『チャーリーとチョコレート工場』役名とキャスト・子役の現在

洋画

ティム・バートン監督によるファンタジーでありながら、どこかシュールな『チャーリーとチョコレート工場』が2005年に公開されてから15年以上経ち、あの強烈でエキセントリックなキャラクターを演じた俳優や子役たちが、現在どうしているか気になりませんか?そこで今回は、『チャーリーとチョコレート工場』のキャストの現在をご紹介いたします。

Sponsored Link

『チャーリーとチョコレート工場』キャストの現在

ウィリー・ウォンカジョニー・デップ

41歳 57歳

端正なマスクでありながら、『シザーハンズ』『ダーク・シャドウ』『パイレーツ・オブ・カリビアン』などでアクの強い役を演じてきたジョニーデップ。日本でも、熱狂的なファンがいるハリウッド俳優の一人です。

プライベートでは、モデルのケイト・モスや、女優のウィノナ・ライダーと浮名を流し、長く 事実婚状態にあったヴァネッサ・パラディとの関係は有名ですよね。二人の子宝にも恵まれ長女のリリー=ローズ・デップはモデル・女優として活躍中です。

しかし、ジョニーの雲行きが怪しくなったのは、ヴァネッサ・パラディと別れ、女優のアンバー・ハードと結婚しスピード離婚してからです。アンダー・ハードから DVで訴えられ、ジョニーは反論。泥沼の訴訟が繰り広げられましたが、結局、敗訴したジョニーがアンバー・ハードに約7億円を支払うことで決着しました。

大ヒットした『ファンタスティック・ビースト』シリーズ(2016年)以降は、目立った出演作もなく『ファンタビ』続編も、裁判で敗訴したことで「妻を殴る男」のレッテルを貼られてしまったことが響き、降板。

現在、ハリウッドのキャリアも信用も失い、散々な目にあっている57歳のジョニーデップですが、やはりスーパースター。『パイレーツ・オブ・カリビアン』の続編やティム・バートンの新作に出演するかも?という噂も上がっています。起死回生で這い上がってほしいものです。

チャーリー・バケットフレディ・ハイモア

12歳 28歳

小動物のように可愛い少年・チャーリーを演じたフレディ・ハイモアも現在は28歳の大人になりました。

英国ドラマで俳優として活躍する父親エドワード・ハイモアとタレントのエージェントを務める母との間に誕生したフレディは、俳優活動をしながら名門ケンブリッジ大学でスペイン語とアラビア語でダブルファーストを取得(卒業試験で、2科目で最優秀を得ること)して卒業した秀才です。

その後、俳優としてもキャリアを築き、日本でドラマ化もされた『グッド・ドクター名医の条件』で自閉症の外科研修医を演じ、高い演技力を見せつけました。さらに『ベイツモーテル』では、悪名高い殺人犯ノーマン・ベイツの青年時代を演じ話題となりました。

プライベートでは、女優のアビゲイル・ブレスリン、ダコタ・ファニング、サラ・ボルジャーなどと噂がありましたが、現在も独身です。

ジョーおじいちゃんデイビッド・ケリー

75歳 82歳没

チャーミングなショーおじいちゃんを演じたデイビット・ケリーは、映画、ドラマなどで1950年以降から活躍し、英国ドラマでお馴染みのアイルランド出身の俳優です。

性格は、気さくで温かく、ユーモアのある人柄で、まさにショーおじいちゃんそのものだったと俳優仲間は語っています。プライベートでは、女優のローリーモートンと結婚しました。

2005年には、アイリッシュ映画&テレビ賞で生涯功労賞を受賞しましたが、2012年に82歳でその生涯を閉じました。

バケット夫人(母)ヘレナ・ボナム=カーター

38歳 54歳

銀行頭取の父と、心理療法士に母の元にロンドンで生まれたヘレナ・ボトム・カーターは、13歳から芸能活動を開始しました。

1996年のブラットピット主演映画『ファイト・クラブ』出演で注目されていたヘレナでしたが、女優としてのキャリアは、本作の監督 ティム・バートンと築いたといっても過言ではありません。

プライベートで、1994年~1999年にかけて俳優のケネス・ブラナーと交際していたヘレナでしたが、その後、監督のティム・バートンと出会います。しかし、当時ティム・バートンには、女優リサ・マリーという恋人がいました。しかも映画『猿の惑星』でヘレナとリサ・マリーは共演!そんななか、ティムはリサを捨て、ヘレナと事実婚状態となり、息子のビリー(17歳)、娘のネル(13歳)を設けました。

交際期間には、ティムとヘレナはタッグを組み『チャーリーとチョコレート工場』を含む、約9本の映画を制作しました。『スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師』『アリス・イン・ワンダーランド』シリーズなどで、特殊メイクを施すなど、 エキセントリックで奇抜な役を演じ、確固たる女優の地位を確立しました。

そんな最強ともいえるティムとヘレナですが、13年間続いた二人の関係も2014年に終了しています。現在、ヘレナは32歳のライ・ダグ・ホルムボーと交際中です。

-Sponsored Link-

バケット氏(父)ノア・テイラー

35歳 51歳

華奢で繊細な父親バケット氏を演じたのは、オーストラリア出身の俳優のノア・テイラー。

若い頃にダンスと演技を学んだ彼は、実在のピアニストを描いた映画『シャイン』で若き日のデイヴィッド・ヘルフゴットを演じて注目されました。その後、アンジェリーナジョリー主演の『トゥームレイダー』、『あの頃ペニー・レインと』などに出演。

プライベートでは2012年ディオンヌ・ハリスと結婚しています。

ボーレガード夫人ミッシー・パイル

32歳 48歳

娘を勝者に育てることを生きがいにしている強烈なキャラクターであるボーレガード夫人を演じたのは、アメリカ生まれの女優ミッシー・パイルです。

ミッシー・パイルは、13歳で演じることの楽しさに目覚め、アメリカで舞台芸術高校のトップ3の1つジャーマンタウン高校に進学しました。

コメディ映画『ギャラクシー・クエスト』サーミアン星人の演技で注目され、その後『50回目のファーストキス』『ホーンテッドハウス2』『ゴーンガール』に出演。ティム・バートンやベン・スティラー作品にも多く出演しています。

プライベートでは、テレビ司会者のケーシーアンダーソンと結婚しますが2013年に離婚しています。

バイオレット・ボーレガードアナソフィア・ロブ

11歳 27歳

アメリカ生まれのアナソフィア・ロブは、インテリアデザイナーの母と建築家の父の娘として誕生しました。敬虔なクリスチャンの家に生まれた彼女は、学校に通わないで家で教育を受ける「ホームスクール」で育ちました。

幼少期に演技に興味を持ったアナソフィアは、8歳のとき、エージェントにスカウトされ、アメリカで子どもに人気の「ブラッツ人形」やマクドナルドのCMに出演、さらに本作の主要キャラクターであるバイオレット役で注目されました。

成長後も『魂のサーファー』13歳でサメに襲われ左腕を失った実在のサーファー、ベサニー・ハミルトンを演じるなど、キャリアを築きました。現在27歳の大人の女性に成長したアナソフィアですが、まだ結婚はしていません。

ティービー氏アダム・ゴドリー

40歳 56歳

ユダヤ人家庭で、弁護士の父親と治安判事の母親の元に生まれたアダム・ゴドリーは、9歳の頃からラジオ出演するなど芸能活動を開始し、11歳で初めて舞台に立ちました。

その後も、舞台で活躍し、オリヴィエ賞に3回、トニー賞にノミネートされます。映画では『ラブ・アクチュアリー』『エリザベス:ゴールデン・エイジ 』などに出演。

プライベートでは、女優アレックスベルコートと結婚していましたが離婚。バイセクシュアルとしても知られており、現在は作家の男性とロサンゼルスで同棲中です。

マイク・ティービージョーダン・フライ

11歳 27歳

アメリカの俳優であるジョーダン・フライは、本作でゲームマニアの少年を演じて注目され、2007年に2007年のディズニーアニメ『ルイスと未来泥棒』で声優活動をした以降は目立った作品には出演していません。

現在、確認されているのは2021年に『Vivo』という作品で声優を務めるということです。

ベルーカ・ソルトジュリア・ウィンター

11歳 27歳

甘やかされて育ったお嬢様を演じたジュリア・ウィンターは、本作出演当時は11歳で、現在は27歳の美しい女性に成長しています。

イギリスのロンドンで育った彼女は、本作に出演し、バイオレット役の子役アナソフィアと親友になりました。その翌年、女優の道には進まず引退。生まれ故郷であるスウェーデンに戻り、医者になるため勉強中とのことです。

ソルト氏ジェームズ・フォックス

65歳 81歳

ベル―カの父親を演じた、イギリス紳士役が良く似合うジェームズフォックスは、ロンドン出身の有名な俳優です。

福音派のクリスチャンとして宣教活動に専念するため、演技を休んだ時期もありましたが『パトリオット・ゲーム 』『名探偵ポワロ第9シリーズ 』『シャーロック・ホームズ』などに出演。現在81歳になりますが、ご存命です。

グループ夫人フランツィスカ・トローグナー

50歳 66歳

食いしん坊のオーガスタスの母親を演じたのは、ドイツ ベルリン出身の女優フランツィスカ・トローグナーです。

ドイツ映画賞の助演女優賞などを受賞している実力派女優であるフランツィスカ・トローグナーは、テレビドラマ「ミス・マープル」などの吹き替えのお仕事もされています。

オーガスタス・グループフィリップ・ウィーグラッツ

11歳 27歳

底なしの食欲を持つ少年・オーガスタスを演じたドイツ出身のフィリップ・ウィーグラッツ。

実は、本作では、実はファットスーツを着て、ふくよかな少年に変身しました。現在は、成長して27歳でぽっちゃりイケメン?として俳優活動を続けています。

ウンパ・ルンパディープ・ロイ

47歳 63歳

得体のしれない小さな妖精おじさんウンパ・ルンパを演じた、ケニア生まれのインドの俳優ディープ・ロイは、現在63歳となりました。

インドで26代続くマハラジャ(高位の王/高貴な職位を示す)であることでも有名です。小人症により 身長は132cmと小さいですが、その体型を生かし1976年にデビューして以来、俳優、スタントマン、コメディアンとマルチに活動。

映画『ネバーエンディング・ストーリー』で真っ赤な衣装に身を包んだハウレの森に棲みつくティニー・ウィニー役としても知られ、他に『スター・トレック』『猿の惑星』『グリンチ』『ビッグ・フィッシュ』など立て続けに出演し大活躍しています。

ウィルバー・ウォンカクリストファー・リー

83歳 93歳没

ウォンカの父を演じたのは、『フランケンシュタインの逆襲』『吸血鬼ドラキュラ』など 怪奇映画の大スターとして名を馳せたクリストファー・リーです。

1948年にデビューして以来、年に1~2本、全盛期には4~5本の映画に出演し続け 90歳を超えても現役で俳優を続けていたことでも有名です。

ティム・バートンは幼少期にホラー映画に救われたこともあり、クリストファー・リーの存在を“お父さん”のようだと表現しています。他にもティム監督は、職権乱用wwwし1999年の『スリーピー・ホロウ』、2012年の『ダーク・シャドウ』まで、5作品でクリストファー・リーを出演させています。

90歳を迎えても出演オファーは途切れることはないほ人気俳優だったクリストファー・リーさんですが、2015年に心不全でお亡くなりになりました。

『チャーリーとチョコレート工場』吹き替え声優と知られざるトリビアは⇒こちら

映画『E.T』の子役・キャストの現在は⇒こちら

まとめ

2023年には、ウィリー・ウォンカ主人公の前日譚映画『Wonka(原題)』が公開されることも決定し、また注目されることが予想される『チャーリーとチョコレート工場』。

そんな 『チャーリーとチョコレート工場』は、動画配信サービスU-NEXTで無料視聴可能です!

おまけに31日間無料トライアル中&600ptプレゼントですので、この機会にぜひお試しください。トライアル中に解約すれば、一切料金はかかりません。なお、本作品の配信情報は2021年2月時点のものです。配信が終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、現在の配信状況については各動画配信サイトのホームページもしくはアプリをご確認ください。

\今すぐ【チャーリーとチョコレート工場】を見る!/

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。