『孤狼の血level2』相関図・キャスト&あらすじ見どころ

邦画

暴力団抗争から3年後、若き刑事・日岡は、伝説の刑事・大上の遺志を受け継ぎ、広島の治安を守っていた。しかし、最恐モンスター上林が出所したことで事態は急変。さらに、マスコミのリーク、警察上層部の陰謀が日岡に襲いかかり絶対絶命の大ピンチに。そこで今回は、前作を凌ぐ衝撃作『孤狼の血 level2』のキャスト・相関図と見どころをご紹介いたします。

-Sponsored Link-

『孤狼の血level2』相関図

『孤狼の血level2』キャスト一覧

呉原東署

日岡秀一松坂桃李

刑事二課。3年前に勃発した暴力団抗争で、尾谷組ら手打ちを裏で仕切り、表向きの抗争を終結させた。それ以降、殉職した“ガミさん”こと大上の「カタギを守る」という意志を受け継ぎ、暴力団と繋がりを持ちつつ違法捜査もいとわず広島の治安を守っている。しかし上林が出所したことで、裏社会の秩序h¥が崩れていくことに。

友竹啓二矢島健一

刑事二課暴力班捜査係係長。3年前に勃発した暴力団抗争の捜査にも参加。大上のように破天荒な捜査をする日岡を心配している。

菊地さいねい龍二

刑事二課暴力班捜査係巡査。

有原沖原一生

刑事二課暴力班捜査係巡査。

広島県警本部

嵯峨大輔滝藤賢一

捜査一課管理官。暴力団組織と癒着し、3年前には警察の弱みを握る大上を排除した。さらに、自分の裏の顔を知る日岡を消したいと考えている。

瀬島孝之中村梅雀

捜査一課。定年間近に捜査一課に異動となり、日岡の相棒となる。ピアノ講師・神原千晶 殺害事件の捜査にあたる。

中神悟三宅弘城

捜査一課刑事。嵯峨管理官と瀬島の板ばさみとなる中間管理職。黒い噂をささやかれる日岡を懐疑的に見ている。

広島仁正会

綿船陽三吉田鋼太郎

広島仁正会・会長。尾谷組との十数年にわたる抗争に終止符を打った。経営の才能を発揮して、広島の巨大組織を束ねる。

溝口明宇梶剛士

広島仁正会・理事長。尾谷組との抗争をけしかけ、綿船会長にも反抗的な上林を排除しようと日岡に情報を流す。

五十子会

角谷洋二寺島進

二代目五十子会・会長。五十子正平が抗争で亡くなってから、五十子会会長を襲名。しかし、組織は弱体化。前会長に忠義を尽くす上林を持て余している。

角谷華英安竜うらら

角谷洋二の妻。

五十子正平石橋蓮司

五十子会会長。3年前、日岡が裏で手を引き、尾谷組に殺させた。

五十子環かたせ梨乃

五十子会会長故・五十子正平の妻。夫の無念を晴らすため。上林の出所喜んで迎える。

五十子会上林組

林成浩鈴木亮平

五十子会上林組・組長。7年の刑期を終え出所。故五十子正平に忠義を尽くす。猟奇的な暴力性を持ち、五十子正平の敵討ちに執念を燃やす。己の破壊衝動のもと対抗してくる組員や上層部を抹殺していく。やがて、五十子殺しを計画したのが日岡だと知り…。

佐伯昌利毎熊克哉

上林の舎弟頭。上林に習い、上層部に対し攻撃的な姿勢を取る一方で、周囲を冷静に見るクールな一面を持つ。

戸倉毅小栗基裕

上林組の構成員。

近田幸太村上虹郎

五十子会上林組・組員であるが、実は日岡のスパイ。日岡を兄のように慕っている。ある報酬と引き換えに、日岡のスパイとして上林組に潜入するが、次第に疑惑の目を向けられる。

尾谷組

一ノ瀬守孝江口洋介

若頭。尾谷の代わりに組を仕切っている。服役中。

天木幸男渋川清彦

尾谷組・組長代行。冷静沈着で服役中の一之瀬の代わりに組をまとめる。日岡とは一定の距離を置きながら、良好な関係を築く。

橘優馬斎藤工

尾谷組・若頭。冷静な物言いで、相手を怒らせてしまうことも。3年前に一之瀬を貶めた日岡を恨んでいる。

花田優早乙女太一

尾谷組の血気盛んな構成員。若頭の橘に忠義を尽くし、襲撃を受けた際は命を懸けて守る。上林と火花を散らす。

柳島杉田雷麟


尾谷組の構成員。

一般人

近田真緒西野七瀬

「スタンド 華」のママ、チンタ(近田幸太)の姉。日岡とは恋仲?。

吉田滋音尾琢真

尾谷組の構成員だったが、仁成会の仁正会の援助を受け、国の公共事業をも手掛ける建設会社パールエンタープライズを設立。業績は順調で儲けていたが、上林に乗っ取られる。

神原千晶筧美和子

ピアノ教室講師。憲一の妹であることから逆恨みされ、上林と組員により惨殺される。

神原憲一青柳翔

徳島刑務所 刑務官で千晶の兄。凶暴な上林を懲罰房に閉じ込め暴力を加えたことで、恨まれ妹を殺される。

瀬島百合子宮崎美子

瀬島孝之刑事の妻。難病の子どもを亡くした経験を持つ。夫とコンビを組む日岡に手料理をふるまい温かく家に招く。

高坂隆文中村獅童

安芸新聞社の記者。3年前に起きた五十子会会長の殺害と暴力団抗争の黒幕が日岡ではないかと疑い、嗅ぎ回る。

前作『孤狼の血』相関図&キャストあらすじは⇒こちら


-Sponsored Link-

『孤狼の血level2』あらすじ

 

2018年公開の映画『孤狼の血』に続く『孤狼の血 LEVEL2』は、完全オリジナルストーリーです。

広島の架空の呉原市で起きた地元の尾谷組と、広島市を地盤にする五十子会との抗争から3年後ー。

裏社会を治めていた伝説の刑事・大上亡き後、その遺志を受け継いだ若き刑事・日岡秀一は広島の治安を守っていた。

そんななか、五十子会上林組組長・上林成浩が7年の刑期を終え徳島刑務所を出所したことで事態は急変する。

この上林という男は、親父と慕う五十子正平以外は信用せず、人を人とは思わない悪魔のような人間で、服役中に看守から暴行を受けていた報復に、看守の妹をなぶり殺しにする。

事件の担当を、広島県警・管理官の嵯峨から任された日岡は、事件の重要参考人として名前のあがった上林を調べてみると、上林は中学生の頃に父親を包丁で刺し、母親の眼球をえぐり出して殺した前科があった。

一方、狂犬のような上林は、五十子殺害の黒幕が日岡であると知り、その獰猛な牙を日岡に向ける。

さらに、マスコミへのリーク、警察内部からの魔の手が日岡に忍び寄り…。

-Sponsored Link-

『孤狼の血level2』見どころ

一皮むけた日岡

髪を短く刈り上げ、前作よりも精悍でワイルドになった日岡。

まるで大上が乗り移ったかのように、違法捜査もいとわず、ヤクザを生かさず殺さず飼いならしているように見える日岡ですが、警察の上層部からは“不良刑事”のレッテルを貼られ、裏社会からは両方の組頭を騙したと卑怯者扱いされ、孤立無援の状況です。

日岡は大上の形見である、狼のジッポーを眺め何を思うのか?日岡の見た目だけでなく飢えた心にも注目です。

最恐のモンスター上林

自目をかけてくれた五十子正平以外は信用せず、自分に歯向かう者には残虐な仕打ちを平然と行う上林。

暴力的な父親と、ネグレクトな母親に育てられた上林の幼少期には同情もしますが、それを吹っ飛ばすほどの凶暴性には目を覆いたくなるほどです。

「どんな環境で育ったら、あんな男が生まれるんだ」と看守に言わしめた上林。

柔和な笑顔から、悪魔のような形相に豹変する猟奇殺人者上林から目が離せません。

前作を越えるバイオレンス

前作がマイルドだと思えるほど、今回の『孤狼の血level2』のバイオレンスのエグさは顔をしかめるほど激しいものでした。

女性までも容赦なく殺され、表現の自由が厳しくなっていく時代に、暴力をこんなにあからさまに描けることに驚きますが、一方で、大切な人を守るために戦い続ける男のドラマも描かれているので、ヤクザ映画初心者でも入りやすい。

また、日岡を“ひ~さん”と呼び兄のように慕う五十子会の若い組員・チンタ、日岡とバディを組む定年真近の瀬島、そして、日岡のもう一人の敵である広島県警・管理官の嵯峨、社長になりながらパール繋がりで登場する吉田などのキャラも良い!

普段の役では見られない、役者さんたちの「なんもかんもぶっ壊れりゃあええんじゃ!」の振り切った演技が、今回も健在です。

『孤狼の血 level2』公開日

前作を越えるバイオレンス&衝撃の映画『孤狼の血 level2』は、

◆2021年8月20日

公開です。

-Sponsored Link-

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。