『ひらり』相関図キャストと最終回までのあらすじ結末

朝ドラ

1992年から放送された朝ドラ『ひらり』は、相撲が大好きなヒロインが、相撲部屋の嘱託医を巡って姉と恋の三角関係を繰り広げながら成長していく物語です。今回は、2022年10月28日から再放送されることになった『ひらり』をもっと楽しむために、キャスト、相関図とあらすじを振り返ってみたいと思います。

-Sponsored Link-

『ひらり』キャスト一覧

藪沢家(ひらりの家族・親戚)

藪沢ひらり石田ひかり

ヒロイン。気が強く江戸っ子気質な性格の20歳。税理士になるために専門学校に通っていたが、「いちばん好きで、いちばん得意なことを仕事にする」と退学。洋品店の店員を経て、子どもの頃から好きだった大相撲の「梅若部屋」に入り、部屋の専属栄養士を目指す。そこで、相撲部屋の嘱託医である安藤竜太に恋をするが、姉と三角関係になってしまう。

藪沢みのり鍵本景子

ひらりの5歳年上の姉。丸の内にある「双陽物産」のOL。妹とは違い、消極的で引っ込み思案な性格。竜太に恋をし、ひらりと三角関係の末に竜太の心を奪う。しかし、交際をするうちに違和感を覚えはじめ…。

藪沢洋一伊武雅刀

ひらりとみのりの父。先祖代々続いてきた質屋を継がず都市銀行に就職し支店長となった。妻・ゆき子とは倦怠期でうまくいっていない。

藪沢ゆき子伊東ゆかり

ひらりの母。47歳。心にあいた隙間から、家族に内緒でマンションの1室を借りている。

藪沢小三郎島田正吾

ひらりの祖父で洋一の父。先祖代々続く質屋を経営する75歳。

深川銀次石倉三郎

ひらりの叔父で母・ゆき子の兄。ひそかに明子に想いを寄せている。ひらりからは「銀ちゃん」と呼ばれている。キャベツが大好物。

深川金太郎花沢徳衛

ひらりの母方の祖父。ゆき子と銀次の父。町鳶の鳶頭をしている。小三郎とは幼なじみだが、お互いに意地っ張りのため、反発し合っている。

両国診療所

安藤竜太渡辺いっけい

両国診療所医師で相撲部屋の嘱託医。30歳。みのり&ひらり姉妹から想いを寄せられる。自分を慕って懐くひらりを可愛く思うが子ども扱いしてしまう。結果的にみのりの情熱に感動して、みのりを選ぶが…。

小林雅人橋本じゅん

竜太のあとに、両国診療所を引き継いだ医師。大阪出身で阪神タイガースの大ファン。みのりに恋をして、猛烈アタックを仕掛ける。

梅若部屋

梅若虎男伊東四朗

相撲部屋「梅若部屋」の親方。53歳。

梅若明子池内淳子

虎男の妻で「梅若部屋」の女将。57歳。親方と夫婦喧嘩の際は、力士全員が彼女についていくほど慕われている。

寒風山小林健

ひらりの従兄弟。梅若部屋の18歳の力士。

梅響松田勝

梅若部屋の部屋頭。21歳。15歳で入門してから、約10年間梅若部屋を支えてきたが、腰を痛めケガをしたため十両力士として本場所の土俵に上がることなく引退。その後、就職して極秘で交際していたすみれと結婚する。

椰子の海マーシー

ハワイ出身の力士。本名は「エディ」。寒風山と同期。

その他

蛭田明夫三遊亭楽太郎

ひらりがアルバイトする。大型サイズ専門の洋品店の店長。梅響の引退の際には断髪式に参加した。

小川すみれ阿知波悟美

洋品店の店員。娘と二人でアパート暮らしをしている33歳。若くて、元気な女子が大嫌いで、ひらりを避けていた。一見、地味で暗いが、控えめで良識があり、一人娘には明るく接する。

『ひらり』相関図

※無断転載ご遠慮下さい。

-Sponsored Link-

『ひらり』あらすじ

相撲の街、両国で質屋を営む藪沢一家の次女として誕生した薮沢ひらり(石田ひかり)は、税理士を目指して専門学校に通っていましたが、子どもの頃から好きだった大相撲と関わる仕事をしたいため退学。

しかし、女人禁制の相撲界で「女」の働き口はなく、ひらりはなんとか力士御用達の大型サイズ専門の洋品店でアルバイトを始めた。

そんななか、ひらりは「便所サンダル」を履いた両国診療所医師で相撲部屋の嘱託医の安藤竜太(渡辺いっけい)と公衆電話の使用をめぐって争いになる。

それと同時期に、ひらりの姉・みのり(鍵本景子)は、ハイヒールが壊れて転倒した際に、竜太に助けられ好印象を抱く。

次第に、ひらりは竜太に惹かれていくようになり積極的に関わっていき、みのりと三角関係に。

竜太は、自分に懐くひらりを可愛いがりながらも、子ども扱いしてしまう。

一方、姉のみのりの情熱に感動した竜太は、結果的にみのりを選ぶが…。

-Sponsored Link-

『ひらり』最終回の結末

失恋したひらりは、「梅若部屋」の親方や女将さんを手伝ううちに、栄養学に興味を持つようになり、相撲とかかわる仕事として栄養士を目指すことに。

竜太と交際していたみのりだったが、次第に違和感を覚えるようになり、自分に思いを寄せる小林に心変わりして結婚。

一方、両国診療所医師で相撲部屋から異動することになった竜太は、梅若部屋の親方や力士たちに見送られることになった。

胴上げをされ、相撲部屋を去る竜太にひらりは「竜太先生!お嫁に行くからね~!」と笑顔で言った。

竜太は照れながらも、「あぁ!5年たってイイ女になったら、もらってやるからな!」と答えるのだった。

-Sponsored Link-

『ひらり』感想

1992年後期から放送された『ひらり』は、私が始めてみた朝ドラで、当時の若貴ブームもあって、本作は朝ドラの歴史のなかでも、かなり盛り上がった作品の印象があります。

ドリカムが歌う主題歌のイントロが流れるだけで当時の記憶が蘇り、カセットテープで何度も「晴れたらいいね」を聴いたことが思い出されます。

ストーリーは、姉妹が一人の男を取り合う展開になり、一見ドロドロしそうですが、ポジティブで明るいヒロインと相撲の世界がベースなのでカラッとした爽やかな印象です。

それまで型にはまったような作品が多かった朝ドラでしたが、民放のように少し砕けた感じになったも『ひらり』からだったような気がします。

また、キャストでいえば石田ひかりさんがとにかくカワイイ!

翌年に放送された『あすなろ白書』の出演で、人気を不動のものにしましたね。

一方、相手役は渡辺いっけいさん。

最近では怪優枠のイメージが強い渡辺いっけいさんですが、なぜか美人姉妹に惚れられる3枚目の町医者を好演しています。

脇役では実力派と言われる、伊武雅刀さん、橋本じゅんさん、伊東四朗さん、池内淳子さんなどが勢ぞろい。

脚本は、相撲観戦愛好家で、後に横綱審議委員会審議委員も務めた内館牧子さん。

相撲愛に溢れ、女性の自立や本音、恋もしっかり描かれ老若男女問わず楽しめますので、ぜひ再放送をお楽しみください!

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。