• HOME
  • ブログ
  • 邦画
  • 『そして、バトンは渡された』相関図・キャスト!原作(少し)ネタバレ

『そして、バトンは渡された』相関図・キャスト!原作(少し)ネタバレ

邦画

2019年本屋大賞の「大賞」を受賞した瀬尾まいこさん会心の感動作が、永野芽郁さん、石原さとみさんにより映画化されることになりました。「母は、まな娘を残しなぜ失踪したのか?」「命を懸けた嘘と知ってはいけない秘密とは?」と聞くとサスペンスのようですが、そうではありません。見終えた後は、温かい感動に包まれる作品となっています。そこで今回は、映画『そして、バトンは渡された』のキャスト・相関図と原作をご紹介します。

-Sponsored Link-

『そして、バトンは渡された』キャスト一覧

森宮優子永野芽郁

主人公の女子高生。血の繋がらない親の間をリレーされ、4回も苗字が変わるが、それぞれの親から大きな愛情を与えられ素直に育つ。

永野芽郁さんの母親は、本作の原作の大ファンで、優子役は娘の芽郁さんに演じて欲しいと思っていたそう。透明感があり柔らかな雰囲気のある永野さんは、まさに優子そのもの。期待が高まります。

森宮壮介田中圭

優子の三人目の父親。現在、高校生の優子と二人で暮らしている。東大卒のエリートサラリーマン。日々、優子のために愛情たっぷりの料理をふるまう。

森宮というキャラクターは、男前でエリートですが、どこかズレたところがある人物なので、三枚目も演じられる田中圭さんの配役はなかなか良い!黒縁メガネも似合っています。

田中梨花石原さとみ

みぃたんの二人目の母。夫を何度も変えて自由奔放に生きる魔性の女。派手で浪費家ではあるが、みぃたんに母親同然の愛情を注ぐ。

石原さとみさんは、キャリア初となる母親役を演じます。ウェデングドレス姿が美しい!

泉ヶ原市村正親

梨花に翻弄されるお金持ちの紳士。早くに妻を亡くし、子供は外国に行ったっきり、大きな家で家政婦と2人で暮らしていた。

原作を読むと分かりますが、市村正親さんは、富豪の紳士・泉ヶ原そのものなので注目です。

水戸秀平大森南朋

みぃたんの実父。妻を事故で亡くし、その後 梨花と再婚するが、仕事でブラジルに行くことになり、優子と別れる。

梨花の歴代の夫のなかで、一番振り回されるであろう水戸秀平を演じるのは大森南朋さん。ちょっぴり気の毒で穏やかなお父さん役に大森さんはピッタリです。

早瀬賢人岡田健史

優子に惹かれていく同級生。周囲から大きな期待をよせられる天才ピアニスト。

みぃたん稲垣来泉

幼少期の優子。泣き虫。

原作にはないキャラクターの“みぃたん”は、朝ドラ『スカーレット』でも知られる天才子役の稲垣来泉ちゃんが演じます。

未発表朝比奈彩

未発表安藤裕子

水戸秀平の現在の妻?。

向井先生?木野花

優子の担任の先生。

未発表戸田菜穂

『そして、バトンは渡された』相関図


-Sponsored Link-

映画『そして、バトンは渡された』あらすじ

 

 

受験を控えた高校2年生(17歳)の森宮 優子は、 父親が三人、母親が二人いる。

生まれて十七年間で、家族の形態は 七回変わり、血の繋がらない親の間をリレーされ育った。

複雑な家庭環境だったが、優子は決して不幸ではなかった。

どの親も優子には目いっぱいの愛情を与えてくれ、不満はほとんどなかったが、最近、友人関係や将来のことで悩んでいる。

現在の家族はというと、料理上手な義理の父親、森宮さんと二人暮らし。

一方、夫を何度も変えて自由奔放に生きる魔性の女・梨花は、血の繋がらない泣き虫な娘のみぃたんに、母親同然に大きな愛情を注いできたが、ある日突然、娘を残して姿を消してしまう。

そんななか、優子の元に小包が届く。その中身をみたとき、全く違う2つの物語が繋がっり、驚きとともに、今年最大の感動が訪れる。

映画『そして、バトンは渡された』の嘘と秘密とは?注目ポイント

『そして、バトンは渡された』では、 「命をかけた嘘と知ってはいけない秘密」とタイトルにもなっている 「バトン」という言葉が、物語の謎をとくキーととなります。

ここでは、その言葉にまつわる映画の注目ポイントをご紹介します。

母の梨花が突然出ていった理由とは?嘘と秘密とは?

恋多き女・梨花は、見た目こそ派手なものの血の繋がらない みぃたんを、母親同然に愛します。

その愛情はとても深く、みぃたんの実の父親である水戸秀平と離婚することになっても、みぃたんを手放そうとはせずに引き取ります。

しかし、梨花は自分のすべてともいえる みぃたんを、突然、置いて出ていってしまうのです。

これからも一緒に娘と過ごし、その成長を見守っていきたかったであろう梨花は、なぜ姿を消してしまったのでしょうか?

不穏な空気となりますが、物語はいい意味で期待を裏切ってくれます。

「私は最低な母親でした」と梨花が言った理由が明かされたとき、ものすごい感動があるのでハンカチをお忘れなく!

タイトル“バトン”の意味

入れ替わり、立ち替わりしていく親の元で、出会いと別れを繰り返し、悩み、傷つきながらも「みんなが良い親であったように、自分も良い娘でいよう」とたくましく生きてきた優子。

バトンとは、人生の節目に訪れる家族からの「」を示しています。

愛の象徴である優子は、父親が三人、母親が二人いて、その親たちのリレーによって育てられてきたことを表現しています。

ストーリーも、2つの物語が1つに繋がる(=リレー)構成になっていますね!

予告の最後には、梨花が書いた手紙を優子が読んでいます。どんな繋がりがあるのでしょうか?

-Sponsored Link-

『そして、バトンは渡された』原作


そして、バトンは渡された [ 瀬尾 まいこ ]

『そして、バトンは渡された』は、柔らかく優しい文体が特徴の瀬尾まいこさんによる同名小説が原作です。

瀬尾さんは、中学校の国語教師をしてきただけあって、ティーンエイジャーを主役にした作品を多く発表してきました。

本作でも、血の繋がらない親子の絆の他に、主人公が抱える友人とのトラブル、恋、将来への夢などが瑞々しく描かれています。

また原作は、映画ほど秘密、嘘など波乱に満ちた感じではなく、梨花が出ていった理由や真相が明かされるシーンもサラッとした感じで進行していきます。

ネタバレになるのであまり言えませんが、“みぃたん”というキャラクターも登場しません。

原作では、過去と未来をいったりきたりする構成となっていますが、映画でそれをやってしまうと混乱する?ので、あえて2つの家族を描き、1つに繋げるようにしていますね。

映画は、「嘘」「秘密」などのキーワードを全面に出し、よりドラマチックに進行していくよう感じなので、また違った面白さが期待できそうです。

なお、原作のあらすじ~結末は、以下の記事にまとめていますので、ご覧ください。↓

最後に

『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』前田哲監督による『そして、バトンは渡された』は、2021年10月29日公開です。

嘘と秘密が明らかになったとき、あなたは「自分は、これからどんな道を走って、誰にバトンを渡すのだろう?」と考えずはいられなくなると思います。

会心の感動作『そして、バトンは渡された』は、ぜひ劇場で。

-Sponsored Link-

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。