門脇麦の歌唱力は?うまい?下手?「さよならくちびる」で歌声を披露!

メディア

2019年5月31日公開の映画「さよならくちびる」の中の女性ギターデュオ・ハルレオのCDが発売されることに。

ハルレオを演じた、門脇麦さんが小松奈々さんとの歌声を披露し話題になっています。

さて、劇中で弾き語っている門脇麦さんの歌唱力はいかに?

Sponsored Link

門脇麦の歌唱力を検証!うまい?下手?

では早速、、門脇麦さん、小松奈々さんが演じた“ハルレオ”の歌声を聞いてみましょう~♪。

正直・・・・めちゃくちゃエモくて良い感じですよね~!!

うますぎて引き込まれてしまいました。

2人は渋谷のカラオケ店にギターを担いでいき、歌を猛特訓したそうです。

過去にも門脇麦さんが披露した歌がうますぎる!

実は、 門脇麦さんは以前にも『ナミヤ雑貨店の奇蹟』で山下達郎さん楽曲提供の「REBORN」という曲を披露しています

一度聞くと頭から離れない歌声で、歌手としての才能もあるのではないでしょうか。

声質も優しく、深くとても良いものを持っていますよね。

歌手の大貫妙子さんみたいに感じるのは私だけでしょうか。

-Sponsored Link-

門脇麦の歌を聞いてSNSの反応は?

二人の歌声も素敵だという意見が多いですが、この印象的なメロディは誰が作詞・作曲したのでしょうか?

実はとても有名なあの方でした・・・。

秦基博がプロデュース!あいみょんも参加!

なんとこの「さよならくちびる」は、 シンガーソングライターの秦基博さんが楽曲提供しています。

秦基博さんといえばキャッチーな曲を多く手掛けており、「アイ」や「ひまわりの約束」が有名ですよね。

今回の「さよならくちびる」も秦さんらしさが全面に出た楽曲ですね。

発売されるハルレオのCDには、あいみょんさんが提供した挿入歌「誰にだって訳がある」「たちまち嵐」も収められているそうです。

豪華メンバーのプロデュースで門脇麦さんの歌声。最高ですね!

映画「さよならくちびる」あらすじ

音楽にまっすぐな思いで活動する、インディーズで人気の女性ギター・デュオ「ハルレオ」のレオ(小松菜奈)とハル(門脇麦)だが、付き人シマ(成田凌)が参加していくことで徐々に関係をこじらせていく。全国ツアーの道中、少しづつ明らかになるハル・レオの秘密と、隠していた感情。すれ違う思いをぶつけ合って生まれた曲「さよならくちびる」は、三人の世界をつき動かしていく……。

まとめ

門脇麦さんは女優さんのイメージしかなかったですが、歌唱力も素晴らしく

歌手としても十分やっていけるほどの実力の持ち主でした。

ぜひ今度はスクリーンでギターを弾きながらライブをする姿も見てみたいですね。

-Sponsored Link-

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。