【本木雅弘の家系図】華麗なる芸能一家の家族構成!

メディア

元・ジャニーズグループ「シブがき隊」で、アイドルとして一世風靡した本木雅弘さん。

俳優に転身してからは、映画・ドラマに多数出演し、数々の映画賞を受賞するなど大活躍していますね。

そこで今回は、本木雅弘さんの華麗なる家系図や家族構成をまとめてみました。

Sponsored Link

本木雅弘の家系図

本木雅弘さんの妻・内田也哉子さんは、 女優・樹木希林さんとミュージシャンの内田裕也さんの一人娘であることはよく知られていますね。

義理父の内田裕也さんの武勇伝は、本木さん自身もインタビューでよく話されておりますが、内田家は、なかなか濃い一族です(笑)。

そして、本木夫妻の間には 3人の子供がいます。

■長男 雅楽(うた)・・・23歳
■長女 伽羅(きゃら)・・・21歳
■次男 玄兎(げんと)・・・10歳
※2020現在

みんな本木さんと也哉子さんの子どもらしく、個性的でオシャレな名前ですよね。

では、それぞれの家族についてもう少し詳しくご紹介していきましょう。

本木雅弘の家族構成

義理父:内田裕也

「ロックンロール!」が口グセの、ちょっとクセのある方が本木雅弘さんの義理父・内田裕也さんです。

兵庫県出身でグループ・サウンズ・「内田裕也とフラワーズ」のボーカルを務めていましたが、皆が知るヒット曲はありません。

しかし、内田さんの功績を讃えるならば、30年以上前から“夏フェス”を始め、沢田研二が率いた「タイガース」などを見出すなど、 敏腕プロデューサーだったことでしょうか。

また、映画監督しての活動もされ『魚からダイオキシン』という謎の作品では、本木雅弘さんを起用し、それがきっかけで也哉子さんと本木さんは知り合いました。

私生活もロックで、大麻取締法違反、銃刀法違反、脅迫罪などで警察の厄介になったことも!

樹木希林さんとは、40年以上別居生活でしたが、ごくまに帰ってきたときは、酔っぱらって暴れることあり、ある時は本木さんがタックルで内田さんを抑えつけ、樹木さんが 鉄パイプでボコボコに殴ったこともあるそうです。

多くの破天荒な話題を振りまいていた裕也さんでしたが、2019年3月に樹木さんの後を追うように亡くなっています。

義理母:樹木希林

オノ・ヨーコからは「日本人で一番頭の切れる人」、北野武からは「世界クラスの芝居」と絶賛される女優・樹木希林さん。

本木さんと也哉子さんが結婚するときには、「内田家を絶やさないでほしい」と婿養子を希望し、本木さんもこれを快諾。

都内に構えた2世帯住宅で同居もしていました。

二人は「伊右衛門」「富士フィルム」のCMで共演したこともあります。

本木さんが樹木さんお告別式で語ったのは、

樹木さんは、すべての人に対して、“常に何かをもたらしてくれる人”だったと思います。いつも率直に感想を述べて、チクリと問題提起して、一緒に考えて、でも相手に答えを急がせず、かつ放置することもせず…常に人間に寄り添っていくのがとても好きなかたでした。

本木さんは樹木さんのことを役者としても、人間としても尊敬し信頼していたのですね。

本木雅弘の実家もすごかった!

内田家も、なかなかのメンツですが、実は本木さんのご実家もスゴイ家柄です。

なんでも、埼玉県桶川市で15代続く米農家でで、本木さんは三人兄弟の次男にあたります。

とても大きなお屋敷で、1000年以上続く桶川市では有名な「豪農」だそうです。

樹木希林さんが本木さんを気に入った理由の1つに、 農家の息子ということがあります。

一つの土地に、何百年も根ざす、辛抱さや謙虚さ、お米を作ることの生命力に樹木さんは感動したそうです。

妻:内田也哉子

二人が結婚したのは、本木さん29歳、也哉子さん19歳のとき。

本木さんが也哉子さんに惹かれたのは、「若いのに達観していること」「どこか男性とも女性ともわからない無性性を感じるとこ」だったそうです。

生涯の伴侶を選ぶ基準も、本木さんらしく独特です(笑)

9歳でニューヨークへホームステイ、高校生でスイスへ留学したことで語学力を身に着け、翻訳家としても活動。

また優れた感性と文才を生かして、エッセイや絵本なども出版されています。

↓本木雅弘さんは内田也哉子さんの素敵な馴れ初めは以下の記事で詳しく↓

長男:内田雅楽(UTA)

“UTA”の名で、モデルとして活動している、長男の内田雅楽くん。

目元が本木さんにソックリですね。

 195cmという長身を生かして幼少期よりバスケットボールを始め、その実力は選手としてカリフォルニアの ドミニカン大学からスカウトされるほど。

ちなみに、本木さんの身長は174cmと普通ですが、祖父の内田裕也さんが175cmと、世代にしては大きい方だったので、雅楽くんは、おじいちゃんの血を受け継いだのかもしれませんね。

2019年には、パリコレデビューをし、アンダーカバーやコム デ ギャルソンで起用されています。

長女:伽羅(きゃら)

希林さんや也哉子さんの持つ、独特な雰囲気を受け継ぐ、長女の伽羅(きゃら)さん。

幼少期からインターナショナルスクールに通い、イギリスに留学していたこともある伽羅さんは英語も堪能です。

女優として映画に出演しており、映画『あん』では、祖母の樹木希林さんと共演経験もあります。

次男:玄兎(げんと)

『万引き家族』の監督で知られる是枝監督と初めて会ったにもかかわらず、隣でペラペラ話しかけたりするような、兄妹で一番社交的な次男・玄兎くん。

生前、樹木希林さんも玄兎のことを、「内田裕也の破天荒な血を一番感じる・・・」と言っていたそう。

「ぴったんこカンカン」で共演したときも、顔も性格も、内田家の遺伝子を強く受け継いでいると、本木さんも認めていました。

最後に

本木雅弘さんの家系図を見てみると、樹木希林さん&内田裕也さんが義両親で、ご実家の家柄もスゴイことがわかりました。

また3人の子どもたちも、その遺伝子を受け継いで芸能界で活躍していきそうな逸材ばかり。

今後も、本木さんはじめ、取り巻く家族から目が離せませんね。

-Sponsored Link-

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。