• HOME
  • ブログ
  • 邦画
  • 『女子高生に殺されたい』相関図と原作の結末ネタバレ!狂気を孕んだ性癖とは?

『女子高生に殺されたい』相関図と原作の結末ネタバレ!狂気を孕んだ性癖とは?

邦画

「自分を殺して欲しい」と願う高校教師の前代未聞の “自分”殺害計画を描いた映画『女子高生に殺されたい』。原作は『帝一の國』などで知られる古屋兎丸さんによるの同名マンガで、リアルな心理描写、緻密に練られたプロットが魅力の上質ミステリーです。そこで今回は、田中圭さんが狂気の高校教師を演じる『女子高生に殺されたい』のキャスト・相関図とタイトルの真の意味を少しネタバレしながらご紹介いたします。

-Sponsored Link-

『女子高生に殺されたい』キャスト一覧

東山春人田中圭

主人公。女子高生に殺されたいという異常な願望を叶えるために、高校教師になった男。赴任先の学校で人気教師として日々を過ごす一方で、9年を費やし、理想的な殺され方のための完璧な計画を練り上げてきた。「完全犯罪であること」「全力で殺されること」を目標にしている。

佐々木真帆南沙良

美しき女子生徒。心優しくも引っ込み思案で、どこか陰のある雰囲気を持つ。親友のあおいだけには心を許している。

小杉あおい河合優実

対人関係が苦手で、親友の真帆にだけに心を開く。アスペルガー症候群を患う異端の少女。

君島京子莉子

演劇部に所属。快活で明るい生徒。男子ウケ抜群の美少女。

沢木愛佳茅島みずき

強くなりたい一心で、柔道の稽古に打ち込む孤高の女生徒。

川原雪生細田佳央太

明るく純粋で、真帆に一途な恋心を抱く。悩みを抱える真帆を救いたいと思っている。

木下マユ加藤菜津

女子高生。

森口ミキ久保乃々花

女子高生。

生島キンタカオ

深川五月大島優子

春人の大学時代の交際相手。臨床心理士となり真帆のいる高校にカウンセラーとして赴任してくる。

『女子高生に殺されたい』相関図

※無断転載禁止

-Sponsored Link-

『女子高生に殺されたい』あらすじ

別に僕は死にたいわけではない
やはり死ぬのは とても怖いことだ
だけど どうせ死ぬのなら
美しい女子高生に殺されたい
これは僕が作り上げた
人生最後にして最高の舞台

主人公は、 東山春人 (田中圭) 独身。

女子高生に殺されたいという常人には理解できない願望を叶えるため、高校教師になった男。

赴任先の学校で人気教師として日々を過ごす一方で、9年間を費やし、理想的な殺され方のための綿密な計画を練り上げてきた。

彼の理想の条件は二つ「完全犯罪であること」「全力で殺されること」。

明るく平和な学園内とは裏腹に、静かに着実に、男の狂気の計画は進行していく。

-Sponsored Link-

『女子高生に殺されたい』のタイトルの意味は?

『女子高生に殺されたい』というセンセーショナルなタイトルは、ものすごく興味を惹かれますが、どういった意味があるのでしょうか。

歪んだ性癖

原作での東山春人という男は、幼少期より、親に厳しく育てられた兄の反動で放任主義で育てられこと意外は、明るくも暗くもないごく普通の人生を歩んできた人物です。

ところが、高校時代に突如として、カワイイ女の子を見る度に「この子に殺されたい」という変な感情を持つようになります。

少女の細い腕がぶるぶると震え、自分の首が絞められていることを想像するだけで、性的興奮をおぼえる日々。

自分は変態だ…」と苦しんだ東山は、色々と調べるうちに、自分は殺されることに興奮を覚える性的嗜好“オートアサシノフィリア”であることに気づきます。

大きな事故やショックを受けるようなトラウマも経験したことない東山は、なぜこのような嗜好を持つようになったのか?その原因にもタイトルの意味を解く秘密が隠されています。

東山が完全犯罪や全力で殺されることを目指す理由

東山は殺される理想として「完全犯罪であること」「全力で殺されること」を掲げています。

東山は、自身の欲求を満たすために、女子高生に罪を着せることはできない という優しさ?は持っています。

そのため、女子高生に不利益が生じないように、完全犯罪を計画しているのです。

また、東山は華奢な若い女性に絞殺されないと興奮することができません。

しかし、「死にたいわけではなく、死ぬのは、やはり とても怖いことだ」と思っている東山は、殺されそうになると本能的に抵抗してしまう恐れがあります。

だから、自分が抗う力よりも、強い力で首を絞めあげてくれる、少女を探さなければなりません。

実現不可能な目標のように思えますが、東山はどうクリアしていくのでしょうか?

心理学ネタが散りばめられている

原作では先ほど触れた、性的嗜好“オートアサシノフィリア”の他に、アスペルガー症候群、二重人格など様々な精神疾患が登場します。

それぞれの病は、物語が進行するにつれ、複雑に絡み合い、真相解明への大きなカギとなっています。

もう一人の主人公・佐々木真帆の過去とは?

東山がターゲットとする佐々木真帆という女子高生は、物語の準主役といった位置付けです。

美人ですが、目立つことを嫌い控え目で、どこか影のある真帆は、親友のあおい以外には本心を語りません。

さらに、たまに別人にでもなったかのような言動をすることも…。

彼女は一体、過去にどんな秘密を抱えているのでしょうか?

東山は、なぜ真帆に固執し「殺されたい」と願っているのでしょうか?

あまり詳しく言うと、完全にネタバレになるので明かせませんが、原作の結末は以下の記事にまとめていますので、ご覧ください。

原作漫画『女子高生に殺されたい』結末ネタバレは⇒こちら


女子高生に殺されたい1古屋兎丸

女子高生に殺されたい 2  [ 古屋 兎丸 ]

最後に

特殊な性癖を持つ男の狂気を、上質なストーリーと映像美で魅せる映画『女子高生に殺されたい』は、2022年3月公開です。

普段、陽気で愛されキャラを演じることが多い田中圭さんですが、本作ではどんなアブノーマルな演技を見せてくれるのでしょうか?

また、今注目の若手実力派俳優の南沙良、茅島みずき、細田佳央太ら高校生役キャストにも注目です。

-Sponsored Link-

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。