ドラマ『春の呪い』相関図・キャスト春・冬吾・夏美は?原作の結末

国内ドラマ

「最愛の妹を亡くした姉が、妹の婚約者を愛してしまう」そんな禁断の恋を描いたドラマ『春の呪い』がテレビ東京で放送されます。そこで今回は、ドラマ『春の呪い』のキャスト・相関図と原作のネタバレを少しだけご紹介いたします。

-Sponsored Link-

ドラマ『春の呪い』相関図

ドラマ『春の呪い』キャスト一覧

立花夏美高橋ひかる

亡くなった春に、妹以上の恋心を抱くほど愛していた。両親が離婚し、父親が再婚してから義理母との関係もうまくいかず、唯一の信頼できる春と支え合い、励まし合いながら生きてきた。

底抜けに明るく行動力のある性格だが、冬吾の前では無口で暗く振る舞う。

春のために看護師の道を諦め、栄養士の資格を取り、病院に勤務する。

春が亡くなったあと、春の恋人・冬吾と付き合うことのなるが、「春は、冬吾に惹かれる自分を見て憎んでいるだろうか…」と罪悪感で押しつぶされそうになる。

立花春桜田ひより

夏美の妹。姉と共に、財閥・相馬家の女系子孫である立花家の血筋を引き継いでいる。可憐な容姿と控えめな性格から相馬家の御曹司・冬吾の婚約者に選ばれる。

冬吾のことを愛し、結婚することを心待ちにしていたが、交際して2年後に癌であることが判明し、「冬吾さん…」という言葉を残し19歳の若さで亡くなる。

柊冬吾工藤阿須加

財閥系の御曹司でイケメン。多くの資格を持ち、高学歴で一族の銀行に勤務するエリート。寡黙な性格。

恵まれた生活を送ってきたように見えるが、親に決められたレールの上を歩む人生を窮屈に思い、自由を求めている。

母親に言われた通り、春と交際じていたが、ずっと自分を拒絶する夏美が気になっており、春が亡くなったあと、夏美に交際を申し込む。

-Sponsored Link-

ドラマ『春の呪い』の原作と少しネタバレ


春の呪い(1)

春の呪い(2) 

原作は「このマンガがすごい!2017オンナ編」第2位にもなった小西明日翔さんの同名コミックが原作です。

「呪い」というだけあって、禁断の恋にゆれる姉妹と御曹司のドロドロとした三角関係を想像する方もいるかもしれませんが、本作は一般的な恋愛話や感動作品とは一線を画す、繊細な人物描写が魅力です。

少し、原作の内容をネタバレすると…

夏美と春は、とても仲の良い姉妹で、複雑な家庭環境のなかで手を取りあい、寄り添っていきてきました。

しかし、春が癌に侵され19歳の若さで亡くなり、葬儀の後、夏美は冬吾と付き合うことに。

交際は、冬吾の親が決めたように見えていたが、実は冬吾が望んだことでした。冬吾から交際を申し込まれた夏美は、拒否するかと思いきや「春と二人で行った場所に私も連れていって欲しい」という条件を出して付き合うことを承諾します。

生前の春の思い出を話し、様々な場所をぎこちなくデートする二人は、罪悪感を感じながらも次第に惹かれ合っていきます。

しかし、春と冬吾が訪れた場所を巡ることは喫茶店で最後になってしまいます。もう春との思い出の場所が無くなったのです。冬吾は「お前からの条件を満たせなくなったから。」と夏美に別れを切り出しました。

夏美は、亡くなった春への執着から冬吾を恨んでいましたが、一緒に過ごすうちに、冬吾は本当に自分のことを好きでいてくれたこと、無自覚に冬吾を傷つけていたことに気づきます。

そんななか、夏美は「アキ」というペンネームでSNSに投稿されていた春に日記を発見。そこには病気の不安と共に、夏美や恋人・冬吾への想いが綴られていました。春の本当の想いとは?一度は別れを決めた夏美と冬吾の結末はどうなるのでしょう。

『春の呪い』のネタバレ・詳しい結末は⇒こちら

最後に

テレビ東京サタドラ枠で放送されるドラマ『春の呪い』の放送日は5月22日以降にスタート予定です。愛する妹を奪った男を恨みながらも、惹かれていく主人公の揺れる心を高橋ひかるさんが、どのように表現するのか楽しみですね。

-Sponsored Link-

ドラマ『春の呪い』の世界観をもっと味わいたい方は、U-NEXT<ユーネクスト>でマンガ配信中です。

いまなら、 1冊無料なうえ、600ポイント(600円分)プレゼントで、さらにもう1冊『春の呪い』を読むことが可能です。

なお、この配信情報は2021年4月時点のものです。

配信が終了している、またはキャンペーンが終了している可能性がございますので、現在の配信状況については、各動画配信サイトのホームページもしくはアプリをご確認ください。詳しくは⇒コチラ

\今すぐ『春の呪い』を読む!/

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。