【わんわん物語】実写化の犬種!レディー・トランプは?公開日はいつ?

ディズニー

ディズニーアニメによる傑作『わんわん物語』が実写化されます。

1955年に製作された『わんわん物語』は、ある夫婦に育てられたレディと、自由を愛する野良犬のトランプが出会い惹かれ合うストーリーです。

そんな『わんわん物語』に登場するキャラクターの犬種と声優、そして公開日をまとめてみました。

Sponsored Link

『わんわん物語』実写化の犬種一覧レディ・トランプは?

レディの犬種

まずは主人公でありヒロインのレディは、コッカースパニエルという犬種です。

アメリカ原産地のこの犬種の性格は、明るく活発で主人に忠実です。

子供や高齢者がいる家庭でも、育てやすいためアメリカでは人気の犬種です。

たしかレディも、ディア家の赤ちゃんをネズミから守るなど、家族想いでしたね。

トランプの犬種

トランプは、物語の中では雑種の野良犬ということになっていますが、エアデールテリアという犬種が元になっていると言われています。

エアデールテリアは、イギリス原産の犬でテリアの中では一番大きいことから“キング・オブ・テリア”と呼ばれています。

性格は、 勇敢で賢く判断力がありながら服従心も強い犬種です。

運動能力も高いことから、日本を始め世界各国で警察犬としても活躍しています。

いたずら好きで、可愛い女の子に弱いトランプですが、いざというときにレディを助け、喧嘩にも強いところは、エアデールテリアの血筋かも知れません。

ジャックの犬種

ディア家のご近所さんのジャックの犬種は、スコティッシュテリア

イギリス原産の犬種で 性格は、知的で活動で愛情深い半面、警戒心が強く非常に頑固です。

そんな性格から、“最後まで抵抗する頑固者(diehard)”と呼ばれ、しっかりとしつけをしないと問題犬となる可能性もあります。

物語の中のジャックは、老犬のせいかレディの良き相談相手という感じですが、若い頃は気難しい性格だったのかもしれません。

トラスティの犬種

垂れた耳と顔のシワが特徴のトラスティの犬種は、ブラッドハウンドです。

ブラッドハウンドは、“魔法の嗅覚”という肩書きを持つほど、犬のなかでも特に嗅覚に優れた犬種です。

そのため、警察犬や軍用犬として採用される犬でもあります。

よく伸びる皮膚は、獲物に噛まれても傷を負いにくいように発達したものです。

トラスティが語る武勇伝も、ブラッドハウンドなら真実味がありますね(笑)。

サイとアムの猫種

セーラおばさんに溺愛されている双子の猫のサイ&アムの猫の種類は、シャムネコです。

シャムネコの特徴は、 賢いが、時に激しい自己顕示欲を見せることがあるそうです。

落ち着きがないように見えるけれど、心を許した相手には忠誠心をみせるなど気高い性格でもあります。

いたずらの責任をレディに押し付けたり、やりたい放題のいたずらをするサイ&アムですが、セーラおばさんにとっては自慢の猫のようですね(笑)。

最近のディズニー映画では、『ライオンキング』のようにフルCGで動物を表現していますが、実写版『わんわん物語』では、本物の犬や猫がキャスティングされています。

本物の犬や猫が、どのように演技をするのかも要注目です!

-Sponsored Link-

実写版『わんわん物語』の声優&キャスト

実写版『わんわん物語』で犬の声を担当する声優たちをご紹介します。

キャラクター 声優
レディ テッサ・トンプソン
『グレイズ・アナトミー 恋の解剖学』や『HEROES』に出演
トランプ ジャスティン・セロー
TVドラマ『アリー my Love』『セックス・アンド・ザ・シティ』などに出演。女優ジェニファー・アニストンの元夫としても知られる。
ジャッキー アシュレー・ジェンセン
ドラマ『アグリー・ベティ』などに出演。
レディの飼い主
妻ダーリン
カーシー・クレモンズ
映画『DOPE/ドープ!!』、『ネイバーズ2』などに出演の若手女優。

実写版『わんわん物語』公開日はいつ?

実写版『わんわん物語』に劇場公開はありません。

ディズニーが新たにスタートし、力を入れている 動画配信サービス「Disney+(ディズニー・プラス)」で公開されることになっています。

気になる公開日は、

2019年11月22日から配信スタート

です。

Disney+(ディズニープラス)とは?

Disney+(ディズニープラス)とは、ディズニーの自社独自で行う動画配信サービスのことです。

「白雪姫」や「アラジン」など往年の名作はもちろんのこと、ピクサーアニメーションの「トイ・ストーリー」、「リメンバー・ミー」などのCG作品などが配信されています。

しかし、ディズニーファンなら過去作品はDVDを持っていたり何度も見ている作品なので、いまさら見放題になっても魅力は少ないですよね。

しかし、期待されるのは今回の『わんわん物語』のような動画配信サービスでしか見られないオリジナル作品です。

ディズニーは、Disney+(ディズニープラス)を普及させるために、オリジナルコンテンツを充実させていくでしょうから、名作が生まれる可能性も多いにありますね。

しかし、 日本でのサービス開始は、残念ながらまだ発表されていません。

アジア圏では2020年から2021年をメドにサービスを展開していく予定との情報もありあますので、いましばらく待ちましょう。

最後に

実写版『わんわん物語』では、CGではなく実際の犬が演じるので、この作品からスター犬が生まれるかもしれませんね。

また、劇場公開ではなく、ディズニーの動画配信サービスでの配信でしか見られないことになっています。

日本の配信の展開は未定ですが、ディズニーファンにとっては目が離せませんね。

-Sponsored Link-

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。