映画『ゲットアウト』もう1つの怖いラストと伏線&キャスト

洋画

アメリカ人の深層意識にある差別をあぶり出した社会派ホラーコメディー『ゲットアウト』。白人と黒人のダブルであるコメディアンのジョーダン・ピール初監督の本作は、日本人の私たちには分からない人種差別の細かな暗喩や伏線が散りばめられています。そこで今回は、映画『ゲットアウト』の伏線を解説しつつ、もう一つのエンディングや、キャスト相関図についてご紹介いたします。

-Sponsored Link-

差別問題を描いた作品が多く発表されるアメリカ

近年、アメリカでは、白人警官による無抵抗な黒人への暴力が問題となり、人種差別問題を描いた作品が注目されています。

例えば、1つの交通事故から、多民族国家であるアメリカの偏見、差別、繋がりを描いた『クラッシュ』。

マイアミの貧困地域に暮らす黒人少年の成長を描いた『ムーンライト』。

インテリ黒人ピアニストがイタリア人を運転手に雇い、アメリカ南部への音楽のツアーに出かけゆく先々で差別を目の当たりにするロードムービー『グリーンブック』。

最近では、黒人に対する差別や暴力を無くそうと、“Black Lives Matter”というムーブメントが世界中に広がり、映画界でも演技部門のノミネート俳優がすべて白人であったり、アカデミーの会員の92%が白人であることが指摘され 「白すぎるオスカー」が批判されました。

『ゲットアウト』での人種問題は、歴史の中で幾度となく繰り返されている白人による理不尽な黒人への不当な扱い(黒人=被害者/白人=加害者)という単純な構図では描かれていません。

あらすじは、ニューヨークに暮らす黒人写真家のクリスが、白人の恋人ローズの実家に招かれますが、ローズの家族の知り合いが白人ばかりなこと、黒人の使用人の態度に居心地の悪さを覚え、それが次第に恐怖に変わっていくというものです。

『ゲットアウト』人物相関図

ローズの家族は、リベラルな考えを持つ白人たちという設定で、黒人のクリスを表面上はにこやかに迎え入れます。

しかし、ローズの弟(窪塚洋介さんに似てるwww)は夕食の際に「スポーツで活躍しているのは黒人ばかりだ」と妬ましげに話します。確かに、現在バスケットボールのNBAで活躍する選手の70~80%が黒人であるという事実もあります。

『ゲットアウト』では、白人至上主義=加害者たちの欺瞞的なリベラルと、黒人への捻じれた劣等感という新しい視点で黒人差別を描いています。

-Sponsored Link-

『ゲットアウト』の怖い伏線を解説

鹿を轢いた意味は?

ローズの実家に向かう途中、車で鹿をはねてしまうシーンが登場しますが、クリスは、倒れたメス鹿に、ひき逃げされた母親を重ね落ち込みますが、ローズは気に留める様子はありません。

鹿はブラックバックという種類のものですが、Black Buckは「粗暴で白人女性を襲う黒人男性(←偏見です)」という意味のスラングがあります。

現在のアメリカでは言ってはいけない言葉というものがあり、「Black Sheep=厄介者、面汚し」「Blackout=停電、失神」などの、マスコミや大学のキャンパスでは使用禁止用語に指定されているものもあります。

ブラックバックを黒人男性に例えていると述べましたが、ローズの父親が鹿を轢いたことを聞き「殺してくれて感謝する。鹿は嫌いだ。」と発言しているのは、隠れた差別意識の表れです。

ローズがクリスの免許証提示を拒んだ理由

先ほどの鹿との衝突事故で、警察が運転手ではないクリスの免許証を提示するように求めますが、ローズは強い口調で断ります。

しかし、この行為はローズはクリスを不当な捜査から守ったわけではありません。

今後、クリスに行方不明の捜査が及んだ際に、クリスとローズが 一緒にいたという記録を、警察に残さないためだったのです。

ちなみに、ローズを演じたアリソン・ウィリアムズに既視感があってググったのですが、全然知らない女優…。後から気づいたのですが彼女の顔『砂と霧の家』などで知られるジェニファー・コネリーにソックリなんですね。

母親が催眠療法に使うスプーンの意味

ローズの母は、スプーンで紅茶をかき混ぜながら催眠療法を行いますが、欧米では、銀のスプーンにはBorn with a silver spoon=銀のスプーンを使っているような金持ちの家に生まれたという言葉があります。

銀のスプーンは上流階級を象徴するものであり、スプーンを使って催眠をかけ、黒人を支配するというのは、奴隷制度を暗喩しています。

陸上競技で黒人に勝てなかった祖父

ローズの父親が、写真を見ながら「私の父は、オリンピックの最終選考でJ.オーエンス(実在するオリンピックメダリスト)に敗れた」と語るシーン。

何気ないシーンですが、後に黒人庭師・ウォルターの中身がローズの祖父だと判明。

黒人の肉体を手に入れた祖父は、夜の走り込みに精を出し、若い頃に叶えられなかった夢を今でも追っているのです

しかし、夜中にウォルターがクリスに猛ダッシュで迫ってくるシーンは恐ろしかった…。

地下室の黒カビ

クリスに家を案内するローズの父が「地下室は黒カビが発生しているから、立ち入らないように」と警告する場面。

その後のクリスの地下室監禁を暗喩していることはもちろん、“黒”という言葉に対して否定的な意味を持たせています。

パーティーに招かれた人の服装

アーミーテージ家のに招かれた人の服装を見てみると、皆 黒っぽい服を着ていることが分かりますし、乗ってくる車もすべて黒塗りです。

これは、単純に黒人になりたい、 黒人の肉体を手に入れたいという願望を示しています。

そのため客たちは、クリスを値踏みするように、「ゴルフはタイガー・ウッズのようにうまいのか?」「夜の方は強いのか?」と質問を投げかけます。

黒人が帽子やかつらをかぶっている理由

黒人のメイドのジョージナはカツラ、庭師のウォルター、招待客のローガンは帽子をかぶっています。

これは、脳移植による傷を隠しているためです。

招待客に日本人がいる理由

パーティーシーンで、タナカという日系人、もしくは日本人が登場します。

ちなみに、タナカを演じたのは、大山泰彦という日本人の空手家で役者さんではありません。

タナカは、白人ではありませんがカネもあることから、白人エリートの文化に溶け込んでいまが、白人にとって日本人はマイノリティーで、黒人と同じように差別される対象です。

タナカの存在は、日本人が、アジア人でありながら自分が「白人」の側にいるかのようにふるまっている現実を浮き彫りにしています。

フラッシュでなぜ鼻血?

パーティーの招待客の中にいる一人の若い黒人男性・ローガンにクリスは声をかけますが、彼は白人のような振る舞いで、黒人の(拳と拳をつきあわす)挨拶も知りません。

ローガンの顔をどこかで見たことがあるクリスは、彼の写真を撮ろうとしますが、誤ってフラッシュをたいて撮影してしまいます。

フラッシュの光を浴びたローガンは一瞬フリーズし、鼻血を出しながら「ゲットアウト!」と叫び襲い掛かってきます。

脳を移植されたローガンは、フラッシュという強い光の刺激を受けて、一時的に黒人である本来の自己の意識(アンドリュー)が戻り、鼻血を出してしまったのです。

そして、携帯で撮影して我に返った黒人という構図は、現代のアメリカ社会で白人警官による暴力をスマートフォンカメラで告発し、暴力を抑止するということを表現しています。

「ゲットアウト」と叫んだのは、同じ黒人のクリスに「出て行け!」「今すぐここから立ち去れ」と警告したかったのでしょう。

クリスを助けた綿の耳栓

地下室で拘束イスからむしり取った綿を耳に詰めて、助かったクリス。

この綿というアイテムは、昔、アメリカの南部で黒人奴隷を使って綿花が大量に栽培されていたことを表しています。

物語に登場するタバコも、黒人奴隷が酷使され栽培されたものの一つです。

車の中の鉄かぶと

クリスは逃げ出す際に、白い車の中で見つける鉄兜

これはローズの弟・ジェレミーが、冒頭でアンドリューを襲うときにかぶっていたものですが、これが暗示するものは白人至上主義団体・KKKです。

KKKとは、南北戦争後、数千人の黒人をおもに南部で殺害し、傷つけた秘密犯罪者組織のことで、“アメリカの政治的保守の陰の伝統”とも言われ今日でも存在する組織です。

このように、『ゲットアウト』では、見る人の隠れた差別意識を浮き彫りにする伏線やミスリードが散りばめられています。

-Sponsored Link-

『ゲットアウト』もう1つのラスト!エンディングはなぜ変更された?

公開された『ゲットアウト』の結末は、クリスは脳移植から逃れるために、ローズの首に手をかけますが、手を緩めそのまま逃走し、黒人の親友・ロッドに助けられるというものでした。

しかし 当初の脚本では、クリスはローズを絞殺し、アーミテージ一家の殺害容疑で白人警察に逮捕され、半年後、警察署で親友・ロッドと面会。

ロッドは「お前が戦おうとしているのはクソ秘密結社だ。家は焼け落ち、証拠がなくなったから、裁判で勝てない」説得。

諦めたクリスは、多くの黒人男性と同じように投獄されるという、もう1つのエンディングが計画されていました。

エンディングを変更した理由について監督は、「この脚本を書いた当時(オバマ時代)は、まやかしのポスト人権社会、水面下の人種差別を描きたかった。黒人のクリスが白人のローズを絞殺し、白人に逮捕されるというエンディングは強烈なメッセージになりうると思った。しかし、撮影中に反人種社会の芽が実を結び始めていた。そんな解放されることを長う人々のために、 希望のラストにしたかったから。」と述べています。

白人警官が罪のない黒人に暴行を働くなど、アメリカで今でも暗い影を落と人種差別問題ですが、黒人に対する差別や暴力を無くそうという運動が広がっている今だからこそ、私は、このハッピーエンドともとれる結末の方が好きです。

盲目老人の恐怖!『ドントブリーズ』あらすじ結末&考察は⇒こちら


『ゲットアウト』キャスト一覧!タナカ役は?


リス・ワシントン
演・ダニエル・カルーヤ
1989年生まれのイギリス人俳優。両親はウガンダ出身。『ゲット・アウト』の演技が高評価を受け、マーベル映画『ブラックパンサー』、『ユダ&ブラック・メシア』にキャスティングされた。

ローズ・アーミテージ

演・アリソン・ウィリアムズ
1988年生まれのアメリカ人。テレビシリーズ『GIRLS/ガールズ』のマーニー役で知られるが、出演作は多くない。父は、NBCナイトリーニュースの司会者で、母はテレビプロデューサー。

ミッシー・アーミテージ

演・キャサリン・キーナー
1959年生まれのアメリカ人。アイルランドとレバノンにルーツを持つ。スパイク・ジョーンズなどが監督するインデペンデント系作品で活躍。『マルコヴィッチの穴』『カポーティ』では、それぞれアカデミー賞助演女優賞候補となる。

ディーン・アーミテージ
演・ブラッドリー・ウィットフォード
1959年生まれのアメリカ人。『ザ・ホワイトハウス』のジョシュ・ライマン役で知られる。他に『ロボコップ3』『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』に出演。

ジェレミー・アーミテージ
演・ケイレブ・ランドリー・ジョーンズ
1989年生まれのアメリカ人。『ノーカントリー』で17才で映画デビュー。映画『ラスト・エクソシズム』の演技が絶賛される。『X-MEN:ファースト・ジェネレーション』ではショーン役に抜擢され一躍人気者となる。

ロッド・ウィリアムス
演・リル・レル・ハウリー
1979年生まれのアメリカ人のコメディアン。本作で主人公の親友をコミカルに演じ注目。以降、『バード・ボックス』『TAG タグ』などに出演。

アンドリュー・ローガン・キング
演・ラキース・スタンフィールド
1991年生まれのアメリカ人の俳優・ラッパー。貧しい家庭で育ち、2009年に映画デビュー。他に『グローリー/明日への行進』『ユダ&ブラック・メシア』に出演。

ジョージナ
演・ベティ・ガブリエル
1981年生まれのアメリカ人。最初は舞台で活躍。本作の使用人の演技で高い評価を受ける。

ウォルター
演・マーカス・ヘンダーソン
1987年生まれのアメリカ人俳優。本作でアーミテージ家の庭の不気味な管理人を演じ注目。

ジム・ハドソン

演・スティーヴン・ルート
1951年生まれのアメリカ人。『クロコダイル・ダンディー2』で映画デビュー。他に『グローリー/明日への行進』などに出演。『ファインディング・ニモ』ではバブルスの声優も務めた。

ヒロキ・タナカ

演・大山泰彦
日本の空手家。国際大山空手道連盟を創立。アメリカで脚本を勉強する息子の頼みで出演。
-Sponsored Link-

『アクアマン』の動画を無料で安全に視聴する方法

ここからは、『ゲットアウト』の動画を無料でフル視聴する方法をご紹介いたします。

まずは、『ゲットアウト』が見れる動画配信サイトを調べてみました。


配信

配信なし

配信なし

配信

配信なし

配信なし

配信なし

『ゲットアウト』が配信されている動画サイトは以下の通りです。

サービス
もらえるポイント 600 0
月額料金 2,189 550
無料お試し期間 31日間 31日間

どちらのサービスも 無料期間中に解約すれば費用は一切かかりません。それぞれのサービスの特徴をざっくりと説明してみますね。

U-NEXT

U-NEXTは、何といっても 見放題作品210,000本以上、レンタル作品20,000本以上配信というのが魅力で、何よりも新作の配信が早いこと

映画はもちろん国内ドラマ、海外ドラマ、キッズ作品、アニメ、韓国ドラマの見放題作品が多数あり、 無料お試し期間が業界最長の31日間なのも嬉しいですね。

入会時に獲得した600ptを使えば、199ptの『ゲット・アウト』が無料で視聴できます。複数端末での同時視聴や、余ったポイントの使い道が豊富なところも魅力です。

U-NEXT公式サイト

dTV

dTVは、月額550円(税込)で見放題作品が120,000本と圧倒的にコストパフォーマンスが魅力です。

ドラマやアニメ、キッズ作品、アジア作品、バラエティ番組など、迷ってしまうほどのたくさんの作品があります。

さらに、J-POPを中心に多くのミュージックビデオやライブ映像が見放題で、カラオケ音源も豊富なので音楽ファンにもおすすめです。

しかし、 もらえるポイントが0ptですが、「ゲットアウト」は見放題作品なので無料で視聴可能です。

dTV公式サイト

それぞれに特徴や魅力があるので、迷った時には「“ゲットアウト”以外に見たい作品があるか?」などから選んでみることも、おすすめです。

いちばんオススメの動画配信サービスは?

「ゲットアウト」が見れる動画配信サービスは、たくさんありますが、その中でも私が一番オススメするのは、dTVです。

dTVとは?

12万作品が 月額550円で見放題の動画配信サービスです。

強みは、なんといっても圧倒的なコストパフォーマンス

スマートフォン、PC、テレビなど、好きなデバイスで視聴できるから楽しみ方は無限大。

無料期間が31日間と長いのも、人気の秘密で、 無料期間中の解約ならば費用は一切かかりません。

さらに、今なら期間中に入会(再入会もOK)&継続で500ポイントのdポイントが
もらえるお得なキャンペーン中。

dTV公式サイト

dTVのコンテンツの特徴

韓流・華流ドラマが充実

地上波では、なかなか放送されず深夜、早朝、BSなどが多い韓流やアジア系のドラマ。

dTVなら、放送されていない韓流、華流、アジアドラマが豊富です。

音楽コンテンツが充実

dTVの強みとして、J-POPを中心に多くのミュージックビデオやライブ映像が見放題ということも外せません。

BTS(防弾少年団)の独占配信もあります。

これなら、なかなか行けないライブの映像や、カラオケ音源も豊富なので家で思いっきり音楽が楽しめます。

人気アニメが充実

dTVでは現在放送中のアニメも見逃し配信中です。

何度でも、移動中でも、最新アニメや懐かしいコンテンツが見れます。

「おそ松さん 第3期」
「鬼滅の刃」
「半妖の夜叉姫」
「こち亀」
「魔王城でおやすみ」
「キラッとプリ☆チャン シーズン3」
「別冊オリンピア・キュクロス」
「100万の命の上に俺は立っている」
「銀魂」
「禍つヴァールハイト -ZUERST-」
「メジャーセカンド」第2シリーズ
「トニカクカワイイ」
「遊☆戯☆王SEVENS」
「キングスレイド 意志を継ぐものたち」
「ひぐらしのなく頃に業」
「アニメ カピバラさん」
「妖怪学園Y ~Nとの遭遇~(妖怪ウォッチJam)」
「炎炎ノ消防隊 弐ノ章」
「セーラームーン」
「ドラゴンクエスト ダイの大冒険」
「ハイキュー!! TO THE TOP」
「憂国のモリアーティ」 他多数

dTVの無料キャンペーンでお得に利用しよう

dTVは新規加入特典として、通常月額550円かかるところを今なら無料キャンペーンにより、 登録日より31日間0円で利用することができます。

サービスを楽しんだあと、 無料期間中に解約すれば費用は一切かかりません。

簡単登録でいますぐお楽しみいただけます。

【ゲットアウト】をお得に視聴する3ステップ】
①dTVに登録

②「ゲットアウト」フル動画を視聴

③無料期間中に解約する。

dTVのメリット

無料期間は31日間と配信サービスでは最長!
コスパ最強の月額¥550
見放題作品が120,000本
アニメ、キッズ、音楽コンテンツが充実
漫画のドラマ化や、映画のスピンオフなどオリジナル作品が面白い

違法アップロードサイトで見れる?

無料で動画を見る方法には、dTVのような公式アップロードサイトの他に違法アップロードサイトもあります。

「ゲットアウト」が違法にアップロードされているかもしれない動画共有サイトは、

Dailymotion(デイリーモーション) ウイルス感染の危険
PandoraTV(パンドラTV) 不正アクセス・ウイルス感染の危険
Youku(优酷) 不正アクセス・ウイルス感染の危険
YouTube 公式は有料・違法な動画は即削除

などが有りますが、上記の危険性の他に最近では、違法動画アップロードサイトの取り締まりが強化されています。

違法なコンテンツと知りながらダウンロードする行為も犯罪です。もし罪に問われた場合は、 2年以下の懲役または、200万円以下の罰金が課せられることもあります。

それでも視聴したい方は、自己責任ですのでチェックしてみて下さい。

無料で安心・安全に見たい方は公式サービスを利用してくださいね。

dTV公式サイトはこちら

まとめ

『ゲットアウト』は、違法にアップロードされた動画で観るのも、公式動画配信サービスdTVで観るのも、どちらも同じ無料で観る方法です。

話題作「ゲットアウト」の動画を見るならdTVがオススメです。今なら、お得な無料キャンペーンもありますので是非お試しください。

作品の配信情報は2021年8月時点のものです。配信が終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、現在の配信状況については、各動画配信サイトのホームページもしくはアプリをご確認ください。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。