• HOME
  • ブログ
  • 邦画
  • 映画『シャーロック』相関図キャスト!日本版バスカヴィル家の犬ネタバレ

映画『シャーロック』相関図キャスト!日本版バスカヴィル家の犬ネタバレ

邦画

ディーン・フジオカと岩田剛典という顔面最強の二人がバディを組んだ2019年の月9ドラマ「シャーロック」が、2022年に『バスカヴィル家の犬 シャーロック劇場版』として帰ってきます。そこで今回は、映画『バスカヴィル家の犬 シャーロック劇場版』のキャスト相関図、あらすじ原作をご紹介いたします。

-Sponsored Link-

映画『シャーロック バスカヴィル家の犬』キャスト一覧

誉 獅子雄ほまれししおディーンフジオカ

フリーランスの犯罪捜査専門のコンサルタント。幼少期から人間が犯罪者へと変貌する心理や原罪に興味を持ち、学生時代から不可解な事件や謎を解決してきた天才。

“犯罪衝動”を抱えるため、自身も犯罪者と紙一重の一面を持つ。事務所は構えず、警察や個人からの依頼で、気に入ったものだけを請け負う。

性格は自由気ままで、自分勝手。実家の誉家は名家だが今は没落。

原作のシャーロック・ホームズにあたる人物。

若宮潤一わかみやじゅんいち岩田剛典

都内の病院に勤務する精神科医だったが、同僚の死亡事件で容疑者として獅子雄と運命的な出会いを果たし、容疑は晴れたものの国家試験のカンニングが見つかり失業する。

獅子雄が、若宮の部屋に転がり込んでくる形で事件の捜査を手伝うハメになる。

他人からみると常識人で、善良な人物だが、実は傷つきやすく少年のような心を持つ。それゆえに、虚栄心と煩悩のはざまで苦悩する。いつも獅子雄に振り回される。

原作のジョン・ワトソンにあたる人物。

資産家令嬢未発表

資産家の娘で誘拐未遂事件の被害者。数奇な運命を辿った美しきヒロイン。

-Sponsored Link-

映画『シャーロック バスカヴィル家の犬』あらすじ

日本有数の資産家より娘の誘拐未遂事件の犯人捜索の依頼が、若宮潤一(岩田剛典)の元に舞い込んだ。

しかしその直後、資産家は莫大な遺産を遺し、心臓発作により亡くなってしまうが、遺体のそばに巨大な犬の足跡が発見される。

獅子雄と若宮は、資産家の死と、娘の誘拐事件の謎を探るため、瀬戸内海に浮かぶ島に向かう。

そこで待ち受けていたのは、訳アリの華麗なる一族の面々と、怪しさ満点の関係者たち。

絶海に浮かぶ 閉鎖的なその島には、人を襲う不気味な魔犬の伝説が言い伝えられていた。

さらに、連鎖するように、殺人や事件が次々と起こり…現在と過去が交錯し、これは開けてはいけない“パンドラの箱”なのか?

さらに、若宮に絶体絶命の危機が迫る!そのとき獅子雄はどのような決断をするのかー。

閉ざされた島を舞台に、戦慄の心理スリラーが幕を開ける。

原作『バスカヴィル家の犬』とは?


バスカヴィル家の犬改版 (新潮文庫) [ アーサー・コナン・ドイル ]

映画『シャーロック』の原作である「バスカヴィル家の犬」は、コナン・ドイル著のシャーロック・ホームズシリーズ中でも“傑作”“ミステリーの最高峰”との呼び声高い作品です。

あらすじは、1880年代後半。

イギリス南西部にある、口から炎を吐く魔犬の伝説が残るバスカヴィル家の 当主・チャールズ・バスカヴィルの遺体が発見される。

死因は、心臓発作による病死とされたが、遺体のそばに巨大な犬の足跡が発見されていた。

不審に思った大富豪チャールズ卿の主治医のモーティマーは、ホームズに事件の調査を依頼。

呪われた魔犬伝説により、以前から、不可解な最期を遂げた者が多いバスカヴィル家。

ホームズとワトソンが、未だかつてない不気味な難事件に挑む。というお話です。

事件とどう関わるのか分からない謎が沢山登場し、中盤までワトソンが主体で事件の捜査に奮闘し、ホームズに手紙で報告するといいう、シリーズでは珍しい設定となっています。

物語の舞台となっているダートムアの風景描写も細かく描かれており、その荒涼とした地を駆ける、漆黒の悪魔犬というのも、おどろおどろしさを倍増させており、ミステリー好きにはたまらない作品となっています。

映画を観る前に、予習として読んでおくのもオススメですよ。

原作『バスカヴィル家の犬』あらすじから結末ネタバレは⇒こちら


-Sponsored Link-

映画『シャーロック』見どころ

獅子雄や守谷の謎は明かされる?

ドラマ版の最終回で、守谷に掴まれ海へと消えた獅子雄。

若宮は、

誉獅子雄は消えた。人は彼が死んだという。でも、僕はそうは思わない。どこかで謎を解いては、得意げに笑っている。フラリと戻るその日まで、このバイオリンは大切に取っておこう。別れの言葉は口が裂けても言わないから安心しろ。我が愛すべき親友S・Hへ。

と言っていた通り、特別版ではシレッと獅子雄が登場しましたwww。

これにより続編が噂されていた『シャーロック』。やはり映画版で戻ってきました!

しかし、結局、守谷という男は誰だったのか?3年間獅子雄は何をしていたのか?の疑問は解消されないまま…。映画版では、そのへんのエピソードも明かして欲しいですね。

舞台は絶海の孤島

原作の「バスカヴィル家の犬」の舞台は、イギリス南西部。迷い込んだ馬を飲み込む底なし沼がる広大な湿原も広がる不気味な荒野。

一方、映画版『シャーロック』では、瀬戸内海に浮かぶ閉ざされた孤島が事件の現場となっています。

不気味な魔犬伝説の残る島に、一癖も二癖もある富豪一族が住むという設定は、横溝正史の金田一シリーズを彷彿とさせてくれますね。

原作の世界を生かしつつ、日本的なジメッとした陰鬱な雰囲気を味わえそうで楽しみです。

『バスカヴィル家の犬 シャーロック劇場版』公開日

主演 ディーン・フジオカ、岩田剛典
原作 コナンドイル「バスカヴィル家の犬」
監督 西谷弘
脚本 東山狭(ドラマ版と同じ)
公開 2022年

ドラマ版から、作り込まれたストーリーと魅力的なキャラクター、テンポの良い演出で好評を博していた『シャーロック』。

劇場版では、ホームズシリーズ屈指の名作「バスカヴィル家の犬」の舞台を、瀬戸内海の閉ざされた孤島に落とし込み、ドラマ版以上に、壮大でスリリングな展開が期待できそうです。

また、江藤&グレの刑事コンビも登場するのか?ファンにとっても気になるところです。新しいキャスト発表を待ちたいと思います。

-Sponsored Link-

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。