• HOME
  • ブログ
  • 邦画
  • 『ジョゼと虎と魚たち(アニメ)』声優・キャラクター一覧とあらすじ

『ジョゼと虎と魚たち(アニメ)』声優・キャラクター一覧とあらすじ

邦画

車いすのジョゼと、ごく普通の大学生の青年を主人公に、恋をする喜びや痛みを描いた『ジョゼと虎と魚たち』。

原作は、芥川賞作家・田辺聖子の代表作である『ジョゼと虎と魚たち』で、2003年には妻夫木聡と池脇千鶴主演で実写映画化もされた傑作です。

そこで今回は、アニメ『ジョゼと虎と魚たち』のキャラクター・声優・原作をご紹介いたします。

Sponsored Link

アニメ『ジョゼと虎と魚たち』キャラクター&声優一覧

主要キャラクター

主人公:鈴川恒夫中川大志

主人公◆鈴川恒夫

大阪の大学に通う4年生。メキシコに生息する魚に興味を持ち、海洋生物学を専攻している。卒業後に留学するためダイビングショップなどバイトを掛け持ちしている。ジョゼと出会い、彼女の祖母に頼まれてバイトをすることに。

声優◆中川大志

小学4年生の時にスカウトされデビュー。現在22歳。ドラマ『家政婦のミタ』の長男役で注目され、以後 朝ドラ『なつぞら』、『G線上のあなたと私』など話題作に出演。

ヒロイン:ジョゼ清原果耶

車いすの少女◆ジョゼ

愛読書フランソワーズ・サガンの『一年ののち』の登場人物の名前から「ジョゼ」と名乗る。足が不自由で車いすで生活している。趣味は本を読むことと絵を描くこと。家の中でほとんど過ごしているため外の世界への憧れが強く、魚のように泳いでどこかへ行く空想をしている。口が悪く、毒舌でどこか達観しているようにみえる。

声優◆清原果耶

2002年生まれの19歳。朝ドラ『朝が来た(2015)』で ふゆ役でデビュー。初主演したドラマ『透明なゆりかご』で確かな演技力を見せ、2021年の朝ドラ『おかえりモネ』のヒロインにも抜擢されている。

恒夫の知り合い

後輩:二宮舞宮本侑芽

バイトの後輩◆二宮舞

恒夫がバイトしているダイビングショップの後輩。魚の水中写真を撮るのが趣味。恒夫に密かに恋心を抱いている。健気で明るく、情に厚い性格。

声優◆宮本侑芽

4歳で劇団ひまわりに入団。『アイカツスターズ!』香澄真昼などの声優として知られる。ラジオパーソナリティや女優としても活躍。

友人:松浦隼人興津和幸

恒夫の友人◆松浦隼人

恒夫と同じ歳のバイト仲間で友人。お調子者でノリの良い性格。舞が恒夫に思いをよせていることに気づいている。

声優◆興津和幸

『ジョジョの奇妙な冒険』の主人公・ジョナサン・ジョースター役の声優として知られる。高校3年生の時には、甲子園で開会式の司会進行を務めた経験もある。

ジョゼの周囲の人々

祖母:山村チヅ松寺千恵美

ジョゼの祖母◆山村チヅ

「外は恐ろしい猛獣ばかり」が口グセの頑固なジョゼの祖母。他人からジョゼを隠すように、ひっそりと暮らしてきた。ひょんなことから恒夫にバイトを頼む。

声優◆松寺千恵美

大阪が舞台の朝ドラ『ふたりっ子』『芋たこなんきん』などの常連女優で「大阪ことば指導」としてドラマの方言指導も行っている。

司書:岸本花菜Lynn

図書館の司書◆岸本花菜

ジョゼと恒夫が訪れた図書館の司書。フランソワーズ・サガンが好きで、初めて出会ったが本が好きなジョゼと小説の話で意気投合する。柔らかな雰囲気を持った女性。

声優◆Lynn
アニメ『NARUTO -ナルト- 疾風伝』で声優デビュー。『君の膵臓をたべたい』山内桜良役などを担当。ラジオ「Lynnのおしゃべりんらじお」でパーソナリティとしても活躍。

-Sponsored Link-

アニメ『ジョゼと虎と魚たち』あらすじ

本を読み、絵を描きながら空想し、祖母のチヅとひっそりと暮らしてきたジョゼ。

幼少期から車いすで暮らしてきた彼女は、ある日 散歩中に坂道を転がり落ちそうになったところを恒夫に助けられる。

そのお礼にと、家に招かれた恒夫は、ジョゼの家でご飯をごちそうになる。

海洋生物学を専攻する恒夫は、メキシコに生息する魚に魅せられ、自分の目で確かめようと留学を目標にバイトに明け暮れている大学4年生。

そんな恒夫に、ジョゼの祖母は「ジョゼの注文を聞いて、彼女の相手をする」というバイトを持ちかけた。

しかし、口が悪くひねくれ者のジョゼは、恒夫に辛辣に接し、恒夫も遠慮せずに、真っ直ぐにぶつかっていく。

そんな交流の中で、徐々に惹かれ合い、縮まっていく二人の距離。

恒夫との出会いで、徐々に外の世界に目をむけ飛び出して行こうとするジョゼだったが…。

『ジョゼと虎と魚たち』原作


ジョゼと虎と魚たち (角川文庫) [ 田辺 聖子 ]

アニメ『ジョゼと虎と魚たち』は、田辺聖子さんいよる同名小説が原作です。

ジョゼ・虎・魚と、関連性のない単語が並んだタイトルを不思議に思う方もいるでしょうが、読み終えたあとは「本当にピッタリ」と思うほど物語を象徴する題名です。

3つの言葉の共通点は、ジョゼも虎も魚も、狭い箱に閉じ込められて、外の世界を知らないということ。

あまり言うとネタバレになりますが、ジョゼと恒夫の恋の始まりに虎、そして恋が終わる頃に魚が登場します。

物語の見どころは、 障碍者と健常者の関係が、キレイごと抜きでリアルに描かれていること。

例えば、ジョゼの祖母は、ジョゼを 「コワレモノ」と呼び、自分の家の恥だから隠し通そうとし、恒夫のことが好きな香苗という女性は、 「正直、あんたの武器(障碍)が羨ましいわ。」とあからさまな言葉をジョゼに投げかけます。

香苗は、福祉の勉強をしているにもかかわらず、恒夫をジョゼに奪われたと知ると態度が豹変し、「障碍者のくせに私の彼氏を奪って」と怒りを爆発させるのです。

そして、偏見のないように見えた恒夫も…。

こんなタブーの他にも、ジョゼと恒夫のベッドシーンも登場するので、アニメでは、子どもが視聴することを考え、もう少しマイルドに描かれるのではと予想しています。

興味がある方は、原作に忠実な妻夫木聡さん、池脇千鶴さんが演じた実写映画を観ることもオススメします。

実写映画『ジョゼと虎と魚たち 』キャスト・あらすじ結末は⇒こちら

最後に

芥川賞作家・田辺聖子の代表作を原作とするアニメ映画『ジョゼと虎と魚たち』は、

2020年12月25日(金)公開

です。

-Sponsored Link-

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。