恋ノチカラキャスト・登場人物【恋愛ドラマの決定版!】

メディア

2002年に放映され、未だに恋愛ドラマNo.1にあげる人が多い「恋ノチカラ」。王道のストーリーながら、普通のドラマとは一味違うキラキラしたものに変えてしまっているのは、深津絵里さん、堤真一さんの黄金コンビがあってこそ!また、脇を固める矢田亜希子さん、坂口憲二さんの爽やかさ、西村雅彦さんの演技力の高さも見所の一つです。そんな恋愛ドラマ決定版の「恋ノチカラ」のキャストをご紹介します。

-Sponsored Link-

「恋ノチカラ」キャスト・登場人物

ドラマ「恋ノチカラ」キャスト

本宮籐子(30)
深津絵里

クリエイターに憧れてはいるものの、仕事も恋愛も上手くいかない30代OL。憧れの貫井から引き抜かれ、一大決心をして「貫井企画」に向かうが、人違いだったと告げられる。クリエイティブとは言えない貫井の本性に幻滅するが、子供のようにものづくりを楽しむ貫井に徐々に異性として惹かれていく。
貫井功太郎(35)
堤真一
才能あふれる人気クリエイター。頑固な性格のため上司とうまくいかず退社して「貫井企画」を立ち上げる。秘書を雇うつもりが籐子を間違って入社させてしまう。仕事には並々ならぬ情熱がある。仕事一筋で女性には奥手。

倉持春菜(23)
矢田亜希子
籐子とルームシェアをしている。お嬢様育ちのため世間離れしているが、図書館の司書になるために講座に通うなど真面目な努力家である。父親が「貫井企画」と関わりがあり、
また籐子の上司としても貫井に知り合い、徐々に貫井に好意を抱くようになる。

木村壮吾(25)
坂口憲二
若手実力派のクリエイター。貫井に憧れてて広告業界に入るが、その後貫井と共同で「貫井企画」を立ち上げる。お調子者で女好きではあるが、仕事は真面目にこなす。酒飲み同士の籐子と気が合う。
寺石香里(28)
久我陽子
壮吾の高校時代に、一目ぼれした女性。壮吾と同じ金沢出身。既婚者だが、夫との関係は冷めており、壮吾と連絡を折り合い親密に…。
須田真季(30)
猫背椿
広告社庶務課勤務で酒飲み籐子の飲み友達である。仕事や恋愛ほ愚痴を言い合うなど、籐子とは腹を割って話し合える仲である。恋して輝く若い女性に対して異常な嫉妬心を持っている。
長谷川郁子(21)
菅原禄弥
春菜と同じ司書講座に通う今どきの若いOL。壮吾に対して好意を持っている。
楠木賢明(60)
志賀廣太郎
100周年を迎えた「楠木文具」の社長。貫井企画の初めてのクライアントでもある。温厚そうな性格だが、なにかと貫井企画にクレームを付けてくる。後に貫井や籐子と一緒に仕事をすることに。
吉武宣夫(40)
西村雅彦
ユニバーサル広告社・営業部勤務。家庭を大切にする良き夫であり父親。真面目な努力家であり、世間の厳しさを体感しているため、クリエイティブな才能ある人々に対して敵意を抱いている。貫井に対しても同じで、「貫井企画」の営業を妨害しようと企てるが、後に貫井企画で働くことになる。
倉持勇祐
谷原章介
春菜の兄で、5年前まで籐子と付き合っていた。現在はイタリア・ミラノで海外赴任中である。
倉持堅
児玉清
春菜の父親で、広小路製薬の宣伝部長。「貫井企画」とも関わりがある。娘の春菜のことをいつも気に掛けている。

本宮籐子は、 私生活はだらしないですが女性からの共感できる役で、深津絵里さんが本当にキュートでファッションもお手本にしたいほど

そして、 お相手の堤真一さんが演じる貫井功太郎は、女性にとっては憎らしい部分もあるけど魅力的な男性。

(ちょっと身勝手だけど…)堤真一が一番かっこ良かったドラマですね。

そんな2人が喧嘩しながら、お互いになくてはならない存在に発展する過程もワクワクします。

細かいところで言うと、貫井(堤真一)と木村(坂口憲二)の食事の場で、木村にナンパされてやってきたギャル2人のうちの一人は、

若かりし頃の押切もえさんが出演しています。

-Sponsored Link-

主題歌は「キラキラ」スタッフは「やまとなでしこ」メンバー

主題歌は小田和正さんが歌う「キラキラ」

このドラマの世界観を盛り上げる小田和正さんが歌う「キラキラ」。

ドラマの中で、絶妙のタイミングで曲がかかったりするんですよね~♪

このドラマの後に、結婚式で「キラキラ」の曲を流す人が急増しました(笑)

「恋のチカラ」と「やまとなでしこ」の共通点

2000年に放映された、大ヒットドラマ「やまとなでしこ」。こちらも、伝説的な恋愛ドラマですが「恋のチカラ」との共通点が多いのです!

●主要キャストとスタッフが同じ
●堤真一役と矢田亜希子役が付き合うが、共にヒロインに取られて涙する。
●第6話であぶらとり紙の商品名が「やまとなでしこ」

2つの脚本を書いた相沢友子が、司会をするラジオ番組にゲスト出演した際に、矢田が「次に堤さんと共演したときには堤さんをふる役にしてほしい」と頼んだエピソードが残っています(笑)

-Sponsored Link-

「恋ノチカラ」あらすじ

30歳の独身女性・本宮籐子(深津絵里)が、大手広告会社から独立し起業した人気クリエイター・貫井功太郎(堤真一)たちと会社を立ち上げていく過程で、諦めかけていた恋愛や仕事を取り戻していく姿を描いたドラマ

出典:フジテレビアーカイブ

全話のあらすじ・伝説の最終回が知りたい方は、以下の記事で↓

ドラマ「恋ノチカラ」感想

恋愛ドラマとしては王道的なストーリーで、友達と同じ人を好きになったり

始めは嫌な奴だと思っていたり相手からは恋愛対象とされない扱いを受けていたり。

素直になれずに駆け引きをしたりしながら、お互いに惹かれ合っていく。

最終的に主人公が幸せを掴んでいく姿は、本当に元気をもらえるドラマとなっています。

-Sponsored Link-

なにはともあれ、深津絵里さんのファッションも含めすべてがカワイイ!!

堤真一さんも、現在は恋愛ドラマに出演するのは、少なくなりましが、

この頃は脂がのっていて、めちゃくちゃかこいいです。

ぜひ、もう一度「恋ノチカラ」を見直してみてくださいね!


関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。