『私たちはどうかしている』ドラマ化!原作の犯人ネタバレ結末

国内ドラマ

2020年夏にスタートしたドラマ『私たちはどうかしている』は、過去に起こった忌々しい事件、椿と七桜の因縁の関係、女将の画策など、愛憎渦巻くストーリーが注目されていますね。

原作は、安藤なつみさんによる同名マンガ『私たちはどうかしている』原作であり、現在も講談社「BE・LOVE」連載中の作品です。

そこで今回は、ドラマ『私たちはどうかしている』の結末を知りたい人のために、マンガのネタバレをご紹介したいと思います。

Sponsored Link

『私たちはどうかしている』原作のネタバレ

ドラマ『私たちはどうかしている』キャスト・相関図は⇒コチラ

七桜と椿の出会いと再会

幼いころに七桜は、母が住み込みで働いていた老舗和菓子店「光月庵」で跡取り息子の椿と出会う。

しかし、椿の目撃証言で殺人の疑いをかけられた母は、逮捕され獄中で亡くなってしまい、七桜も「光月庵」を追い出されてしまう。

15年後ーーー

和菓子の腕を競う大会で再会した二人。

母を犯罪者に仕立てあげ、七桜の人生を狂わせた椿。

しかし、その憎い椿は、七桜の素性に気づかず突然、プロポーズ。

母の死の真実を知りたい一心の七桜は、プロポーズを受け「光月庵」に住み込みで働き始める。

二人を襲う危機

「光月庵」に潜入してから、七桜は様々なトラブルに見舞われ大失態を演じることも。

そして、次第に明らかになっていく大旦那の恨みや女将からの疑いの目。

大旦那はついに七桜に“偽りの嫁”と罵った。

背水の陣となった七桜だったが、椿は「七桜と部屋を共にする」と宣言。

そして二人は、肉体関係を結び、そこで椿は「さくら(父親を殺した女の娘)が目の前に現われたら消えてもらう」と明かした。

憎しみの言葉に凍りつく七桜。

そんななか、七桜の母親だという“花岡夕子”という女性が現れるが、その女性は常連客に頼まれた味方だった。

疑いのため監視も目を強める女将から七桜を守るため、椿はある部屋に七桜を監禁。

部屋から逃げ出した七桜だったが、何者から狙われてしまう。

そして、七桜をかばった椿は手にケガを負ってしまったが、七桜が茶道を習い手助けし、父の日に開かれる『草薫会の茶会』で『落とし文』という和菓子を作った。

大旦那は『落とし文』を口にしてくれなかったものの大切な茶会を乗り切った二人には、絆が生まれた。

城島のたくらみ

ある日、七桜は、母・百合子のが作る和菓子のファンだったという実業家・多喜川から、母が遺した手紙を受け取る。

多喜川薫という男は、椿の心強い味方になってくれた。

母の真相を知るために、従業員・城島に誘われかつて自分と母が住んでいた部屋を訪れた七桜。

一方 椿は、城島に心を許し親密になっていく七桜に嫉妬していた。

優しく見える城島だったが、実家は小さな和菓子店を『しまや』で、借金がかさみ勝負に出たイベントで何者かに“わらびもち”の箱をひっくり返され、父は自殺したという過去があった。

その犯人が、椿だと思いこんでいる城島は、女将と手を組んで七桜に近づき痛めつけようとしていた。

椿と七桜は、城島が再現した『しまや』の“わらびもち”をデパートの七夕の催事で出し、ギャラは城島が背負う借金にあてることを決めた。

そんな二人の行動を見て、城島も自分のやっている企みに疑問を持っていった。

城島の様子に腹が立った女将は、催事当日に“わらびもち”の箱をひっくり返した。

しかし、その箱は七桜があらかじめ用意していた偽物で、本物は別に用意していた。

その作戦で、椿の読み通り“わらびもち”は、売れに売れ大盛況にうちに幕を閉じた。

-Sponsored Link-

七桜の妊娠と真犯人

催事の成功でさらに仲が深まった二人。

そして七桜は、これ以上嘘はつけないと考え、自分の正体と妊娠していることを椿に明かすことを決意。

そんな矢先、母・百合子が住んでいた部屋に隠し扉を発見、 15年まえに死んだ椿の父・光月庵の旦那様と亡くなった母は愛し合っており、七桜の父親は大旦那であることを知った。

衝撃の事実にショックを受けた七桜は、光月庵を出ていこうとしていた。

そこに、お見合い前に「光月庵」の茶会に出席するためにやってきた椿の元婚約者・栞の姿が。

その茶会は、1年に1度だけ大旦那が開ける高月家の母屋で開かれるが、そこは15年前の殺人事件の現場になった場所だった。

一方で、女将は大旦那が「全財産を椿に相続させるが、もし血縁の孫が現れたらそちらに全相続させる」と書いた遺言の内容に激怒していた。

遺言を捨て去ろうとする女将に、大旦那は話し始めた。

女将は昔、名家の出で、大旦那に見初められ樹の妻になった。

しかし樹(旦那様)は、女将の身体には一切触れようとしなかったため、 女将は別の男性と不倫関係になっていた。

それを目撃していた大旦那は、椿が樹の子でないことを知っていたというのだ。

全てを暴かれた女将は、椿が不倫相手の子だと認めると、大旦那ともみ合って母屋に火を放った。

そこで七桜は、15年前の事件現場に女将がいたことを思い出し、女将を問いつめると、犯人だと白状した。

七桜も女将に、自分の正体を明かすも、後ろで椿が聞いていたのだった。

15年前の殺人事件の 犯人が女将分かったところで、火が燃え広がり、椿は意識不明の重体、栞は七桜に助けられるも流産してしまうのだった。

-Sponsored Link-

火事から3年後

離れ離れになった二人の間に月日が経ちーー。

「光月庵」に復讐を誓う七桜は、東京での修行を終え、多喜川の力を貸り金沢で「花かすみ」という店をオープンさせる。

一方、七桜への思いを吹っ切った椿は、次の選定会に向けて準備をする日々を送っていたが、火事の後遺症で目を悪くしていた。

七桜を助けたときに顔にヤケドを負った栞は、椿のことが忘れられず「光月庵」で働き始めていた。

そして「花かすみ」と「光月庵」が参加した選定会は、女将が根回ししたおかげで「光月庵」が勝利した。

やっぱり七桜を忘れられない椿は、「花かすみ」を訪れるも、七桜は冷たく接し、多喜川と関係があることを匂わせるのだった。

二人は再びライバル関係に戻った。

七桜は椿を「光月庵」の呪縛から解放するため、大旦那に自分こそが正統な後継者であることを宣言し乗っ取りを計画。

一方で、 栞が椿との子を妊娠したと知った女将は大喜び。

しかし、椿は栞の気持ちには答えられないと結婚を断った。

そして、七桜が樹の子と知った、大旦那は当主の座をかけて、七桜と椿を勝負させることにした。

後継者は?

そして対決の日。

椿は父に初めて教わったつばき餅、七桜は柚子を丸ごと使った上生菓子で勝負し、大旦那は勝負の行方を女将に託す。

そして、女将が選んだのは七桜の作った柚子の和菓子だった。

女将は、七桜の作った柚子の上生菓子を、椿のものだと間違えていたのだった。

この勝負に納得がいかない女将は、文句を言い始めるが、大旦那が止めに入るが、大旦那は無理がたたり倒れてしまう。

そして、病室に呼ばれたのは椿1人。

大旦那は、「お前のつばき餅には、魂がふるえたが、俺(大旦那)だけに向けられた菓子を選ぶわけにはいかなかった。」と言い、今までの態度を詫び、「これからは自分の作りたいものを自由に作れ」という言葉を残し息を引き取った。

大旦那の葬式の日、椿は七桜に「光月庵を潰さないでくれ。」と言い残し姿を消し、七桜は、どんなことがあっても店を守り抜く決意を固めた。

再出発と多喜川の正体

「光月庵」の主人となった七桜。

しかし、椿を追い出し店を乗っ取ったという誤解をされている七桜に従業員たちは良い顔をしない。

そんななか、金沢の旅館「長谷川」を正式に継ぐことになった栞の姉・由香莉が挨拶に訪れ、加賀で格式のある「武六会」に七桜を招待。

もし「武六会」で“らしくない”振る舞いがあれば、武六会の一員から外され、店の終わりを意味する。

失敗の許されない七桜を身の引き締まる思いを抱くのだった。

「武六会」参加のため「長谷川屋」にやって来た七桜は、由香莉と多喜川が昔付き合っていたことを知り、栞には姉(由香莉)には気をつけて と忠告を受ける。

そんな中、またもや女将が七桜の邪魔をしようと、七桜の道具を燃やそうとしていたが、寸出のところで道具は助かった。

心労のため七桜は、その場に倒れてしまうが助けてくれたのは椿だった。

そして逃げる女将を見つけた、多喜川は「あなたの姿を見るのが夢だった」と言い、多喜川は、女将の不倫した相手の子供だということが判明した。

つまり、 多喜川と椿は異母兄弟ということだったのだ。

『私たちはどうかしている』原作ネタバレ相関図

ドラマ『私たちはどうかしている』キャスト・相関図は⇒コチラ

最後に

現時点での連載で分かっているネタバレはここまです。

もし、続きを読みたい方は、U-NEXT<ユーネクスト>でマンガ配信中です。

いまなら、1冊無料プレゼントなうえ、600ポイントプレゼントで、さらに1冊『私たちはそうかしている』を読むことが可能です。

おまけに、31日間無料キャンペーン中!(キャンペーン期間中に解約すれば、費用は一切かかりません。)

なお、この配信情報は2020年7月時点のものです。

配信が終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、現在の配信状況については、各動画配信サイトのホームページもしくはアプリをご確認ください。

詳しくは⇒コチラ

\今すぐ『私たちはどうかしている』を読む!/

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。