ビニールプールのおすすめをブログでご紹介!滑り台付き?大きさは?

子育て

夏になると、海やプールへ行くのも良いですが、小さいお子さんがいるご家庭では、気軽に水遊びが楽しめるビニールプールがおすすめ。

しかし、ビニールプールといっても、滑り台付きや小型なもの、大人も入れる大型のものまで多種多様。

そこで今回は、実際に購入したおすすめのビニールプールをご紹介いたします。

Sponsored Link

ビニールプールのおすすめと選び方

ビニールプールを購入してから「失敗した!」ということが無いように、

大きさ
対象年齢
滑り台・噴水付きか

など3つのポイントをチェックしておきましょう。

大きさはどうする?大型?小型?

絶対に外せないポイントは、設置場所に合う大きさを選ぶということです。

我が家が初めてビニールプールを選んだときは、大は少をかねると思い、ウッドデッキより少し大きめのものを購入。

少しはみ出す位なので、使用には問題なかったのですが、 ウッドデッキの角に引っ掛けてしまい、2回目の使用で、穴が空いてしまいました(泣)。

ビニールプールは手軽の遊べる反面、壁などに触れると擦れて穴が空くことがあるので、設置場所より小さめのものを選びましょう。

対象年齢に合ったものを

低年齢のお子様がいるご家庭は、事故を防ぐために 浅いものを選びましょう。

深いプールは、出入りのときにも足が届かず、転倒の危険もあります。

ビニールプールには、必ず対象年齢が記載されているので、必ず確かめてから購入しましょう。

また、プールが意外と滑りやすいので、小さな子供が使用する場合は、底にクッション性のあるものがおすすめです。

滑り台、噴水などの付属品

子ども用のビニールには、滑り台や噴水など楽しい仕掛けが、付いているものもあります。

しかし、滑り台やトンネル、噴水などの部分は、本体とは別に空気を入れなければならず、親御さんにとっては、ちょっぴり大変な作業になります。

凝ったプールを選ぶときは、必ず自動の空気入れなどを一緒に購入することをオススメします。

またマンションなどのベランダに設置する場合は、仕掛けの高さと柵の高さをよく確認してくださいね。

実際に購入したビニールプール&おすすめ7選

我が家では、これまで5回ビニールプールを購入しましたが、その中で購入して良かったものや、おすすめをご紹介いたします。

滑り台・シャワー付きビニールプール

インテックス ヒッポプレイセンター

 


インテックス ビニールプール ヒッポプレイセンター U-57150 大型プール 86×221×188cm 滑り台つき

滑り台やシャワートンネルなど仕掛け付きの、かわいらしいカバのビニールプール。

子ども二人なら余裕で遊べる大きさで、3歳以上から使用できるものです。

浅めなので、3歳の子どもも1人で出入りしていました。

底全体にクッションはありませんが、滑り台の降りてくるところにクッションが付いてあるので、ケガをすることなく遊べました。

仕掛けが多く空気を入れる穴がたくさんあるので、電動の空気入れを購入。


電動エアーポンプ  空気入れ AC電源 100V 家庭用

足でシュポシュポするやつだと汗だくになるので、電動タイプはほんとうに重宝しました。

アシカちゃんビニールプール


シャワー 滑り台 付き キッズ スライダープール 幅 195cm x 奥行き 167cm x 高さ 25cm

2m近くもあるビッグ滑り台とシャワーが付いて、かなりリーズナブルビニールプール。

アシカの口からシャワーが飛び出でるのも、とってもカワイイ。

滑り台の底には丸いクッション付きなので、安全にも配慮されています。

浅く適度な大きで、小学生には少し小さいという口コミのありましたので、年少~年中さんにおすすめです。

ダイナソープレイセンタープール


ダイナソープレイセンター 249×191×109cm ボール シャワー ボール 【249cm】

滝のシャワー、滑り台、恐竜の口にボールを入れるなど、遊び要素満載のプール。

泳ぐというよりは、水遊びの要素が大きいので低年齢の子どもにおすすめです。

パーツごとに、空気を入れないといけないので、少し手間はかかりますが、様々な仕掛けで飽きずに遊べます。

大型のビニールプール

シンプルなインテックスビニールプール


マンダリンスイムセンターファミリープール/ORG 229×147×46cm

子どもが年長になったので、大きくて深いものを購入。

仕掛け付きも良いもですが、シンプルなプールは広々として遊びの幅も広がります。

やや深めなので、3歳以上のお子さんや小学生にもおすすめです。

子ども4人でも遊べましたし、子ども2人に大人1人でも余裕があります。

大きくて深い分、ひっくり返すことができないので、排水のことも考えて設置して下さい。

ファミリープール2.6m


プール 大型 2.6m  ファミリープール 幅 260cm x 奥行き 170cm x 高さ 50cm

子ども5〜6人がラクラクは入れる幅2.6の大型プールで、コスパも◎。

小学生3人と幼児の4人で入ってもとても広いという口コミもありました。

大きい分、設置場所は要確認。

電動式の空気入れも必須です。

丸型スケルトンプール


2m  インテックス 円型 スケルトンプール INTEX 【229cm】

丸型+スケルトンという、めちゃくちゃオシャレなプール。

我が家の設置場所には合わなかったので、泣く泣く断念したのが、こちらの商品。

透け感が涼し気で、他とかぶることも無さそうなので、おすすめです。

空気入れないタイプ

最近、人気が高いのは空気を入れないタイプ。

設置の手間もなく、コンパクトになるので片付けも楽チン。

ミニフレームプール


空気入れ不要 ミニフレームプール インテックス 122cm

面倒な空気入れの作業がなく、フレームを組み立てててすぐに遊べます。

フレームは内側から当たらないようになっており、安全に楽しむことができます。

水を抜いたあと立て掛けて乾かせ、拭き取りもしやすいのも良いですね。

最後に

ビニールプールは見た目だけでなく、設置場所や安全性も考えてベストなものを選んでくださいね。

炎天下でのプールの設置は大変ですが、子どもたちは、とても喜んでくれますよ!

みなさんのビニールプール選びに、少しでもお役に立てれば幸いです。

-Sponsored Link-

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。