『カンパニー(ドラマ)』キャスト相関図とあらすじ原作ネタバレ

国内ドラマ

ドラマ『カンパニー』は、会社からも家族からも戦力外通告をされた中年サラリーマンが、未知の世界であるバレエ団に出向し、仲間(カンパニー)と共に、荒唐無稽なミッションに挑む物語です。今回は、井ノ原快彦主演のNHKドラマ『カンパニー』のキャスト・相関図とあらすじ原作をご紹介いたします。
『カンパニー』再放送日と動画を全話フル視聴する方法は⇒こちら

-Sponsored Link-

ドラマ『カンパニー』相関図

※無断転載ご遠慮ください。

『カンパニー』キャスト一覧

原作本『カンパニー』の結末ネタバレは⇒こちら


青柳誠一

演・井ノ原快彦
長年に渡り総務畑を歩んできたが、「有明製薬」の総務部総務課長だったが、会社の合併により「有明ヘルツ」のキャリア創造支援室へ異動。バレエ団に出向させられるが、そこで公演を成功させなければリストラが待っている。
瀬川由衣
演・倉科カナ
「有明ヘルツ」所属のマラソン選手の専属トレーナーだったが、その選手が妊娠したことで居場所を失いキャリア創造支援室へ異動させられる。高野悠のトレーナーを任されるが…。

高野悠

演・宮尾俊太郎
ロンドンの有名バレエ団に所属する人気実力共にあるトップダンサー。「有明ヘルツ」のイメージキャラクターに起用。かつて敷島バレエ団に在籍していたこともあり、公演の主役を務めることに。
高崎美波
演・織田梨沙
敷島バレエ団のダンサー。実力・美貌共に申し分ないが本番に弱い。アルバイトをしながらダンサーを続けている。

水上那由多
演・古川雄大
有名ボーカル&ダンスユニットのメンバー。公演の王子役に抜擢される。

有明沙良
演・小林美奈
「有明ヘルツ」取締役の娘。

長谷山蒼太
演・栗山廉
敷島バレエ団員。
敷島瑞穂
演・黒木瞳
敷島バレエ団の代表。10年来、公演を協賛してきた「有明製薬」が合併により援助を打ち切るかもしれず、危機感を持っており、何としても公演を成功させたいと思っている。
田中乃亜
演・坂井真紀
敷島瑞穂の秘書。
脇坂英一
演・西村まさ彦
青柳の上司。青柳に敷島バレエ団出向を命じ、公演を成功させるため、有名ダンサーである高野の出演を提案する。

有明清治郎
演・岩松了
「有明ヘルツ」の取締役で沙良の父親。

青柳悦子
演・小西真奈美
青柳の元妻。離婚をするため娘を連れて家を出る。

青柳佳奈
演・田畑志真
青柳の娘。

-Sponsored Link-

ドラマ『カンパニー』あらすじ

「有明製薬」の総務部総務課長として長年 総務課で実直に働いてきた青柳誠一。

ある日、会社が合併し「有明ヘルツ」と社名変更をすることになったことを機に、青柳は窓際部署であるキャリア創造支援室へ異動を命じられ、一気に リストラ候補となってしまう。

一方、私生活では妻・悦子が娘を連れて、突然 家を出てしまった。会社からも家庭からも 戦力外通告を受けた青柳は、「真面目に生きてきただけなのに、一体なにがいけなかったのか?」と自問自答した。

そんななか、起死回生のチャンスとして上司の脇坂が与えたミッションは、有明製薬が資金援助している バレエ団へ出向し、年末公演『白鳥の湖』の興行を成功させることだった。しかし、敷島瑞穂率いるバレエ団が主催する「白鳥の湖」を成功するには問題が山積みだった。

会社に何としてでも残りたい青柳は、妻の残した『バレエ日記』を唯一の手がかりにして、未知のバレエの世界に立ち向かっていく。

『カンパニー』再放送日と動画を全話フル視聴する方法は⇒こちら

『カンパニー』原作


カンパニー (新潮文庫) [ 伊吹 有喜 ]

ドラマ『カンパニー』は、「四十九日のレシピ」「雲を紡ぐ」でも知られる直木賞候補にもなった伊吹有喜さんによる同名小説が原作です。

伊吹有喜さんといえば、登場人物の細やかな心理描写が得意な作家さんです。『カンパニー』でも、登場人物一人一人の心の変化が丁寧に描かれています。

主人公の青柳は、これまでソツなく業務をこなし、それ以上でのそれ以下でもない真面目な社員でしたが、未知の世界であるバレエ団に出向し、そこで巡り合ったダンサーの苦悩に寄り添ったり、挫折したバレリーナと心を通わせるうちに、自分からどんどん企画を提案していき、仕事の面白さに目覚めていきます。

また、会社で居場所を失ったスポーツトレーナーの瀬川由衣は、青柳と同じくバレエ団に出向させられ、世界的ダンサー高野悠に煙たがられながらも、専属トレーナーとなります。そこで、プロの厳しさや王者の孤独を知るにつれ、自分が本当に夢中になれることを見つけていきます。

他にも、才能も美貌も申し分ないのに、自分に自信がないバレリーナ・高崎美波や、父親の金で主役を買ったと揶揄されるオデット役の有明沙良、アイドルグループで頭角を表そうと必死になる王子役の水上那由多などが登場しますが、皆、何かしらの悩みや挫折を持ちながらも、仲間=カンパニーとして大きな目標に向かっていきます。

仲間、努力、目標と聞くと、なんだか青臭い感じもしますが、登場人物が、自分の努力ではどうにもならない厳しい現実もリアルに描いているので、大人になった今こそ読んで欲しい作品となっています。

ドラマで気になった方は、お手にとってみてはいかがでしょうか。

原作『カンパニー』結末ネタバレは⇒こちら

最後に

NHKプレミアムドラマ『カンパニー』は、

2021年1月10日(日)スタート

お見逃しなく。

-Sponsored Link-

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。