することを考えた。

次の日、吉岡は陣野から「お前の追っている大学新設はガセだから出すなとトップに圧力がかかっている。お前の素性を調べ、父親の二の舞になりたいのかという脅しを受けている。」と告げた。

一方、杉原も多田から「神崎の件でウロチョロしている新聞記者の吉岡っていう女記者知ってるな。吉岡の父親は、大手都銀が首相秘書に不正融資しているって記事をスッパ抜き、それが誤報で自殺したんだ。」と聞かされた。

杉原が自殺は、事実だったのかと問うと、多田は「火消しは、なかなか大変だったよ。安定した政権を維持することが私たちの仕事だ。大切にしてやれよ。」と、口封じのように出産祝いを渡した。

羊の絵

脅しには屈しない吉岡はすぐに、神崎の自宅を訪れ、妻の伸子に羊の絵を見せた。

すると伸子は、 「それは主人が書いた絵です。」と認め、心当たりがあるとして神崎が鍵付きの引き出しにしまっていたものを託した。

吉岡は、その中に「DUGWAY SHEEP INCIDENT」と書かれた洋書を見つけた。

ダグウェイとはアメリカのユタ州にある有名な生物兵器の実験場を指し、この洋書は、生物兵器の実験場を題材に、近隣の羊が大量死する事件を描いたノンフィクション作品だった。

吉岡から、洋書の件を聞いた杉原も、すぐに神崎の自宅に駆けつけた。

二人は、政府が、日本にも生物兵器を製造する大学を建設しようとしており、それを危惧した神崎が、計画を阻止しようとマスコミに極秘資料をリークしたと推測した。

しかし、これだけでは記事には出来ないと考えた吉岡は、医療ではなく軍事施設である明確な証拠資料を得るため、杉原に協力を求めた。

杉原は、家族や自分のキャリアを考え「僕は国側の人間だから。」と断ると、吉岡は「それで自分を納得させられますか。このままでいいんですか。」と言った。

その夜、妻が出産する病院を訪れ、赤ん坊を抱いた杉原は、正義を貫くこと、家族を失うことへの葛藤で、涙を流した。

記事発表

次の日、吉岡が都築を捕まえ、取材と称し時間稼ぎをしている間に、杉原は都築の部屋に入り、政府が生物兵器を製造する大学を建設している証拠資料を携帯の画像に収めた。

そして、吉岡と共に、上司の陣野を呼び出し、国は生物兵器になりうる病原菌を研究するために、大学という名前で研究施設を作ろうとしている証拠資料を提示した。

吉岡が「この記事出してもいいですか?」と言った直後、陣野に“これを出したら誤報になる。”と、新聞社のトップから念押しの電話が入った。

陣野は、「この記事を出して、内調から“これは誤報だ”と言われたら、それを跳ね返す力は、俺たちにはない。」と言うと、意を決したように杉原が 「そのときは、僕の実名を出して下さい。」と答えた。

吉岡は、杉原の覚悟を無駄にしないためにも、必死に記事を書き上げ、翌朝には大学新設の件が、東都新聞から発表された。

その日、杉原は妻の退院に付き添った後、忙しくずっと確認していなかったポストに、神崎からの手紙が入っていることに気づいた。

そこには、

新設の大学を運営する企業は、首相の古くからの友人の会社で、大学建設の資金は国民の税金が使われている。そしてその決算書類には、私の決算印が押され、私はすべてを被った。またこんな風に生きていくしかないのか。国民として、父として。もう耐えられそうもない。

と書かれてあった。

結末と最後の言葉

吉岡は、陣野から悪い知らせと良い知らせが両方あると前置きされ、死んだ上司のために官僚が暴走し、新聞社が騙されたという週刊誌の記事がでること、他の新聞各社が東都新聞の記事を見て、追っかけてきていると聞かされた。

吉岡は、続報で杉原の実名を出し、“誤報”であるという報道に対抗することを決めた。

そんななか、吉岡の元に「よく書けた記事だ。お父さんにソックリだ。あなたのお父さん誤報じゃなかったんですよ。残念でしたね。」と電話が入った。

吉岡に電話をかけていたのは多田だった。電話を切った多田は杉原を見据えながら「この記事の官僚…お前じゃないよな。杉原、外務省に戻してやる代わりに、いま持っている情報は全て忘れろ。撤回することは、別に恥ずかしいことじゃないぞ。 この国の民主主義は形だけでいいんだ。」と圧力をかけた。

多田の部屋を後にしたあと、顔面蒼白になった杉原は、うろたえ恐怖に震えた。

吉岡は、横断歩道で、死んだように佇む杉原を見つけ手を降った。

吉岡を見つけた杉原は、力なく唇を動かし 「※ごめん。」とつぶやいた。-END-。

※最後の「ごめん」という言葉は、声は発していませんが唇の動きから読み取りました。この杉原の言葉は、吉岡に実名で報道してくれと言ったものの、多田(国)の脅しに屈してしまったことを単純に詫びているとも取れます。もっと深く考えれば、映画では実際に起きてる事件をモデルに描いているが、フィクションの限界で、ここまでしか描けなかったという作り手から観客への「ごめん。」を表現しているのかもしれません。

-Sponsored Link-

『新聞記者』キャスト一覧


吉岡エリカ

演・シム・ウンギョン
東都新聞・社会部の記者。アメリカ育ち。父親もジャーナリストだったが、誤報のため自殺した。神崎が亡くなったことに疑問を抱き、取材を開始し、権力の闇に迫る。
杉原拓海
演・松坂桃李
内閣情報調査室の若手エリート官僚。神崎は北京時代の上司。理想に燃え公務員になったが、「闇」の存在に気付き、選択を迫られる。
杉原奈津美
演・本田翼
拓海の妻。忙しい夫を気遣い、支える。妊娠後期で、破水し一時は危険な状態だったが、母子共に助かった。
倉持大輔
演・岡山天音
東都新聞社会部記者で、吉岡の同僚。吉岡を最初は厄介者だと思っていたが、その熱意に打たれ、取材資料を提供するなど協力。
陣野和正
演・北村有起哉
東都新聞・社会部の編集長。吉岡の上司。上からの圧力がありながらも、吉岡を応援する。

多田智也

演・田中哲司
内閣参事官で拓海の直属の上司。国家のためにはどんな手も使う。
都築亮一
演・高橋努 
内閣府勤務の官僚。杉原の外務省時代の先輩。神崎の後任。
神崎俊尚
演・高橋和也
杉原の外務省時代の上司。内閣府勤務の官僚。5年前、データ改ざんの罪を一人で背負った過去がある。

神崎伸子

演・西田尚美
神崎の妻。北京時代から拓海のことを知っている。

『新聞記者』の感想

まず作品を見終わって思ったのが、「よく作品にできたな。」ということ。

日本で現在騒がれている政府関係の事件を背景に、国がSNSを駆使して国民を操作しているという内容に「ドキッ」とした人も多いと思います。

この時代に、日本政府の暗部に切み、タブーを描いた本作に「よくやった!」と称賛を送りたいと共に、この作品がアニメ、実写、恋愛が中心の日本映画界で、アカデミー賞を総なめにしたという事実は、日本映画界も捨てたもんじゃないなと感じさせてくれました。

その一方で、当初は、吉岡エリカ役に日本人女優がキャスティングされる予定が、女優に“反体制”色が付くとして、どこの事務所も引き受けてくれず、アメリカ育ちの記者に設定したというのは残念なこと。

そこには、まだ日本映画の忖度が見え、改めて現実を見たような気持ちになりました。

しかし、勇気をもって引き受けた韓国女優のシム・ウンギョンは、亡き父の「誰よりも自分を信じ疑え」という言葉を胸に、真実を追う女性新聞記者役を真摯に演じ、日本アカデミー初の外国人として最優秀女優賞を受賞しました。

『新聞記者』は、「日本映画でも、ここまで描けるんだ」という可能性を見せてくれた作品として、今後も歴史の残る作品になることは間違いなさそうです。

もし可能ならば、地上波放送し、多くの日本人に見て頂きたい作品です。

なお映画『新聞記者』を、すぐに見たい方は、各動画配信サービスで無料視聴可能です。

そこで、ここからは映画『新聞記者』の動画を無料で見る方法をご紹介します。

\今すぐ【新聞記者】を見る!/

映画「新聞記者」続編の動画が視聴可能なサービス一覧

2020年月11月現在「新聞記者」を配信しているサービスと、視聴するために必要なポイントです。

U-NEXT TSUTAYA TV dTV
必要ポイント 550pt 550pt 440pt

dTVが440ptと視聴のためのポイントが少ないので良さそうですが、 入会時にもらえるポイントや、特典も違いますので、どれが一番お得なのか比較していきましょう。

なお、詳しい配信状況は、それぞれの公式サイトでご確認ください。

映画「新聞記者」の配信サービス比較!お得なのは?

では、3つのサービスを比較していきましょう。

U-NEXT TSUTAYA TV dTV
もらえるポイント 600 1,080 0
月額料金 1,990 2,417 500
無料お試し期間 31日間 30日間 31日間
ダウンロード

どのサービスも 無料期間中に解約すれば費用は一切かかりません。

それぞれのサービスの特徴をざっくりと説明してみますね。

U-NEXT

U-NEXTは、何といっても 見放題作品90,000本、レンタル作品50,000本というのが魅力で、何よりも新作の配信が早いこと

また雑誌の読み放題サービスやアニメ、韓国ドラマの見放題作品が多数あり、無料お試し期間が31日間なのも嬉しいですね。

複数端末での同時視聴や、余ったポイントの使い道が豊富なところも魅力です。

獲得したポイントを使えば『新聞記者』が無料でみれちゃいます!

U-NEXT公式サイト

TSUTAYA TV

月額料金は少々お高めですが、 もらえるポイントが1080ptなので最大3本(新作2本)の動画を視聴することができます。

また定額レンタルのTSUTAYADISCASがついてくるので、ポストに返却のレンタルサービスも利用できるので、上手に使えばお得なサービスです。

「新聞記者」を見ても、ポイントが余るので、新作をもう1本視聴できます。

しかし、見放題作品は、ダウンロードができないので、外出先でのデータ制限がちょっぴり心配。

TSUTAYATV公式サイト

dTV

月額500円なら解約し忘れても、安心の金額です。

しかし、もらえるポイントが0ptなので、「新聞記者」を視聴するには、440円分のポイントを購入しないと視聴できません。

dTV公式サイト

それぞれに特徴や魅力があるので、迷った時には「新聞記者」以外に見たい作品があるか?などから選んでみることも、おすすめです。

いちばんオススメの動画配信サービスは?

映画「新聞記者」が見れる動画配信サービスは、たくさんありますが、その中でも私が一番オススメするのは、

U-NEXTです。

その理由は3つあります。

①見放題作品数9万本。レンタル作品5万本

 

動画数が豊富とうたっている配信サービスは多いのですが、動画コンテンツとは呼べない残念ものも含まれているものが多くあります。

しかし、U-NEXTはきちんと動画の内訳を公開しており映画やドラマの動画が多いのが一目瞭然です。

特に、洋画、アニメ、キッズのジャンルにも強いので家族みんなで楽しめるのが魅力です。

私もU-NEXTを1年以上利用していますが、日々、新しい作品が配信されるので、 未だに「何を見ようかな?」と悩んでしまうほど見たい作品が無くなることはありません。

②ポイントの使い道が豊富!

U-NEXTは見放題作品の他に、最新作の入荷や配信がダントツですが、有料作品となっていることが多いです。

しかし、 毎月1200ポイント(1200円分)がもらえるので、そのポイントを賢く使えば最新作もお得に視聴できます。

また、そのポイントを 新作、本文 ディズニー、雑誌や漫画、映画館にも使用できるのが魅力です。

U-NEXTは、ブルーレイ&DVDリリースと同時配信する事もあるので、ポイントを利用していち早く新作を楽しむことも出来ますよ。

③複数端末での同時視聴が可能

U-NEXTは 追加料金なしで、最大4人まで同時視聴が可能です。

家族で利用するとネックになってくるのが視聴するタイミング。

動画を視聴する時間って案外決まっていて、出勤時間や帰宅してから、休日などに偏ってきます。

そうなってくると、この4アカウントまで同時視聴は、ファミリーにとっては嬉しいサービスです。

また、 子供にロックや利用制限の設定ができるほか、アカウント同士のプライバシーも守られるので安心。

注意する点は、同一作品の同時再生は出来ないので、時間を譲りあいましょう(笑)。

月額料金は1990円と少々お高めですが、上手にサービスを使えば一番お得なサービスです。

もちろん 無料期間内に解約すれば費用は一切かかりません。

こんなサービスが31日間無料であれば、試さない手はありません。

↓U-NEXT公式サイトはコチラ↓

映画「新聞記者」は dailymotionなど違法アップロードサイトで見れる?

「新聞記者」が違法にアップロードされているかもしれない動画共有サイトは、

Dailymotion(デイリーモーション) ウイルス感染の危険
PandoraTV(パンドラTV) 不正アクセス・ウイルス感染の危険
Youku(优酷) 不正アクセス・ウイルス感染の危険
YouTube 公式は有料・違法な動画は即削除

などが予想されますが上記のリスクがあるように、安全は保障できません。

最近では、違法動画アップロードサイトの取り締まりが強化されています。

違法なコンテンツと知りながらダウンロードする行為も犯罪です。もし罪に問われた場合は、 2年以下の懲役または、200万円以下の罰金が課せられることもあります。

それでも視聴したい方は、自己責任ですのでチェックしてみて下さい。

無料で安心・安全に見たい方は公式サービスを利用してくださいね。

U-NEXT公式サイト

最後に

U-NEXTは、見放題作品も多く新作もいち早く配信され、家族で楽しめる魅力的な動画配信サービスです。

大手企業の運営でもあるので、安心・確実に動画を楽しむことができます。

31日間無料お試し期間がついているので、まずは「新聞記者」を見てから継続を考えるのも手です。

本作品の配信情報は2020年11月2日時点のものです。配信が終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、現在の配信状況については各動画配信サイトのホームページもしくはアプリをご確認ください。

\今すぐ【新聞記者】を見る!/

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。