『おかえりモネ』挿入歌を歌うアン・サリーって誰?

朝ドラ

朝ドラ『おかえりモネ』の哀愁あるメロディと柔らかい歌声に、朝から癒されるという方も多いと思います。そこで今回は、『おかえりモネ』の挿入歌を担当しているアン・サリーさんについてご紹介いたします。

-Sponsored Link-

『おかえりモネ』挿入歌を歌うアン・サリーさんの経歴

アン・サリーさんのプロフィール

『おかえりモネ』で優しい歌をハミングしているのは、愛知県名古屋市出身のシンガーソングラーター アン・サリーさんです。

異国の名前のような響きのアン・サリーさんの本名は安 佐里さんと言って、在日韓国人三世で、1972年生まれの現在 48歳の女性です。

7人の大家族で、4人兄弟の一番上というアンさんは、10代の頃から様々なジャンルの音楽をボーダレスに聞いて育ちました。

そんな自身のルーツもあってか、アンさんの曲は、どんなジャンルにも属さず、日本語、英語、ポルトガル語、韓国語など様々な言語で歌われています。

シンガー&ドクター!

アンさんの経歴で驚かされたのが、シンガーでありながら現役の内科医つまり 医師であることです。

アンさんの父親も地元で小児科医をしており、幼少期はお医者さんごっこが本物の注射器だったり、病気の症例の写真なども多くみてきたので、自然と医者の仕事に興味を持ったそうです。

それと同時に、ピアノも大好きで音楽の学校に進学しようとしていたところ、「若いうちに道を狭めることはない。お医者さんになっても音楽はできる。」というアドバイスを父から受け、東京女子医大に進学しました。

その後、医学部卒業し医師になってから、CDデビューの話が舞い込み、ファーストアルバムの“Voyage”でデビュー。

2002年~2005年は、医学研究留学のためジャズの聖地でもあるニューオリンズに滞在する傍ら、アルバム制作を行うなど、2足のわらじで活動してきました。

2020年の情報では、東京女子医科大学で勤務医として働いているそうですが、患者さんに歌手であることに気づかれることは、ほとんどないそうです。

それにしても、アンさんが担当医だったら、少々の病気は自然治癒しそうですね。

アン・サリーさんの家族

シンガー兼医師として活動するアン・サリーさんは結婚しており、15歳と13歳の娘さんを持つ、 二児の母親でもあります。

夫は、ニューオリンズに滞在していた頃に知り合った滋賀県出身の日本人トランペッター飯田玄彦さんで、夫婦でライブを行うこともあります。

お子さんが小さい頃は、そこまで忙しくなかったアンさんですが、平日は医師として病院に勤務、週末は歌手としてライブを行うなど、次第に多忙になり一時は大変だったそう。現在は、夫の協力もありマイペースに仕事を続けています。

また、穏やかそうに見えるアンさんですが、たまに子どもに対してイライラすることもあるとか。しかし、子供を一人の人間としてリスペクトすると決めてから、徐々に穏やかに接することができるようになったそうです。

-Sponsored Link-

アン・サリーさんの代表曲

2001年のデビュー当時は、ジャニス・イアン、ジョニ・ミッチェルなど洋曲のカバーが多かったアンさんの楽曲ですが、2003年頃から日本の歌もカバーするようになります。

ここからは、アンさんのどこか哀愁を帯びた歌声が堪能できる代表曲をまとめてみました。

蘇州夜曲

 

多くの歌手がカバーをしている「蘇州夜曲」ですが、少し異国情緒がある歌声はアンさんならでは。

胸に染み入るような歌声は、まさにヒーリングソングですね。

満月の夕べ

映画『あの日のオルガン』の主題歌にもなった「満月の夕べ」は、1995年に発生した阪神・淡路大震災の夜に満月がのぼっている様子をみて、中川敬さん、山口洋さんが共作した楽曲です。

アンさんが歌う鎮魂歌は、心に沁みますね。

時間旅行

ニンテンドーDS用ゲームソフト『レイトン教授と最後の時間旅行』の主題歌となっている「時間旅行」。

作詞・作曲・編曲すべてアン・サリーさんが手掛けています。

この曲を聴くと、小さい頃を思い出し切なくなるという声が多く聞かれました。

紅白歌合戦テーマソング「歌の力」

2009年には、第60回紅白歌合戦テーマソング「歌の力」のソロパートを担当。

名だたる歌手を押さえ、トップバッターで「歌の力 よみがえるあの時~♪」で美しい歌声を披露しています。

ジブリ音楽でお馴染みの久石譲さんが、書き下ろした曲ということでも注目されました。

『おかえりモネ』の曲名は?


「おかえりモネ」オリジナル・サウンドトラック

おかえりモネの劇中曲は、ピアノを用いた音楽で、映画音楽『おおかみこどもの雨と雪』『バケモノの子』『未来のミライ』を担当した高木正勝 さんが手掛けます。

そのなかで、サリーさんが歌を担当しているのは、「おかえり」「小さな想い」「優しさと孤独」という曲です。

気になる方は、サウンドトラックをチェックしてみて下さい。

『おかえりモネ』キャスト・相関図!追加キャスト・子役一覧は⇒こちら

『おかえりモネ』見逃し動画を無料視聴する方法は⇒こちら

最後に

『おかえりモネ』の挿入歌を歌うアン・サリーさんの歌声は、盛り上げるというよりは、登場人物にそっと寄り添う感じで、自然の営みを描く物語にピッタリですね。

ぜひ、主題歌だけでなく、劇中で流れる柔らかい歌声に耳をすませてみて下さい。

-Sponsored Link-

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。