【ワールドカップテーマソング(各局)歴代】W杯で最高のアゲ歌は?

スポーツ

4年に一度、開催されるFIFAワールドカップサッカー。

過去の大会を振り返ると、日本代表の選手たちの活躍ともに思い出されるのが、各局のテーマソングです。

そこで今回は、歴代ワールドカップのテーマソングを各放送局ごとにまとめ、人気ランキングも発表したいと思います。

Sponsored Link

ワールドカップ歴代テーマソング各局一覧!

NHK・日本テレビ・TBS・フジテレビ・テレビ朝日の各放送局のワールドカップ歴代テーマソングをまとめてみました。

NHK歴代ワールドカップテーマソング

1994年アメリカ バブルガム・ブラザーズ『GET GOOD GET GOD
2002年日本・韓国 ポルノグラフィティ『Mugen』
2006年ドイツ ORANGE RANGE『チャンピオーネ』
2010年南アフリカ Superfly『タマシイレボリューション』
2014年ブラジル 椎名林檎『NIPPON』
2018年ロシア Suchmos『VOLT-AGE』

日本テレビ歴代ワールドカップテーマソング

2002年日本・韓国 Dragon Ash『FANTASISTA』
2006年ドイツ GAKU-MC , 桜井和寿(Mr.Children)『手を出すな!』
2010年南アフリカ flumpool『reboot ~あきらめない詩~
2014年ブラジル NEWS『ONE -for the win-
2018年ロシア NEWS『BLUE』

TBS歴代ワールドカップテーマソング

2002年日本・韓国 大黒摩季『アイデンティティ』
2006年ドイツ TOKIO『Get Your Dream』
2010年南アフリカ TEARS FOR FEARS『SHOUT』
2014年ブラジル 関ジャニ∞『RAGE』
2018年ロシア EXILE『Awakening』

フジテレビ歴代ワールドカップテーマソング

2002年日本・韓国 歌劇アイーダ『凱旋行進曲』
2006年ドイツ 矢井田瞳『STARTLiNE』
2010年南アフリカ 歌劇アイーダ『凱旋行進曲』
2014年ブラジル 歌劇アイーダ『凱旋行進曲』
2018年ロシア RADWIMPS『カタルシスト』

テレビ朝日 歴代ワールドカップテーマソング

2002年日本・韓国 B’z『熱き鼓動の果て』
2006年ドイツ SMAP『buzzer beater』
2010年南アフリカ サラ・ブライトマン『A Question Of Honour』
2014年ブラジル サラ・ブライトマン『A Question Of Honour』
2018年ロシア サラ・ブライトマン『A Question Of Honour』

FIFA公式 歴代テーマソング

1990年イタリア Gianna Nannini&Edoardo Bennato 『Un’estate italiana』
1994年アメリカ Daryl Hall&Sound Of Blackness『Gloryland』
1998年フランス Ricky Martin『La Copa de La Vida』
2002年日本・韓国 Anastacia『Boom』
2006年ドイツ Il Divo『The Time of Our Lives』
2010年南アフリカ Shakira『Waka Waka』
2014年ブラジル Pitbull『We Are One』
2018年ロシア Nicky Jam feat.Will Smith&Era Istrefi『Live It Up』

↓オリンピック歴代テーマソングはコチラ


-Sponsored Link-

サッカーワールドカップ人気テーマソングトップ5

ここからは、過去のサッカーワールドカップで話題になったテーマソングトップ5をご紹介します。

【5位】GAKU-MC , 桜井和寿(Mr.Children)『手を出すな!』:2006年ドイツ(日テレ)


手を出すな! [ GAKU-MC/桜井和寿<Mr.Children> ]

ラップもあって、良い意味でミスチルらしくなくカッコイイと人気の曲です。

サッカーワールドカップのテーマ曲ですが、ドライブのお供にも気持ちが良いですよ。

ちなみに、ユニット名を「ウカスカジー」に後に変更しています。

【4位】B’z『熱き鼓動の果て』:2002年日本・韓国(テレ朝)


熱き鼓動の果て [ B’z ]

B’zらしさが出ていて、歌詞に胸が熱くなると評判の曲。

“モウスグデ アナタニアエル …”など歌詞の内容が、稲葉さんが誕生する息子さんにあてた曲なのでは。とファンの間で噂されています。

キャッチーで爽快なナンバーで今でも人気がありますよね。

【3位】Suchmos『VOLT-AGE』:2018ロシア(NHK)


THE ASHTRAY [ Suchmos ]

日本戦のハーフタイムに、地上波初登場で曲を披露したSuchmos 。

ゆったりとした曲調で賛否両論ありましたが、 最近はスマホで観戦する人も多く、大勢で「ウォーウォー」言うよりも、一人で「Heartbeat」を感じる方がしっくり来るという意見もありました。

日本VSコロンビア戦の、前半のバタバタをクールダウンしてくれて良かったという意見もあり(笑)。

ちなみにギター担当の方は、お父さんが読売ベルディの戸塚さんらしいです。

【2位】椎名林檎『NIPPON』:2014ブラジル(NHK)


日出処 [通常盤][CD] / 椎名林檎

日の丸を背負ったPVや歌詞が、特攻隊や純血思想を思わせると一部で批判されましたが、日本人のアイデンティティがどこにあるか、ということを常に自覚させてくれるような一曲。

選手達が「なにかやってくれそう!」と期待感が持てる曲ですよね

椎名林檎さんは、2020年東京オリンピックの演出も出がけていますので、そちらにも注目です。

【1位】Superfly『タマシイレボリューション』:2010南アフリカ(NHK)


Superfly BEST(2CD) [ Superfly ]

越智さんのパワフルな歌声と、2大会ぶりにベスト16に進出したという結果も受けて、印象に残っている人が多いようです。

「タマシイレボリューション」を聞くと、当時の情景が蘇るという意見もありました。

頂点に向かって上昇するような感じが、気分を高揚させてくれますね。

卓球の石川佳純さんも、試合前や練習中に聞くお気に入りの曲ということで、多くのスポーツ選手からも愛されている1曲のようです。

最後に

ワールドカップ歴代テーマソングはいかがだったでしょうか。

サッカーという激しいスポーツに合った、ノリが良くキャッチーなメロディで覚えやすいものが多かったですね。

次の大会も各局がどんなアーティストを選ぶのか楽しみです。

-Sponsored Link-

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。