『インターホンが鳴るとき』ネタバレ!最終回までのあらすじと結末

●記事内にPRを含む場合があります

漫画『インターホンが鳴るとき』は、次々と現れる夫の不倫相手を妻がSNSを駆使して排除していくというサスペンスです。今回は土村芳さん主演でドラマ化も決定した『インターホンが鳴るとき』のあらすじから結末をご紹介いたします。

-Sponsored Link-

『インターホンが鳴るとき』あらすじ

ある夜、田中家のインターホンが鳴った。

専業主婦である田中結花がドアを開けると、そこには見知らぬ女性が立っていた。

「ご主人にお借りしたタクシー代金を返したいんです…」

しかし、1歳年上の夫・田中真司は、その女性を覚えていないと言う。

結花が違和感を覚えるなか、真司と不倫をしているという女性から手紙が届く。

疑念が膨らんだ結花は、迷いながらも夫の携帯を見てしまう。

そこには、夫と複数の女性との不倫のやりとりがーー。

結花は、不倫相手を特定するためSNSで相手の素性を調べるなか、イケメン営業マン・佐伯海斗と出会い、会ったその日に肉体関係を持ってしまう。

一方、明らかになっていく真司の素顔と不倫相手への憎しみ

いつしか結花のなかで海斗の存在が心の支えとなり、彼と共に不倫相手を排除しようと動きだす。

果たして結花は、優しい夫と可愛い息子と過ごした平和な日々を取り戻せるのかーー。

\70%OFFクーポンで「インターホンが鳴るとき」を今すぐ読む/

『インターホンが鳴るとき』登場人物&相関図

登場人物

田中結花・・・33歳の専業主婦。夫の不倫にショックを受けSNSを使用して不倫相手の正体を探る。
田中真司・・・結花の夫。学生時代に結花と知り合い結婚。理想的な夫だったが実は複数の女性と不倫している。
田中優真・・・真司と結花の一人息子。小学生。明るく優しい性格。
須藤宝子・・・真司の不倫相手の一人。既婚者で子持ち。
佐伯海斗・・・既婚者で子持ち。真司の不倫相手の一人maoと肉体関係を持つ。SNSを通じて結花と知り合い、会ったその日に彼女を抱く。本名は田島。
遠藤・・・真司と結花の大学時代の友人。結花に片思いをしていた。SNSで結花が不倫しているというメッセージが送られてきて、結花に連絡を取る。

相関図

※無断転載ご遠慮ください。

-Sponsored Link-

『インターホンが鳴るとき』最終回の結末をネタバレ

泥沼の不倫劇

真司の不貞を知り動揺する結花は、浮気相手の須藤宝子に幸せを見せつけるため、SNSに家族の楽しそうな様子をアップしてアピール。

しかし、宝子も負けじと夫と別れることをほのめかします。

結花の頭のなかに“離婚”の二文字がよぎるなか、二度と会わないと誓った海斗からの連絡を受け、またも肉体関係に溺れてしまいます。

ある日、結花は大学の同級生である遠藤と再会します。

遠藤はスマホの画面を見せ、結花の不倫をほのめかすメッセージが届いたことを知らせてくれました。

メッセージの送り主が宝子だと突き止めた結花と遠藤は、二人の密会現場の撮影に成功します。

結末

海斗の裏切りにあい、真司宝子の関係も続いいている現実に、孤独感をつのらせる結花。

しかし結花には、大切な息子の優真がおり、この家を守らなくてはならないと自分を奮い立たせました。

そんななか、遠藤が真司が同僚の須藤の嫁である宝子と不倫関係であることを密告。

真司は会社の同期から責められます。

頭を抱える真司に、結花はついに「浮気していることを知っていた」と告げました。

真司は取り乱し「ほんの遊びだった」「離婚はいやだ」「あの女とはもう連絡はしない」と結花に謝罪しました。

こうして結花の、辛く、苦しい日々は、あっさりと終わりを迎えました。

それから、真司と須藤の間で話し合いが行われ、慰謝料についてはお互いの不貞なので相殺されることが決定しました。

須藤夫妻の間でどんなやりとりがあったかは分かりませんが、二人は別れることなく夫婦を続けることになりました。

普段通りに戻った田中家でしたが、結花のなかでは真司への不信感は消えたわけではありません。

しかし結花は、息子のために家族で平穏に過ごす日々を選択したのです。

ある夜、田中家のインターホンが鳴りました

結花がモニターをみると、そこには見覚えのある女性が映し出されていました。

「奥さまはいらっしゃいますか? 私は田島海斗の妻です。」ーEND-

-Sponsored Link-

『インターホンが鳴るとき』感想

最初は、夫に不倫されていた結花に同情しましたが、その辛さを知っているのになぜ自分も同じ過ちを犯してしまうのか理解に苦しみました。

しかも、自分はバレないという絶対的な自信をもっているのも不思議です。

証拠は揃っているのだから、さっさと夫に「不倫してるだろ」と聞いてしまえば済む話なのに、一人でモヤモヤしたり、海斗と関係を持ったり、どこかズレてます。

また、あれだけ宝子の執着心や海斗への想いが描かれいたのに、最後はあれよあれよと駆け足で事態は収束。

結花の被害者ヅラから、特大ブーメランを食らうラストは安っぽいサスペンスを見ているようでした。

\70%OFFクーポンで「インターホンが鳴るとき」を今すぐ読む/

漫画『インターホンが鳴るとき』が全巻読める電子書籍サイト

漫画『インターホンが鳴るとき』を配信している電子書籍サイトを表にまとめました。


コミックシーモア>

配信中
無料会員で利用可
新規登録70%オフクーポン

Amebaマンガ>

配信中
無料会員で利用可
100冊40%オフクーポン

eBookJapan>

配信中
無料会員で利用可
6回使える半額クーポン

まんが王国>

配信中
無料会員で利用可
最大50%ポイント還元

DMMブックス>

配信中
無料会員で利用可
対象作品70%オフクーポン

コミック.jp>

配信中
初回30日間無料無料
無料期間に1,200円分のポイント
U-NEXT>
配信中
初回31日間無料
無料期間に600円分のポイント

kindleストア>

配信中
無料会員で利用可
1冊70%オフクーポン

上の表にある電子書籍サイトを実際に利用して比較した結果、漫画『インターホンが鳴るとき』を読むなら「コミックシーモア」がおすすめです。

コミックシーモアのメリット

コミックシーモアのメリットは、ズバリお得感

新規会員登録で すぐに使える70%OFFクーポン月額メニュー登録最大20000ポイント還元などの特典が受けられます。

また、創業から15年の国内最大級の電子書籍サイトだけあって、99万冊以上の品揃えを誇り、漫画を中心に総合的なジャンルの本が読むことができます。

クーポン配布が多い
毎月お得な大量キャンペーン
月額メニューの利用で高い還元率

特に、初回の月額メニュー登録は、後日全額(100%)還元されるため、全巻まとめ読みしたい方には超オススメです。

読み放題は本当にお得

コミックシーモアの読み放題は以下2つのコースがあります。

読み放題ライト…月額780円(税込)
読み放題フル…月額1,480円(税込)

ライトとフルは、読めるジャンルの数で違います。

フルの場合は、

・BL
・TL
・オトナコミック
・ライトノベル

が読み放題ジャンルに加わります。

ライトであっても45,000冊以上、読み放題フルでは110,000冊以上の電子書籍が読み放題です。

「コミックシーモア」は、価格面、品揃え、使いやすさ と総合的に評価されている電子書籍ストアなのです。

\70%OFFクーポン配布中/

※この配信情報は2023年9月現在のものです。会員登録特典のポイント、クーポンなども、予告なく変更・終了する場合がございますので、詳しくは公式サイトでご確認ください。

  1. この記事へのコメントはありません。