ジャングルブック(実写)声優一覧!意外な俳優が日本語・英語吹き替えに

ディズニー

アニメ版の名シーンや音楽はそのままに、圧巻の映像美で魅せる実写版『ジャングルブック』。

風景だけでなく、動物の毛もフッサフサで、目を見張るほどのリアルさ。

そこで今回は『ジャングルブック』をもっと楽しむため、豪華な吹き替え声優一覧とアニメ版との違いをご紹介いたします。

Sponsored Link

『ジャングルブック(実写)』吹き替え声優&キャスト一覧

日本語声優 英語声優
モーグリ(主人公)
北原十希明
テアトルアカデミー所属の子役。ミュージカル「忍たま乱太郎第7弾」しんべヱ役などで活動。現在14歳。特技はタップダンス。
ニール・セティ
本作がデビュー作(当時12歳)。フルCGのため全編ブルーバックだが、伸び伸びと演じきった。
バギーラ(黒ヒョウ)
松本幸四郎
歌舞伎役者。ブロードウェイで『ラ・マンチャの男』、ロンドンでは『王様と私』の共に主役を演じるなど国内外で活躍。中学生の頃のあだ名は“黒ヒョウ”だったことから、縁を感じ、オファーを受けた。ナレーションも担当している。
ベン・キングズレー
インド系のイギリス人。映画『ガンジー』では、非暴力主義者のガンジーを演じアカデミー主演男優賞を受賞。一躍有名に。他に『バグジー』『砂と霧の家』などに出演。
バルー(クマ)
西田敏行
実写吹き替えは初挑戦で、陽気なクマを、人柄そのままに演じた。代表作は、映画『釣りバカ日誌』『おんな太閤記』豊臣秀吉役など多数。
ビル・マーレイ
『ゴーストバスターズ』ピーター・ベンクマン博士役、『スター・ウォーズ』のハン・ソロ役などで知られる俳優。
シア・カーン(トラ)
伊勢谷友介
代表作『あしたのジョー』ドラマ『白洲次郎』など。近年は俳優だけでなく実業家としても活動。
イドリス・エルバ
米ピープル誌が選ぶ「最もセクシーな男性」にも選ばれたこともあるイギリス人俳優。『ズートピア』ではボゴ署長役で声優を務めている。
ラクシャ(メスのオオカミ)
宮沢りえ
『三井のリハウス』のCMで注目される。代表作『紙の月』『湯を沸かすほどの熱い愛』。本作が吹替え初挑戦。
ルピタ・ニョンゴ
映画『それでも夜は明ける』の演技が絶賛され注目される。しなるようなうつくしい声でラクシャを演じている。
カー(メスのニシキヘビ)
朴璐美
『∀ガンダム』ロラン・セアック役、『BLEACH』日番谷冬獅郎役の声優として知られる。『ドクタードリトル2020』ではダブダブ(アヒル)を担当。
スカーレット・ヨハンソン
ゆったりした口調とハスキーな声で、狡猾なニシキヘビを妖しく演じた。代表作は『マッチポイント』『アベンジャーズ』シリーズ。
アキーラ(オオカミのリーダー)
大川透
『超ロボット生命体トランスフォーマー マイクロン伝説』コンボイ役や『鋼の錬金術師』のロイ・マスタング役で知られる声優。
ジャンカルロ・エスポジート
『ユージュアルサスペクツ』刑事役、『ゲットダウン』などで知られる俳優。
キング・ルーイ(ギガントピテクス)
石原慎一
アニメ版・実写版共にキング・ルーイを演じている。アニソン歌手として歌唱力にも定評があり、劇中歌では、「君のようになりたい」を披露。

クリストファー・ウォーケン
『バットマン リターンズ』『キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン』などで知られる個性派俳優。俳優の松重豊に似てると思うのは私だけ?

イキ(ヤマアラシ)
河本邦弘
『ゆるキャン△』大町先生『北へ』白石 満などを担当している声優。
ギャリー・シャンドリング
『アイアンマン2』『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』などに出演。2016年に亡くなった。
グレイ(オオカミ兄弟の1人)
古賀瑠
テアトルアカデミーに所属する子役。舞台などで活躍。
ブライトン・シャルビノ
『ウォーキング・デッド』リジ―役の子役として知られる。最近では『天国からの奇跡』などに出演。
オオリス(リス)
後藤光祐
『レディ&トランプ』エリオット役『ONE PIECE』ビール6世を担当する声優。
サム・ライミ
『死霊のはらわた』『スパイダーマン』の監督して知られる。映画『シャイニング』ハウイ役など俳優として出演することも。

↓『ジャングルブック』と同じスタッフで制作された【ライオンキング実写版】吹き替え声優一覧↓


-Sponsored Link-

実写版『ジャングルブック』アニメとの違い

人種差別や性差別への配慮

アニメ版『ジャングルブック』が公開された1967年当時は、黒人の人権運動が盛んに行われており、『ジャングルブック』も批判にさらされました。

アニメ版では、モーグリこそ訛りのある英語ですが、動物たちはイギリス英語の正しいアクセントで会話します。

そのうえ、モーグリを人間の世界に戻そうとする行為は、有色人種を隔離することを暗喩していると言われ、人種差別的だと言われました。

さすがにディズニーも、そこまで意図したものではないでしょうし、“とばっちり”をモロに受けた気はしますね…。

『ジャングルブック』は、 興行的には成功したものの、ディズニー社にマイナスイメージを植え付けられてしまうという苦い経験となりました。

これらを踏まえ、実写版の声優は、インド系や黒人を多く起用し、人種の多様性を意識したキャスティングとなっています。

また、性差別にも配慮しており、ニシキヘビのカーはアニメ版ではオスですが、実写版ではメスに変更され、男女の比率を調整しています。

結末が違う

2019年に公開された実写版『ライオンキング』では、アニメ版のストーリーとほぼ同じように描かれました。

一方『ジャングルブック』は、コミカルなアニメ版と違って、実写版はややシリアスに描かれます。

特に、ラストの主人公・モーグリが最後に選ぶ道はまったく違います。

あまり詳しく書くと、ネタバレになるので明かしませんが、アニメ版は見終わったあと「ちょっ待てよ!モーグリ~~!」となることだけ言っておきますね(笑)。

アニメ版は陽気な本編と、ラストの切なさとの落差を、ぜひお楽しみ下さい。

動物たちの“それじゃない感”がすごい

『ジャングルブック』では魅力的な動物キャラクターが多く登場しますが、アニメ版とはだいぶ様子が違います。

まず、 キング・ルーイですが、とにかくデカすぎます。

アニメ版ではオラウータンの設定ですが、実写版では類人猿の「ギガントピテクス」となっています。

オラウータンの生息地域は、スマトラ島やボルネオ島で、インドの森林には住んでいないので変更したのでしょうか…。

ギガントピテクスは、東南アジアやインドに生息していましたが、体長3mもある巨体であるために、気候変動についていけず絶滅したとも言われています。

知性を備え、狂気をまとった実写版のキング・ルーイは、まさに高知能モンスターですが、アニメのカワイイ要素は皆無です。

そして、 ニシキヘビ・カーの妖艶な姿と声も見逃せません。

ニシキヘビのメスは交尾後に絞め殺し、子育ての栄養源として食べてしまうという、人間で想像すると相当エグイ本能をお持ちの生き物。

リアルなヘビだけに、まぁまぁ気持ち悪いです(笑)

そんなニシキヘビ・カーの英語版の声優は、スカヨハ様!

妖しさ、セクシーにおいては、まさに適任でしょう。

最後に

実写版『ジャングルブック』の声優は、英語版・日本語版ともに豪華なメンバーが集結していました。

また実写版では、設定の軸は踏襲しているものの、結末やキャラクターには変化が見られました。

ぜひ、みなさんもアニメ版と実写版を比べて、違いを確かめてみてくださいね。

今ならU-NEXTでは、新規登録でプレゼントされるポイントで『ジャングルブック』を無料で見れちゃいます。

おまけに、31日間無料キャンペーン中!

詳しくは↓下をクリック

\今すぐ【ジャングルブック】を見る!/

 

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。